当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

安い!ハードカバーのおすすめフォトブック4選!

このページでは、「ハードカバー」タイプのフォトブックに限定した選び方と、品質の良いおすすめのハードカバーフォトブックをご紹介します。

ハードカバーのフォトブックとは?

ハードカバーのフォトブックとは、硬い厚紙を印刷紙等の薄紙で包み込むように作られた丈夫な表紙のフォトブックです。


表紙・裏表紙・背表紙が厚紙で覆われることにより、本文ページが痛みにくいです。

この装丁は上製本とも呼ばれ、表紙のサイズが本文ページよりも大きく、本文ページをしっかり保護しています。
長期保存・大切な思い出のフォトブックに最適です。

また、ハードカバーは高級感があり、プレゼントとしても喜ばれるアイテムです。

→ハードカバーのフォトブック比較表はこちら

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2024年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2024年2月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【30%OFFクーポン有】

ハードカバーのフォトブックの選び方

ハードカバーのフォトブックを選ぶ際には、以下のポイントをおさえておきましょう。

  1. ハードカバーは「綴じ方(製本)」が重要
  2. 画質」は印刷方式で変わる
  3. 価格は「本体価格+送料」の合計額で考える
  4. 編集ソフト」の自由度は?

ハードカバーは「綴じ方(製本)」が重要

ハードカバーを選ぶ際には「綴じ方(製本)」が重要です。
同じハードカバーのフォトブックでも「綴じ方」の違いにより、仕上がりの印象はガラッと変わります。

ハードカバーのフォトブックには、主に以下4つの「綴じ方(製本)」があります

  1. 「合紙綴じ」
  2. 「無線綴じ」
  3. 「PUR製本の無線綴じ」
  4. 「糸綴じ」
合紙綴じの見開き 無線綴じの見開き

合紙綴じのフォトブック

無線綴じのフォトブック

4つの綴じ方の中で、ページを開いた際に、最もインパクトと感動を与えるのが「合紙綴じ」タイプのハードカバーフォトブックです。

合紙綴じ(合紙製本)とは、見開き2ページを1枚の用紙に印刷して谷折り(印刷面を内側にした二つ折り)にして、ページ順に貼り合わせる製本方法で、ページを180度フルフラットに開くことができます。

フォトブックの綴じ方で一番普及しているのは「無線綴じ」ですが、無線綴じは開いた時に中央の綴じ込み部分が見えにくく、レイアウトに注意する必要があります。また、合紙綴じと比較して紙が薄いので、ページが折れやすいです。

「合紙綴じ」が、フォトブックマニアが一番おすすめのフォトブックの綴じ方です。

画質は印刷方式で変わる

フォトブックの画質は主に印刷方式で変わります。
ブックの主な印刷方式以下5種類です。

  1. 粉体トナー4色印刷
  2. 液体トナー4色印刷(デジタルオフセット)
  3. 液体トナー6色印刷(デジタルオフセット)
  4. インクジェット7色印刷(DreamLabo5000)
  5. 銀塩プリント(印画紙出力)

この中で、「超高画質」なのはインクジェット7色印刷(DreamLabo5000)銀塩プリント(印画紙出力)のフォトブックです。
画質を何よりも重視する場合は、この二つの印刷方式から選びましょう。

一方、比較的画質が悪いと感じるのは「粉体トナー」タイプのフォトブックですが、現在のところフォトブックマニアが印刷した数十社のフォトブックの中に「ハードカバー」で「粉体トナー」タイプのフォトブックはありません。

よって、「ハードカバー」を選んだ時点で一定の画質レベルはクリアし、とんでもなく低画質なフォトブックは無いと考えて良いです。

しかし、同じ印刷方式でも「発色」はフォトブック会社ごとに違う「傾向」がありますから同じ写真で印刷した写真を参考に、好みの仕上がりのフォトブックを選んでください。

本体価格+送料の総額は?

価格を比較するときは、本体価格+送料の総額を支払い総額を比較しましょう。

フォトブックの本体価格が安くても、送料をプラスすると思ったより高額になってしまいます。
ソフトカバーの場合は、ほぼすべてメール便に対応していますが、ハードカバーは宅配便の場合が多く、送料が高めです。

送料を入れると総額が高い場合でも、クーポンで送料が無料になるフォトブックもあります。

編集ソフトの自由度は?

編集が自由で、たくさんの写真を入れることができるフォトブックがおすすめです。

ハードカバーのフォトブックはそれなりに費用がかかりますから、デザインやレイアウトも気に入ったものを作りたいですが、フォトブック業者により、編集ソフト・アプリの自由度は大きく変わります。

写真のレイアウトを自由に選ぶことができなかったり、文字・コメントも自由な位置にレイアウトできるフォトブックもあれば、固定された位置にしかレイアウトできないフォトブックもあります。

編集が自由なフォトブックを選ぶと、仕上がったときの満足度が高いです。

ハードカバーのフォトブックおすすめ4選比較表!

商品名 富士フイルム
ハードカバー 
マイブック
FLAT
フォトレボ
ハードカバー
マイブック
DX
見開き

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷) 【ハードカバー】フォトレボ

参考画質
800dpiで
スキャニング

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)(800dpiでスキャニング))

フォトレボ(7色印刷)(800dpiでスキャニング)

特徴 銀塩プリント超高画質
オンライン編集可能
7色印刷超高画質
10Pから作成可
7色印刷超高画質
PUR製本
納期が早い
テンプレート充実
表面加工選択有
10Pから作成可
綴じ方 合紙綴じ 合紙綴じ 無線綴じ
(PUR製本)
糸綴じ

価格比較
(税込)

A4スクエア
20P 4,620

A4スクエア
20P 6,980

A4スクエア
20P 3,540
B5相当
20P 5,480

送料

クーポンで無料

550円

275〜540円

550円

クーポン

20%OFF! 40%OFF! 40%OFF!
スマホから
作れる?

×
公式 公式 公式 公式 公式

ハードカバーのフォトブックでクオリティの高い6つのフォトブックを比較しました。

すべて市販の書籍に劣らない上質なハードカバーフォトブックです。


ハードカバーの価格は、ソフトカバーと比較して高めになり、通常価格は24ページの場合4千〜7千円程度です。

安く買うためには、ハードカバーのキャンペーンが多い七五三の時期や、卒園・卒業アルバムの時期を狙うと、キャンペーン対象なら半額近い価格で購入できる場合もあります。

また、クーポンを使うことで、安く購入することが可能です。

〈 富士フイルム 〉フォトブック ハードカバー 

富士フイルムのハードカバーは、富士フイルム直営のフォトブックサイトで購入できる、合紙綴じで「銀塩プリント」の超高画質フォトブックです。

スマホからもオンライン編集で簡単に作成することができ、写真加工メニューが大変豊富で、かわいい&おしゃれな装飾スタンプも自由な位置にレイアウトができます。

銀塩プリントの特徴であるグラデーションに優れた美しい画質で、エッジが柔らかい仕上がりです。
自然な色合いとの変化に優れ、髪や肌の美しさと質感が十分に感じられます。

富士フイルムのハードカバーは、落ち着いた上質感のある半光沢印画紙が使用され、表紙には保護膜として透明フィルムによるコーティング処理(マットPP加工)が施されています。長期保存のアルバムにおすすめです。

富士フイルムのフォトブックは富士フイルム以外でも購入できますが、富士フイルム直営サイトで購入するのが一番安価です。クーポンを使えばさらにお安く購入できます。

富士フイルム ハードカバーの仕様

サイズ
SQ145 145x145mm
A5 205x145mm
SQ 185185x185mm
A4 287x203mm
ページ数 本文・16P、20P、24P、32P、40P、48P
印刷製本
綴じ方
銀塩プリント
ハードカバー
合紙綴じ
ケース付き
値段 A4スクエア 20P 4,620
富士フイルムの公式サイトはこちら

〈 マイブック 〉FLAT

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

マイブックの「FLAT」は、マイブックで唯一、超高画質のDreamLabo5000・7色印刷合紙綴じハードカバーフォトブックです。

マイブックらしい色再現性の高い発色と、なめらかな階調表現が際立つフォトブックが仕上がります。

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

DreamLabo 5000 の写真印刷は、ハイエンドな銀塩プリントに劣らない、またはそれに勝る高画質と高耐久性を実現しています。

スマホからも、オンラインで注文できるようになりました。
スマホからDreamLabo 5000 のハードカバー・合紙綴じの高品質フォトブックが作れる業者は貴重です。

マイブック フラットフォトブック(合紙綴じ)

マイブックの「FLAT」の製本は、背の上下両端に、高級な上製本にある花布(はなぎれ)という飾りが付いていて、表紙と本文の接合部分が見えない構造になっています。この「花布」がついている合紙綴じのフォトブックは他社にはなく、丁寧で上質な製本です。

パソコンの場合は、最小10ページから対応なので、写真が少なくても作成できます。
スマホから使えるテンプレートはまだ少ないですが、パソコンのテンプレートのクオリティが高く、写真を差し替えるだけで簡単におしゃれなフォトブックを作ることができます。

マイブックFLATの仕様

サイズ
(外寸)
(260S)266mm x 266mm
(263T)263mm x 186mm
(210S)216mm x 216mm
ページ数 本文・10P / 20P / 30P / 40P
印刷製本
綴じ方
DreamLabo5000 7色印刷
ハードカバー
合紙綴じ
ケース付き
値段 A4スクエア 20P 6,980
マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

マイブックの公式サイトはこちら

 

〈 フォトレボ〉ハードカバー

【ハードカバー】フォトレボ

【ハードカバー】フォトレボ

フォトレボの本文は、超高画質のDreamLabo5000・7色印刷のフォトブックです。A4未満の場合、「表紙」のみ4色印刷になりますが、4色印刷も液体トナーなので美しい仕上がりです。

他社と比較すると若干白っぽい発色の印象ですが、透明感のある仕上がりです。

PUR製本のフォトブックを比較

フォトレボは「無線綴じ」ですが、PUR製本の無線綴じのため、通常の無線綴じよりは開きやすい製本です。

編集ソフトは比較的自由な編集が楽しめるので、ぜひ試してみましょう。

フォトレボハードカバー の仕様

サイズ A5パノラマ(140mm×200mm)
A5バーチカル(200mm×140mm)
M(200mm×200mm)
A4H(268mm×200mm)
ページ数 基本ページ数:16ページ
8ページ~最大80ページまで
※2ページ追加ごとに180円(税込み)
印刷製本
綴じ方
DreamLabo5000 7色印刷
ハードカバー
無線綴じ(PUR製本)
ケース付き
値段 A4スクエア 20P 3,540

フォトレボの公式サイトはこちら

 

〈 マイブック 〉DX

マイブック DX

マイブックのハードカバー・DXは、糸綴じによる上製本仕様のフォトブックです。画質は液体トナー4色印刷なので、DreamLabo5000の7色印刷と比較すると網点(ドットパターン)が見えますが、普段使いには十分美しい画質です。

マイブック DX  糸綴じ

糸綴じは合紙綴じのように完全フルフラットに開くことはできませんが、無線綴じよりは開き安く丈夫な製本方法です。
市販の写真集に近い上質なハードカバーが作れます。

マイブックのART-HCと比べると、本文ページがやや厚めでしっかりしています。(合紙綴じのFLATフォトブックよりは薄いです)。

こちらはパソコンからしか注文できません。

 ハードカバー マイブックDX 263T / 188S / 140Y の仕様

サイズ
(外寸)
(263T)タテ263mm x ヨコ186mm
(188S)タテ188mm x ヨコ187mm
(140Y)タテ140mm x ヨコ190mm
ページ数 本文・12P / 20P / 28P
印刷製本
綴じ方
液体トナー4色印刷
ハードカバー
糸綴じ
ケース付き
値段 B5相当 20P 5,480
マイブックの公式サイトはこちら

 

ハードカバーのフォトブックのメリットデメリット

左:ソフトカバー 右:ハードカバー

メリット・長所

  • ソフトカバーより丈夫で耐久性がある。本文ページがしっかり保護されているので傷みにくい。
  • ページ数が少ない薄めのフォトブックであっても、ソフトカバーのように折れてしまう心配がなく、書棚に立てて並べておくのに適している。
  • 上質感・高級感がある。

デメリット・短所

  • ソフカバーと比べて価格が高い
  • ソフカバーと比べて重くてかさばる
価格度外視なら、ソフトカバーよりハードカバーのフォトブックが断然おすすめです。