半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

【画質比較】おすすめフォトブックアプリ【2019年】

おすすめフォトブックアプリ

フォトブックがアプリから作れる「フォトブックアプリ」は今まで少数でしたが、2019年現在はほとんどのフォトブックサイトが対応してきました。

目次

フォトブックアプリの選び方

フォトブックアプリの選び方と、フォトブックマニアが同じ画像を使って実際に作成し、画質・品質を比較したおすすめのフォトブックをご紹介します。

スマホアプリで写真を何枚配置できる?

1冊のフォトブックに何枚の写真を入れたいですが?
1ページに1枚しか配置できないフォトブックアプリと、1ページに4枚配置できるフォトブックアプリでは、1冊に入れられる写真数が全く違います。

1冊に写真をたくさん入れたい場合は、アプリの写真配置枚数が多いものを選びましょう!

無料でフォトブックが作れるアプリって無いの?

2019年現在、完全無料でフォトブックが作れるアプリはありません。
少し多めの送料や、月額料金がかるフォトブックならあります。

\ 2019年フォトブックおすすめ 比較ランキング! /

フォトブックおすすめランキング|22社の画質の比較・違い 【50%クーポン有】フォトブック22社を同じ写真で比較!こんなに違いが!?【おすすめランキング2019】

しまうまプリント 〉 しまうまフォトブック

しまうまプリントで作成したフォトブックしまうまプリント A5サイズ

しまうまプリントアプリのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 安い(A6文庫36P/1冊198円〜 A5/1冊498円〜)
  • 納期が早い(午前中の注文は即日発送)
  • スマホアプリでも1ページに4枚まで配置可能

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • 「スタンダード」の表紙は薄手のジャケット(カバー)タイプなので、傷みやすい。
基本価格が安く、1ページに4枚写真を配置できるのでコストパフォーマンスに優れています。

しまうまプリントフォトブックの画質は?

しまうまプリントフォトブック「スタンダード」の印刷機は、富士ゼロックスの Color 1000 Press です。コストパフォーマンスと汎用性が高く、小ロットのチラシ・DMなどの用途で使われているオンデマンド印刷機としてはハイエンドモデルです。

粉体トナーの業務用カラーレーザープリンターの4色印刷ですから、フォトブックで写真の美しさを求める人は、その印刷に物足りなさを感じることでしょう。(→印刷の違いについてはこちら)1冊 198円からの激安フォトブックとしては、価格に見合った画質といえます。

しまうまプリントで高画質のフォトブックを作りたいときは、「プレミアム」の商品を選びましょう。

 

しまうまプリント「プレミアム」と「スタンダード」は画質が全く違います。プレミアムの方が圧倒的に美しいグラデーションで「写真らしい」仕上がりになります。なお、しまうまプリント「プレミアム」の用紙は半光沢紙(サテン)のみです。

アプリの対応環境

しまうまプリントのアプリがバージョンアップして、7色印刷にも対応・写真配置数も4枚になり、使いやすくなりました。

iPhone、iPad、iPod touch:iOS 8.0以降、WiFi
Android:バージョン4.0以降

以前はアプリの質に問題がありましたが、バージョンアップにより、動作の不具合が改善されてきたようで、サポート体制もしっかりした企業です。なお、フォトブックマニアが作成したの環境では、問題なくアップロード&印刷することができました。
背景色、背景デザインの変更・テキスト入力、フォントの選択が可能です。

アプリから作成できるフォトブックの仕様

サイズ 文庫 / A5スクエア / A5
ページ数 32(A5)または36(文庫・A5スクエア)/48/72/96/144ページ
装丁 ソフトカバー/無線綴じ くるみ製本/ジャケット付き
印刷 スタンダード:4色印刷(粉体トナー) 
プレミアム:7色印刷(DreamLabo)
価格 文庫・36P 198円 ~
しまうまプリントフォトブックは、低価格・迅速発送という点では業界トップクラスのフォトブックサイトです。

しまうまプリントフォトブックの詳しいレビューはこちら

PhotoJewelS 〉 フォトジュエル S

 

フォトジュエルSアプリのおすすめポイントと注意点

おすすめポイント・メリット・長所・良いところ

  • 全商品が超高画質なDreamLabo 5000 の7色インクジェット印刷
  • スマホアプリでも2ページ6枚(1冊50枚〜)まで写真を配置できる
  • 「光沢紙」か「半光沢紙」かを選択することができる

残念ポイント・デメリット・短所・悪いところ

  • 納期が遅め(注文日から8日後発送)
フォトジュエルSは全品DreamLabo 5000 の7色印刷のフォトブックです。スマホから高画質で本格的な製本のフォトブックを作成することができます。

他社のスマホで作るフォトブックにはなかなか無い特徴として、「光沢紙」か「半光沢紙」かを選択することができます。

フォトジュエル Sの画質は?

DreamLabo 5000 の7色印刷なので大変美しいグラデーションです。ツヤツヤの光沢紙とマットな半光沢紙の画質はほとんど変わりませんでした。多少光沢紙の方が暗部の深みがよく表現されているように見えます。光沢紙は指紋がつきやすいので、指紋が嫌な場合は半光沢紙を選びましょう。

アプリの対応環境

 

iPhone、iPad、iPod touch:OS 11.0 以上
Android:Android 4.4 以上

レイアウトのセンスもよく、サクサク簡単・短時間で編集できるフォトブックアプリです。背景色変更・テキスト入力、フォントの選択が可能です。

アプリから作成できるフォトブックの仕様

サイズ 15cmスクエア
21cmスクエア
ページ数 20ページ
装丁 ハードカバー・ソフトカバー/無線綴じ
印刷 DreamLabo 5000 の7色印刷
価格 15cmスクエア・半光沢紙 20P 1,628円 ~
フォトジュエル Sは、スマホから高画質で本格的なフォトブックを作りたい方に最適なフォトブックです。

詳しいレビューはこちら

PhotoJewelSの公式サイトはこちら

ノハナ 〉 nonaha

ノハナ  無料フォトブック

ノハナ  無料フォトブック

ノハナのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 毎月1冊無料(月額費用もなし!)
  • 基本仕様は「ソフトカバー」ですが「ハードカバー」(上製本タイプ)のフォトブックもオプションで作成可能
  • 高画質オプションあり

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • 表紙にデザインを使う場合料金がかかる(108円)
  • ページ数を変更できない
  • サイズの選択肢が少ない
  • 写真配置数は1ページ1枚まで
ノハナは毎月1冊無料でフォトブックが作れるサービスです。プリミィのように月額代金も不要なので気軽に試せます。

ただし、完全無料ではなく送料が226円かかります。送料に印刷代金が含まれていると考えた方が良いでしょう。

ページ数も写真数も増やせないので、「1年の写真をまとめて豪華なフォトブックにしたい」場合にはおすすめできませんが

毎月1冊だけ簡単なフォトブックを作りたい」場合には使えるフォトブックではないでしょうか。

ノハナの画質は?

ノハナの通常フォトブックの画質

ノハナのフォトブックは粉体トナー4色印刷印刷なので、やはり高価格帯のフォトブックと比較してしまうと画質は落ちます。

しかし、ノハナにはDreamLaboを使用したインクジェット7色印刷の高画質」オプションや、大判ハードカバーも追加料金で注文することができます。

ノハナの高画質フォトブックの画質

ノハナの「高画質フォトブック」はキヤノンの DreamLabo 5000のインクジェット7色印刷です。通常盤よりはるかに高画質で、「写真」に近い仕上がりです。マットで落ち着いた光沢の【高画質マット仕上げ(半光沢紙サテン)】と、光沢の強い【高画質写真仕上げ(光沢紙グロッシー)】を選ぶことが可能です。どちらも美しい画質ですが写真仕上げは指紋がつきやすいという難点があります。

アプリの対応環境

iPhone、iPad、iPod touch:iOS 10.0以降
Android:バージョン5.0以降
表紙は白が通常でデザイン(イラストや模様)をつけるには別途の料金(108円)がかかります。

アプリから作成できるフォトブックの仕様

サイズ 14cm x 14cm x 約2mm
ページ数 本文:24P(写真ページ 20P)
装丁 ソフトカバー/無線綴じ
印刷 4色印刷(粉体トナー)
価格

無料フォトブック通常版
毎月1冊目の注文:
 無料
2冊目以降の注文:540
※各月の1冊目の注文は無料権で540円引き。

高画質フォトブック
毎月1冊目の注文:1,188

プレミアムフォトブック
毎月1冊目の注文:3,240

高画質フォトブックの価格は毎月1冊目の注文で1,188(無料権で540円引き後の価格)で、本文が24P(写真ページ 20P)になります。

ノハナの公式サイトはこちら

〈 トロット 〉 TOLOT

トロットで実際に作成したフォトブック

トロットで実際に作成したフォトブック

トロットのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

悪い口コミ評判・残念ポイント

トロット500円(送料込)の激安価格で、最大64ページ(写真 62ページ)のフォトブックが作れます。

A6サイズの送料込みのページ単価では最安値級です。一回り大きいB6サイズも作成できます。

トロットの画質は?

トロットのフォトブックは500円という激安価格にも関わらず「液体トナー」印刷のため、「粉体トナー」印刷よりは画質が良いです。(→印刷方式の違いについてはこちら

アプリの対応環境

iPhone、iPad、iPod touch:iOS 9.3以降
Android:バージョン4.4 以降

アプリから作成できるフォトブックの仕様

サイズ B6サイズ 縦182mm x 横128mm x 背幅約3mm
A6サイズ 幅105mm ×高さ148mm ×厚さ約6mm
ページ数

B6:本文24P(写真ページ 20P)または64ページ(写真 62ページ)
A6:64ページ(写真 62ページ)

装丁 ソフトカバー・並製本 / 無線綴じ
印刷 4色印刷(液体トナー)
価格

B6サイズ・64ページ:1,000円(税込 / 送料込)
B6サイズ・24ページ:500円(税込 / 送料込)
A6サイズ・64ページ:500円(税込 / 送料込)

トロットの公式アプリはこちら

プリミィ 〉 Primii

プリミィのアプリはフォトブックの製作業務がマイブックのアスカネットに新規委託され、フォトブックの品質も改善されました。
それによって、それまで利用できなかったA5サイズのフォトブックも無料で注文できるようになり、サービス全般が向上しました。

プリミィアプリのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 「A5フォトブックを毎月1冊作る」という使い方なら、他の激安フォトブックに勝る最安値級
  • 5GB(写真約8,000点分)のデータ保管サービス
  • A5もA6も同料金。(月額料金300円で1冊無料
  • 発色が明るく顔色が健康的
  • 自動配置機能あり

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • 月額利用料300円が必要(ただしA5フォトブック代金と思えば安い)
  • フォトブックが無料になるのは加入月の翌月から
  • 1ページの写真配置数は1枚まで→スマホから6枚まで配置できるフォトブックはこちら
  • ページ数は増やせない
  • サイズの選択肢が少ない
  • フォトブック編集時、写真の並び替え機能が使いづらい

プリミィは有料アプリで、月額300円(税別)です。

入会と同時に5GBのデータ保管サービスが使え、翌月からはフォトブックを毎月1冊無料(月額料金に込)で作ることができます。

5GBというと、Dropboxのフリープラン(2GB)の2.5倍です。約8,000枚分の写真データを保存することができます。
毎月の思い出写真をバックアップしそのままフォトブックに出来ますから、子供の写真や旅行の写真がスマホの中に溜まっている人にはおすすめのサービスです。

A5サイズのフォトブックを300円で作れるサービスはほかに無いと思うので、「A5フォトブックを毎月1冊作る」という使い方ならプリミィが最安です。

要注意:primiiは、公式サイトで会員登録してからアプリをダウンロードしましょう。

 

公式サイトで登録したID・パスワードを、アプリに入力すれば月額300円(税別)ですが、iPhoneのappStoreで、アプリをダウンロードし、「appから登録」してしまうと、月額400円になります。

primii公式サイトはこちら

プリミィのフォトブックの画質は?

プリミィのフォトブックは、技術力のあるアスカネットが担当することで画質が以前よりも向上しました。

プリミィで作成したフォトブック A5サイズ

プリミィ A5サイズ

ただし、マイブックの印刷方式(液体トナー)とは違い、プリミィは粉体トナーを使用する業務用レーザープリンター印刷なので、マイブックと比較した場合はマイブックの方が画質が綺麗です。

しまうまプリントアプリとプリミィアプリの画質を比較

プリミィと同じく激安フォトブックで「粉体トナーのレーザープリンター」で印刷されているしまうまプリントと比べると、

プリミィの方が発色が明るく、人物の顔色が健康的に、髪の毛は柔らかい印象に印刷されました。

※激安フォトブックなので、1,000円以上のフォトブックと比べれば画質は劣ります。高画質を求める場合はこちら(→スマホ限定:高画質のおすすめフォトブック

プリミィは、埋もれてしまいがちな大量のスマホ写真を、プリミィの大容量のオンラインストレージに保存して手軽にフォトブックにすることができるところが魅力のフォトブックサービスです。

フォトブックアプリの対応環境

プリミィ アプリ画面

iPhone、iPad、iPod touch: iOS 8.1以降
Android: バージョン4.0.3以降

アプリから作成できるフォトブックの仕様

プリミィで作成したフォトブック A6とA5を比較

プリミィで作成したフォトブック

サイズ A5・縦210 x 横148mm / A6・縦148 x 横105mm
ページ数 24ページ
装丁 ソフトカバー/無線綴じ
印刷 4色印刷
価格 1冊目無料、2冊目@400円(税別)
月額 月額300円(税別) 加入の翌月から毎月1冊無料(月額料金に含)

リニューアルによってこれまで販売が中止されていたA5サイズが注文できるようになり、フォトブックのラインナップはA5A6の2種類になりました。また、以前のフォトブックは表紙デザインがジャケット(巻きカバー)に印刷されていましたが、ジャケットが廃止されて表紙に直接印刷されているため、耐久性も向上しています。2018年8月20日より、表紙に写真を印刷できるようになりました。

プリミィの詳しいレビューはこちら

Primii公式サイトはこちら

マイブック ライフ 〉 Mybook LIFE

マイブック ライフのフォトブック

マイブック ライフのフォトブック

マイブック ライフのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • アプリダウンロード不要で注文可能
  • スマホからハードカバー上製本タイプ)のフォトブックが作成可能
  • 液体トナーなので高画質
  • 発色・再現性が高くきれいな印刷
  • 「ART-HC 180S」はデザインテンプレートがあり簡単におしゃれなフォトブックが作成可能
  • 日めくりカレンダーやシールブックなど、フォトブック以外の商品も作成可能

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • 価格が高い
  • サイズの選択肢が少ない

マイブック ライフはスマホに専用アプリをインストールする必要はありません。

スマホでもパソコンでも、アプリのインストール不要で注文できます。

マイブックライフの公式サイトはこちら

マイブックライフの画質は?

マイブックライフのフォトブックには2種類の用紙があり、その画質はまったく違います。

マイブックライフ「ART-HC 180S」の画質

マイブックライフの  ART-HC 180S は、先に紹介した激安フォトブックの粉体トナー印刷とは違い写真印刷に適したコート紙に「液体トナー」で印刷している高画質なフォトブックです。

マイブック・マイブック ライフで作成した「ART-180S」

マイブック・マイブック ライフで作成した「ART-180S」

マイブックライフの ART-HC 180S・MINI とマイブックのART-HC 180S・MINI は、編集・注文方法が違うだけで、印刷・製本についてはマイブックと同等品の高品質フォトブックです。

マイブックライフ「book」の画質

マイブックライフ

マイブックライフで作成した「book」

マイブックライフの「book」は茶封筒と同じクラフト紙に写真を印刷しているので画質は問題外です。本文ページも黄味のある非コート紙で発色は良くありません。写真の画質をあえて落とし、素朴でレトロな風合いの印刷を楽しむフォトブックです。

スマホで作成できるフォトブックは?

スマホから作成できるフォトブックは、「book(book)」「ART-HC 180S」「MINI」の3種類です。
(フォトブック以外ではシールスタンドやカレンダーなどもあります。)

book(book)の仕様

フォトブックマニアが注文した book クラフト紙の表紙(帯付き)

サイズ 160mm × 160mm
ページ数 16ページ / 32ページ
写真枚数
16ページ:17枚
32ページ:33枚
装丁 ハードカバー
帯付き
印刷

4色印刷(液体トナー)

表紙:クラフト紙
本文:木のぬくもりのある紙

価格 16ページ:¥1,800(税抜)
32ページ:¥2,500(税抜)

ART-HC 180Sの仕様

マイブック・マイブック ライフで作成した「ART-180S」

サイズ 160mm × 160mm
ページ数 16ページ / 32ページ
写真枚数
16ページ:17枚
32ページ:33枚
装丁 ハードカバー(無線綴じ)
半透明のケース付き
印刷 4色印刷(液体トナー)
価格 16ページ:¥1,800(税抜)
32ページ:¥2,500(税抜)

MINIの仕様

マイブック・マイブック ライフで作成した「MINI」

サイズ 76mm(縦) × 76mm(横)
ページ数 20ページ
写真枚数
23枚〜33枚
装丁 ハードカバー(無線綴じ)
MINI専用のオリジナルケース付き
印刷 4色印刷(液体トナー)
価格 1冊:¥900(税抜)(複数注文で割引あり)

詳しいレビューはこちら

マイブックライフの公式サイトはこちら

ドリームページ

ドリームページ  ましかくフォトブックS

ドリームページ  ましかくフォトブックS

ドリームページ  クーポン

LINE@友だち友達登録で
クーポン配付中!

ドリームページ(スマホ注文)のおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • スマホアプリのインストール不要(Webブラウザで簡単編集)
  • 390円〜と激安なのに液体トナーで画質が良い
  • おしゃれで可愛いテンプレートが豊富
  • 液体トナーなので高画質。6色印刷商品もあり
  • 自動配置可能

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • サイズの選択肢が少ない

ドリームページはスマホに専用アプリをインストールする必要はありません。
スマホでもパソコンでも、アプリのインストール不要で注文できます。

ドリームページ スマホから注文できるフォトブックの画質は?

ドリームページは全て液体トナー印刷なので、粉体トナー印刷より高画質です。
6色印刷の商品と4色印刷の商品があり、どちらも液体トナーなので画質が良いですが、より「網点(ドットパターン)」の見えない滑らかな画質を求める方は6色印刷の商品を選んでください。→フォトブックの印刷の違い
スマホから注文できる6色印刷はフォトブック148スクエアです。

ドリームページ 6色印刷の画質

上の画像は6色印刷商品のスキャニング画像です。網点(ドットパターン)が目立たず美しいグラデーションです。(発色は少し暗めですね。)

ドリームページ 4色印刷の画質

上の画像は4色印刷商品のスキャニング画像です。網点(ドットパターン)は見えますが、発色は6色印刷商品より明るく、肌の色が健康的に印刷されました。4色印刷でも十分綺麗です。

用紙が少し黄色っぽいため、ナチュラルな雰囲気・色合いになっています。

スマホから作成できるフォトブックの仕様

フォトブック148スクエア

サイズ 148mm×148mm
ページ数 12ページ
装丁 ソフトカバー 無線綴じ
印刷 6色印刷(液体トナー)
表紙:マットニス加工/中面:ナチュラル
価格 716円〜

ましかくフォトブックSサイズ

ドリームページ  ましかくフォトブックS

ドリームページ  ましかくフォトブックS

サイズ 148mm×148mm
ページ数 12ページ・24ページ・36ページ・48ページ
装丁 ソフトカバー 無線綴じ
印刷 4色印刷(液体トナー)
表紙:マットニス加工/本文:ナチュラル
価格 390円〜

ましかくフォトブックLサイズ

サイズ 210mm×210mm
ページ数 12ページ, 24ページ
装丁 ソフトカバー 無線綴じ
印刷 4色印刷(液体トナー)
表紙:マットニス加工/本文:ナチュラル
価格 720円〜

詳しいレビューはこちら

ドリームページの公式サイトはこちら

アイプリ

アイプリは、7色印刷のフォトブックがお安く購入できるフォトレボと同会社で、フォトレボの「ソフトカバーA5パノラマ」と同等品がスマホから作成可能です。

スマホからフォトブックを作るとき「高画質・高品質であること」を一番に求める場合におすすめのフォトブックがアイプリです。

アイプリのスマホ注文のおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • スマホアプリのインストール不要(Webブラウザで簡単編集)
  • 超高画質な7色印刷インクジェット(ドリームラボ)のフォトブックを注文可能。とにかく高画質を求める方にはアイプリがおすすめ。
  • 無線綴じだがページが開きやすいPUR製本→PUR製本とは
  • 自動配置機能あり
  • クリアケースつき

悪い口コミ評判・残念ポイント

アイプリフォトブックの画質は?

アイプリは7色印刷液体インクの業務用インクジェットプリンター「DreamLabo 5000」にてキャノン純正の半光沢紙「サテン」に印刷されています。

アイプリで作成したフォトブック 見開きページ

アイプリで作成したフォトブック 見開きページ

粉体トナー印刷の激安フォトブックとは明らかに異なる高画質フォトブックです。

スマホから作成できるフォトブックの仕様

アイプリで作成したフォトブック

サイズ 縦14cm x 横20cm
ページ数 12P、24P、36P、48P、60Pから選択 (本文写真ページのページ数)
表紙:1点 / 本文:写真ページに各1点
装丁 ソフトカバー / 無線綴じ(PUR製本)→PUR製本とは
半透明クリアケースつき
印刷 表紙:4色印刷 + クリアPP加工
本文:DreamLabo 5000による7色印刷
用紙:表紙 コート紙 / 本文 キヤノン純正半光沢紙 サテン
価格 12P @980円 ~ 60P @3,860円 (税込))

無線綴じフォトブックですがPUR製本なので、他の無線綴じフォトブックよりも開きやすく丈夫です。

詳しいレビューはこちら

アイプリの公式サイトはこちら

フォトバック 〉 Photoback

フォトバック 「FOLIO」 ケースジャケットの表1

フォトブックマニアでは、フォトブックが180度フラットに開ける「合紙綴じ」を一番おすすめの綴じ方として紹介しています。(→フォトブックの綴じ方の比較

フォトバックは、スマホから6色印刷液体トナーの合紙綴じのフォトブックを作ることができます。

フォトバックアプリのおすすめポイントと注意点

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • スマホアプリダウンロード不要で注文できる商品あり
  • スマホから注文可能な「合紙綴じ」フォトブックあり
  • スマホから注文可能な6色印刷の高画質商品あり
  • おしゃれで洗練された品質・テンプレート
  • 自動配置機能あり

悪い口コミ評判・残念ポイント

フォトバックは、スマホから6色印刷液体トナーの高画質フォトブックを作れます。

ただし、商品名「ALBUM」だけは4色印刷粉体トナーです。

スマホやタブレットからアプリダウンロードなしでWebページから編集・注文できるフォトブックサイトですが、専用アプリもリリースしています。

Photobackの公式サイトはこちら

フォトバックのフォトブックの画質は?

今回印刷したフォトバックの「FOLIO」は、マット紙特有のサラサラした感触なので、マットコート紙や光沢紙のフォトブックと比べると鮮明な画質ではありませんが、少し黄身がかった用紙なので「味がある」「温かみがある」印刷に仕上がっています。

フォトバック「FORIO」

フォトバック「FORIO」

フォトバック「FOLIO」は見開きをフラットに開くことができるので、ダイナミックなレイアウトが可能です。

アプリの対応環境

フォトバック 表紙/本文ページの編集画面

iPhone、iPad、iPod touch: iOS 8.1以降

アプリから作成できるフォトブックの仕様

専用アプリで作成できるフォトブックは、CDサイズの ALBUM(アルバム)と L判サイズの POCKET(ポケット)たて/よこの3種類です。

フォトバックのフォトブックは、上質感にこだわったおしゃれな装丁・デザインが特徴です。

表紙・本文ページの編集はすべてテンプレートを使用しますが、写真を選択するだけでプロ並みの美しいデザインが完成するように、精密にレイアウトされたテンプレートが用意されています。

フォトバック ラフ 見開き

フォトバック ラフ 見開き

 

また、用紙はすべてマット系でさらさらとした風合いです。コンパクトサイズでも写真次第で落ち着いた高級感を感じさせるブックが作れます。

ALBUM(アルバム)の仕様

サイズ 縦120mm x 横120mm
ページ数 16 / 24 / 36ページ
装丁 ソフトカバー/無線綴じ/ジャケット付き(くるみ製本)
印刷 4色印刷 (粉体トナー)
価格 @1,800円(税別)

POCKET(ポケット)たて/よこの仕様

フォトバック ポケット 見開き

フォトバック ポケット 見開き

サイズ 縦128mm x 横90mm / 縦90mm x 横128mm
ページ数 16/24/36ページ
装丁 ソフトカバー/合紙綴じ/ジャケット付き(くるみ製本)
印刷 6色印刷 (液体トナー)
価格 16P @1,000円 / 24P @1,400円 / 36P @1,800円(税別)

フォトバックは、アプリダウンロードが必要な商品と、アプリダウンロード不要でスマホやタブレットのWebサイト上からオンライン編集・注文できる商品があります。

アプリダウンロード不要のウェブ編集(スマホ)では、

  • B5サイズ無線綴じの「グラフ」
  • 厚紙・合紙綴じでしっかりしたカバー付きの「フォリオ」
  • 合紙綴じでポケットより大きい「ラフ」

の商品が注文可能です。
当サイトで作成したフォトブックは「FOLIO」(フォリオ)です。

FOLIO(フォリオ)の仕様

七五三のフォトブック:フォトバック「FORIO」

七五三のフォトブック:フォトバック「FORIO」

サイズ 縦186mm × 横186mm
ページ数 16/24/36ページ
装丁 合紙綴じ/ジャケット(くるみ製本)・ケース付き
印刷 6色印刷 (液体トナー)
価格 16P @1,000円 / 24P @1,400円 / 36P @1,800円(税別)

詳しいレビューはこちら

Photobackの公式サイトはこちら

番外編:スマホから6枚まで配置できるフォトブック

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ

ビスタプリント 割引クーポン

フォトブック50%OFF!クーポン
クーポンコードはこちらをクリック
有効期限:2019年12月29日

カレンダー30%OFF!クーポン
クーポンコードはこちらをクリック
有効期限:2019年12月29日

全品300円OFF!クーポン
クーポンコードはこちらをクリック
有効期限:2019年12月31日
 
クーポンの入力方法
※スマホからは「オンライン編集」でクーポンが使えますが、アプリからは使えません。

ビスタプリントのリング式フォトブックには、140 x 102mm192 x 140mmコラージュ 192 x 140mmという3種類のバリエーションがあります。印刷・製本・用紙など、サイズ以外の製品仕様はすべて同じで、選択できる背景デザインも同じですが、1ページに配置できる写真枚数が違います。

140 x 102mm192 x 140mmは1ページに写真1枚ですが、コラージュ 192 x 140mmは1ページに写真6枚までレイアウトできます。しかも、印刷する写真枚数が違っていても192 x 140mmと価格が同じですから、とてもお得なフォトブックです。

ビスタプリント リング式フォトブック コラージュ 192 x 140mm
サイズ縦140mm x 横192mm
ページ全20P ~ 40P / 2P単位で追加
価格20P @1,380円 / 追加2P 80円 (各税別)
写真配置数1ページ6枚まで

スマホから注文可能ですが、スマホからの編集画面は見辛いです。

インスタグラムやフェイスブックから写真も読み込める

インスタグラムやフェイスブックの写真を簡単に読み込むことができます。
ビスタプリント公式サイトはこちら

その他フォトブックマニアが実際に作成したフォトブックアプリのレビュー

DPE宅配便

DPE宅配便で実際に作成したフォトブック

DPE宅配便で実際に作成したフォトブック

カメラのキタムラ

カメラのキタムラで実際に作成したフォトブック

カメラのキタムラで実際に作成したフォトブック

パソコンがあるならパソコンから作った方が良いです

スマホアプリで作成するフォトブックは、パソコンで作成するより自由度が低く、サイズ・ページ数・商品も限られます。

また、ページ数・写真数が多いフォトブックをアプリで作ろうとすると、アプリの強制終了リスクが高いです。

自由編集でページ数・写真数の多い高品質なフォトブック作りたい場合は、パソコンからのフォトブック作成をおすすめいたします。