半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

成人式におすすめのフォトブックは?【マニアが選ぶフォトブック】

ビスタプリントで作成した 成人式のフォトブックイメージ

成人式のフォトブックは自作できます。

成人式を記念して作るフォトブックは、一生の記念になる大切なものです。また、親戚や特別な縁故のある方々に贈る場合も多いと思います。長く大切に保管するにふさわしいフォトブックを作りましょう。

\ 2019年フォトブックおすすめ 比較ランキング! /

フォトブックおすすめランキング|22社の画質の比較・違い フォトブック22社を同じ写真で比較!こんなに違いが!?【おすすめランキング2019年】

写真館で作成のアルバムと、自分でフォトブックを作成した場合の価格を比較

写真館で購入した場合 【写真館A社のアルバム】
サイズ:A4
ページ数:8ページ
掲載写真数:12カット
価格:35,900円(税抜)〜
【写真館M社のアルバム】
サイズ:A4
ページ数:10ページ
掲載写真数:16カット
価格:37,900円(税抜)〜
フォトブックを自作した場合 【自作フォトブックのアルバム】
例:ビスタプリント(ハードカバーでフルフラット合紙綴じの、紙厚アルバム風フォトブック)
サイズ:A4
ページ数:24ページ
掲載写真数:無制限
価格:¥4,480円(税抜)〜
写真館のおよそ8分の1の価格です。

ビスタプリント公式サイトはこちら

成人式のフォトブックを自作すれば、
なんと、写真館のアルバムのおよそ
「8分の1」の価格で、
「2〜3倍のページ数」のフォトブックが作れてしまいます。

両親や祖父母用に1冊、自分用に1冊、複数印刷出来ますね。

写真館で撮影した写真は、画像データも購入しましょう。

成人式の写真は、写真館で撮影してもらうのが一般的です。従って、成人式のフォトブックを自作するには、プリント写真だけでなく画像データも受け取ることをお忘れなく。
写真館で購入したデータで、フォトブックを自作すれば、写真館のアルバムよりも大変安く作成することができます。

ビスタプリント 成人式のフォトブック 今回はスクエアサイズで作成しました。縦長の人物写真は「縦型」のフォトブックの方が収まりが良いかもしれません。(スクエアサイズのページ全面に写真をおさめると下半身が見切れます)

編集も自由なフォトブックを選べば、文字やコメント、フリー素材などを使い、オリジナルの成人式アルバムが完成します。
ビスタプリント」は、文字入力も自由なので、上の画像のように、好きな文字を入れることもできます。
また、画像補正もできるので、明度を上げて肌を白く見せる・くまや法令線・シワを飛ばす(明るくして見えにくくする)ことも可能です。

ビスタプリントの公式サイトはこちら

成人式のフォトブックを選ぶポイント

成人式のフォトブックに相応しいフォトブックとは?
  1. 合紙綴じのフォトブック(紙の厚いアルバム風フォトブック)
  2. ハードカバーのフォトブック
  3. 高画質のフォトブック

(1)成人式のフォトブックには「合紙綴じ」のアルバム風フォトブックを選びましょう

無線綴じと合紙綴じの違い

合紙綴じのフォトブックは、見開き2ページにわたって写真を切れ目なくレイアウトでき、ページが分厚くなり、板のように硬くなります。折れにくく、長期保存が可能で、成人式のアルバムにはおすすめです。

こちらの記事も参考に:フルフラット(合紙綴じ)のフォトブック6社を比較しました。

(2)丈夫・長持ちな「ハードカバー」のフォトブックを選びましょう

ハードカバーとソフトカバー

ハードカバーとソフトカバーの違い

表紙の芯に硬い厚紙が使われており、それを印刷紙で包み込むように作られている、「ハードカバー」で「上製本」のフォトブックを選びましょう。
こちらの記事も参考に:フォトブックのソフトカバーとハードカバーの比較 どちらを選ぶ?

(3)高画質のフォトブックを選びましょう

高画質のフォトブックと標準的なフォトブックの比較

高画質のフォトブック

写真ページの材質は、大切な記念写真が入りますから、高精細で経年変色も少ない高画質なフォトブックがおすすめです。同じ画像で比較したおすすめランキングの上位は高画質のフォトブックなのでご参考に。
同じ画像で比較したおすすめランキングはこちら
【同じ写真で比較】フォトブックおすすめランキング2018年

成人式のフォトブックに相応しいサイズ

成人式の記念フォトブックで使用する写真は、全体としては成人式や新成人の近況を撮影したスナップ写真が多くなると思われますが、メインの写真は、あくまでもひとりまたは家族で撮影したポートレートです。ポートレートは通常縦長の写真となりますので、縦長写真を大きくレイアウトできるフォトブックの形・サイズとして、A4またはB5の縦長が配置しやすく、もっともふさわしいと思われます。写真館での成人式のアルバムも、A4縦型が多くみられます。

ビスタプリントA4サイズ

以下のフォトブックは、上製本の高品質なおすすめフォトブックです。

サイト名 / 品名おすすめ度  綴じ方A4/24p
税込価格
ビスタプリント
縦長タイプ Lサイズ

★★★★★
[レビュー記事]
[公式サイト]
2017年おすすめ第1位!
合紙綴じ
(フラット製本 )
ビスタプリント フルフラットフォトブック
3,434円

★最安値
フジフォトアルバム A4タイプ


★★★★
[レビュー記事]
[公式サイト]
合紙綴じ
(フラット製本)
フジフォトアルバム スクエアタイプ
4,480円
フォトレボ A4H


★★★★
[レビュー記事]
[公式サイト]
無線綴じ
【ハードカバー】フォトレボ ハードカバー
4,520円
マイブック ART-HC 290T


★★★★
[レビュー記事]
[公式サイト]
無線綴じ
マイブック[ART-HC]
5,200円
(※20P価格)

 

成人式の記念フォトブックの大きな特徴は、女性なら晴れ着やドレス、男性ならスーツか紋付袴姿に盛装して撮影する記念写真がメインになることです。
制服のある学校に在学中の場合や、すでにユニフォームを着る職業に就いている場合は、ユニフォーム姿の記念写真にしても良いでしょう。
また、新成人ひとりのポートレート(肖像写真)もあれば、家族と一緒の集合写真もあり得ます。
家族の集合写真は自宅の前で「自分のカメラで」撮影して、フォトブックに入れても良いですね。
自作のフォトブックなら、写真館で作ってもらうアルバムとは違い、自由に編集できるのが良いところです。