当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

「高画質」のフォトブック5選!同じ画像で作成して検証しました!

フォトブックを選ぶときに画質を一番に重視する人は、このページを参考にしてください。

フォトブックの写真をより美しく印刷したいと考えている方にとって一番重要なのは画質です。
画質のクオリティによって、フォトブックの仕上がりが大きく変わると言っても過言ではありません。価格だけを比較して安いサービスを選ぶだけではなく、印刷方式か何か、実材に印刷した発色は美しいか、をチェックすることが重要です。

ここでは、実際に印刷したフォトブックのスキャニング画像をもとに、高画質なフォトブックの選び方、そして高画質なフォトブックおすすめの5選を紹介します。

高画質なフォトブックの選び方

高画質なフォトブックを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

印刷方式が記載されているかどうかが重要

フォトブックの画質を決める要素として一番大きいのは印刷方式です。

フォトブック市場に限れば、ホームページ上に印刷方式が記載されていない場合もありますが、印刷方式が高画質な「銀塩プリント(印画紙出力)」や「DreamLabo 5000」の場合は、間違いなくサイト上に記載されています。

印刷方式が明記されていない場合は、高画質な印刷方式ではない場合が多いので注意しましょう。

フォトブックの印刷方式について詳しくは以下記事を参考にしてください。

発色は印刷してみないとわからないので、印刷見本を参考に

印刷の違い

同じ印刷方式を採用しているフォトブックでも、印刷業者によっても発色や色調、色の再現性に違いがあります。

同じ印刷機を使っていても、各社の補正調整の違い、プリンターのバージョンの差、使用する用紙の種類などによって、白っぽさやコントラストの強さ、明るさなどの観点で差が出ます。
高画質な印刷方式でも、好みの発色ではない場合、「画質が悪い」と感じるでしょう。

※高画質な印刷方式を採用している場合、「同じ業者なら」発色は比較的安定していますが、安価な低画質のフォトブックでは、「同じ業者でも」印刷のタイミングによって発色に差が出やすいです。

フォトブックの発色の傾向は、実際に印刷してみないと確認することが難しいです。当サイトでは、全てのフォトブックの画像を同じスキャナーで色補正せずにスキャンし、掲載して比較していますので、好みに合った画質のフォトブックを選ぶ参考にしていただければ幸いです。

24社のフォトブックを比較した記事はこちら

用紙と表面加工によっても印象が変わる

用紙の種類と表面加工も印刷画質の印象に影響します。
用紙の種類(光沢紙、半光沢紙、など)や、表面加工(ラミネート加工など)によって、写真の見え方や質感が変わります。

これもまた、サイト上の表記だけでは仕上がりの質感がわかりにくいと思います。
以下記事で、今まで実際に印刷したフォトブックを紙質ごとにカテゴライズしていますので、好みの紙質のフォトブックを選ぶ参考にしてください。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2024年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2024年2月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【30%OFFクーポン有】

高画質なフォトブックおすすめ4選!

富士フイルム ハードカバー

富士フイルムのハードカバーは、写真館で作成するアルバムと同等の「銀塩プリント」の高品質・高画質フォトブックです。

用紙は上品な半光沢印画紙になります。製本は180度フラットに開くことができる合紙綴じですが、合紙綴じとしては安価な価格設定でコストパフォーマンスが高いです。さらに、クーポンの利用でもっとお安く購入できます。

スマホからも「かんたん作成ソフト」なら、アプリインストール無しのオンラインWEB編集で簡単に作成でき、自動レイアウトにも対応しているので、時間がない時でもあっというまにレイアウトが仕上がります。

かわいらしい装飾素材が豊富で、スタンプや文字を自由な位置にレイアウトできるのが特徴です。おしゃれな写真加工(エフェクト)も豊富にできます。

注意:富士フイルムは、ソフトカバーの場合、画質が落ちます。(ソフトカバーは粉体トナータイプの4色印刷です) 高画質を求める場合は、ハードカバーか、リング式フォトブックを選びましょう。

商品名 富士フイルム
フォトブック ハードカバー
富士フイルム
フォトブック リング
画質

銀塩プリント

銀塩プリント

用紙 半光沢紙(印画紙) 半光沢紙(印画紙)
製本

ハードカバー
合紙綴じ

半透明カバーまたは
厚紙カバー
リング綴じ

価格 145×145mmスクエア
16P 3,190円(税込)~
152×152mmスクエア
15P 1,820円(税込)〜
サイズ 145×145mm(150×150mm)
205×145mm(212×152mm)(A5相当)
185×185mm(192×192mm)
287×203mm(294×210mm)(A4相当)
152×152mm
210×152mm
ページ数
写真枚数

16〜48P
1ページ最大6枚(1冊最大289枚)

10〜35P
1ページ最大9枚

スマホからの
編集方法
1,オンライン編集
(固定レイアウトから選択/ 文字・スタンプ自由配置)
対応画像形式:JPEG / PNG 
2,アプリ(固定レイアウトから選択)
対応画像形式:JPEG 
オンライン編集
(固定レイアウトから選択/ 文字・スタンプ自由配置)
対応画像形式:JPEG / PNG 
写真館・写真スタジオで作るアルバムと同じ、「銀塩プリント」で「合紙綴じ」の高品質なフォトブックがスマホから作れます
こんな目的におすすめ
  • フラットな「合紙綴じ」の高画質なフォトブックをスマホから作りたい
  • 写真をたくさん配置できる高画質なフォトブックをスマホから作りたい
  • 写真におしゃれな色調の加工をしたり、スタンプを使って装飾したい
  • 自動補正機能をつかいたい
  • ケース付きのフォトブックが作りたい(標準でケースが付いている)
  • 家族や友人にプレゼントしたい(ケース付きなのでギフトにもおすすめ)
  • スマホアプリのインストール不要(Webブラウザで簡単オンライン編集)
注意
  • × オンライン編集の動作が重い時がある

富士フイルムの公式サイトはこちら

マイブック FLAT

マイブックは、「FLAT」の商品のみDreamLabo 5000による超高画質なフォトブックです。スマホからも注文できるようになりました。

マイブックのその他の商品は「4色印刷(液体トナー / デジタルオフセット)」で印刷されているため、網点(ドットパターン)が見えますが、他社の粉体トナータイプの安価なフォトブックと比較すれば、こちらも十分高画質です。

用紙はツヤツヤの光沢紙または半光沢紙を選択できます。テンプレートは全ページ固定レイアウトになりますが、180度フラットに開ける合紙綴じタイプのフォトブックです。

スマホから合紙綴じでDreamLabo5000の超高画質が注文できるサイトは貴重です。

アイテム FLAT
画質 7色印刷 / DreamLabo5000 インクジェット
用紙 光沢紙
製本 ハードカバー
合紙綴じ
サイズ
(本文)

260S/210S

通常価格
(税込)
210S 10P~
5,980円 ~
スマホからの
編集方法
オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG 
ページ数
写真枚数

テンプレートにより変動

付属品

半透明ケース

マイブックの「FLAT」は、合紙綴じではめずらしい花布のついた丁寧で高品質なフォトブックです。
こんな目的におすすめ
  • スマホからフラットな「合紙綴じ」で高画質なフォトブックを作りたい
  • ツヤツヤ光沢紙のフォトブックを作りたい
  • ケース付きのフォトブックが作りたい(標準でケースが付いている)
  • 家族や友人にプレゼントしたい(ケース付きなのでギフトにもおすすめ)
  • スマホアプリのインストール不要(Webブラウザで簡単オンライン編集)
注意
  • × スマホからは自由な編集ができない(1ページに入れることができる写真数も少ない)
マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

マイブックの公式サイトはこちら

フォトレボ 全フォトブック

フォトレボの本文ページの印刷は、DreamLabo 5000による超高画質なフォトブックです。
無線綴じなので完全にフラットに開くことはできませんが、PUR製本なので通常の無線綴じよりは開きやすいです。

用紙はキヤノン純正の半光沢紙(サテン)、または一部サイズのみ光沢紙(グロッシー)が選択できます。

ページの表面加工は施されていませんが(DreamLabo5000の印刷は丈夫なため表面加工は不要)、落ち着きのある深い色合いで高級感があり、印刷の耐久性も大変に優れています。
ページ数も100ページまで対応しているので、1冊にたくさんの写真を入れることができます。

アイテム ハードカバー ソフトカバー
画質 7色印刷 / DreamLabo5000 インクジェット
用紙 本文:半光沢紙(サテン)または光沢紙(一部サイズのみ)
製本 ハードカバー
無線綴じ(PUR製本)
ソフトカバー
無線綴じ(PUR製本)
サイズ
(本文)

A4H・M・A4Hパノラマ・
A5・A5パノラマ

A4H・M・A4Hパノラマ・
A5・A5パノラマ・スクエア140
通常価格
(税込)
A5 16P~(同額で8Pも可能)
2,400円 ~
A5 16P~(同額で8Pも可能)
1,200円 ~
スマホからの
編集方法
オンライン編集(固定レイアウトから選択)
対応画像形式:JPEG / PNG
ページ数
写真枚数

テンプレートにより変動

付属品

半透明クリアケース

無線綴じですが、PUR製本のフォトブックなので、比較的ページが開きやすいです。
こんな目的におすすめ
  • スマホから高画質なハードカバーを作りたい
  • スマホからPUR製本のフォトブックが作りたい(PUR製本とは?
  • ケース付きのフォトブックが作りたい(標準でケースが付いている)
  • 家族や友人にプレゼントしたい(ケース付きなのでギフトにもおすすめ)
  • 写真スタジオで撮影した七五三などの写真をスマホから印刷したい(8Pから対応しているので印刷したい写真数が少ない場合におすすめ)
  • スマホアプリのインストール不要(Webブラウザで簡単オンライン編集)
注意
  • × フリーダイヤルのお問い合わせ番号などが無い
  • × 合紙綴じには対応していない

フォトレボの公式サイトはこちら

しまうまプリント プレミアムハード

しまうまプリントには印刷品質の違いから「ライト」「スタンダード」と「プレミアムアード」という3種類の商品グループがあり、3種の画質はまったく異なりますので注意してください。高画質なのは「プレミアムハード」です。

ライトは粉体トナーのレーザープリンターによる4色印刷ですが、「プレミアムハード」の商品は、 DreamLabo 5000による超高画質フォトブックです。

用紙は半光沢タイプの用紙で上品なツヤ感です。無線綴じのため中央部分が開きにくいことに注意しましょう。

商品名 プレミアムハード
画質

7色印刷 / DreamLabo5000 インクジェット

用紙 半光沢紙(サテン)
製本

ハードカバー
無線綴じ

価格 A5スクエア
24P 1,498 円~
サイズ A5スクエア / A5 / A4
ページ数
写真枚数

A5:32P/48/72/96/144ページ
A5スクエア・A4:36P/48/72/96/144ページ

1ページ4枚まで(24Pなら89枚配置可能)

スマホからの
編集方法
アプリ Android /iPhone/iPad
テンプレートに基づく配置
画像形式:JPEG
こんな目的におすすめ
  • スマホから高画質なハードカバーを安価に作りたい
  • 自動補正機能をつかいたい(調整不可)
注意
  • × 比較的中央部が開きにくいので注意
  • × 写真は1ページ4枚まで

しまうまプリントの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントの公式サイト(パソコンから)