今月のフォトブック クーポン・キャンペーン情報

フォトブックのソフトカバーとハードカバーの比較 どちらを選ぶ?

ハードカバーとソフトカバー

フォトブックのソフトカバーとハードカバーの比較 どちらを選ぶ?

ソフトカバーの特徴

ソフトカバー(無線綴じ)

ソフトカバー(無線綴じ)

ソフトカバーのメリットは手軽さと価格

ソフトカバーは、表紙と本文ページが同じサイズです。雑誌や文庫本、洋書のペーパーバックなどと同じですから、カジュアルでライトな感じに仕上がります。外見上だけでなく、表紙がやわらかいため、手軽に開いて閲覧しやすいというメリットがあります。さらに、バッグなどに入れて携帯しやすいことも大きなメリットです。

また、ハードカバーより価格が安いです。

ソフトカバーのデメリットは耐久性

ソフトカバーの弱点は、表紙も本文ページも傷みやすい点です。また、ソフトカバーのフォトブックは背を樹脂(接着剤)で固める無線綴じが一般的であり、十分に開き切ることができません。強引に開いた場合や、接合が不十分であったり接着剤が経年劣化を起こしたりしている場合に、ページが脱落することもあります。

ハードカバーの特徴

ハードカバー(無線綴じ)

ハードカバー(無線綴じ)

ハードカバーのメリットは高級感と耐久性

ハードカバーは、表紙の芯に硬い厚紙が使われており、それを印刷紙で包み込むように作られています。一般に、表・裏の表紙とその間の背表紙、合計3枚の厚紙が入っていて丈夫です。しかも、表紙のサイズは本文よりひと回り大きく、本文ページがしっかり保護されていますので、長期保存したいアルバムにおすすめです。この製本の体裁は上製本と呼ばれ、ハードカバーのフォトブックのほとんどは、上製本タイプの体裁で作られています。

上製本のフォトブックには、書籍としての上質感・高級感があります。また、ページ数が少ない薄めのフォトブックであっても、書棚に立てて並べておくのに適しています。

ハードカバーのデメリットは価格が高いこと

一般的に同じ仕様のソフトカバー(画質・サイズ・ページ数などが同じ場合)と比較するとハードカバーの方が価格が高いです。

ソフトカバーとハードカバー、どちらを選べばいい?

アルバムのように将来に渡って大切に所蔵したい場合は、ハードカバー(上製本)のフォトブックが向いています。
一方、複数人に配る写真集など、安く多数印刷したい場合などはソフトカバーが向いていると思われます。

表紙がソフトかハードか、の違いの他にも、「綴じ方」の違いでフォトブックの印象はかなり変わります。

製本・綴じ方の違いはほかにもいろいろ

綴じ方(装丁)の違いを比較

綴じ方(装丁)の違いを比較

フォトブックの綴じ方には主に、

  • 無線綴じ
  • 合紙綴じ
  • リング綴じ
  • 糸綴じ

などがあります。詳しい解説はこちら

おすすめはハードカバーかつ合紙綴じのフォトブックです。

フォトブックを子供と一緒に閲覧するなら、
「ハードカバー」かつ「合紙綴じ」がおすすめ

合紙綴じのフォトブック

合紙綴じのフォトブック

子供のフォトブックは子供と一緒に見る機会が多いでしょう。フォトブックが薄い用紙では、子供が雑にページをめくったとき、すぐに紙が破れたり折れてしまいます。「ハードカバー」かつ「合紙綴じ」のフォトブックなら、紙が絵本のように厚いため、簡単には折れにくく丈夫です。