半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

【どちらを選ぶ?】フォトブックのソフトカバーとハードカバーの比較

ハードカバーとソフトカバー

フォトブックの仕様としては一般的に「ハードカバー」「ソフトカバー」があります。

ソフトカバーとハードカバーの違い

比較対象

ハードカバー

ソフトカバー

耐久性


長期保存向き


傷みやすい

価格


高い


安い

見た目


高級感がある


チープな印象

価格度外視なら、ハードカバーのフォトブックが断然おすすめです。

まだ見てなかったら見てね!マニアが選ぶ2020年もっともおすすめなフォトブックは…

フォトブックおすすめランキング 【50%クーポン有】フォトブック23社を同じ写真で比較!おすすめランキング【2020年7月】

ソフトカバーとハードカバー、どちらを選べばいい?

 

長期保存のアルバムを作りたい時は?

ハードカバーのフォトブックがおすすめです。

ハードカバーは、本文より表紙が一回り大きく作られており、ページがしっかり保護されているので折れ・痛みに強く、長期保存が可能です。七五三・結婚式・成人式などで作るスタジオ写真のアルバムはハードカバーが基本です。ソフトカバーのフォトブックは、表紙も本文ページも傷みやすいです。

 

収納スペースがあまり無いときは?

ソフトカバーの方が向いています。

ソフトカバーはハードカバーより薄く軽いため、かさばりません。

 

安く作りたいときは?

ソフトカバーの方が向いています。

一般的に同じ仕様のソフトカバー(画質・サイズ・ページ数などが同じ場合)と比較するとソフトカバーの方が安いです。数百円の激安フォトブックはほぼ全てソフトカバーです。

ページ数・写真数が少ないときは?

ハードカバーのフォトブックがおすすめです。

ハードカバーのフォトブックは、ページ数が少ない薄めのフォトブックであっても、書棚に「立てて」並べておくことができます。
ソフトカバーのフォトブックは、ページ数が少ない場合、本の厚みが薄くなるので折れやすく、見た目もチープな印象になります。

A5サイズのフォトブック比較

フォトブックをたくさん配布したいときは?

ソフトカバーの方が向いています。

ソフトカバーの方が安くかさばらないため、「配布」ならソフトカバーの方が向いています。

自由なレイアウトをしたいときは?

合紙綴じのハードカバーが向いています。

ソフトカバーのフォトブックは背を樹脂(接着剤)で固める無線綴じが一般的であり、ページを十分に開き切ることができないため、中央部の写真が見づらくならないよう、レイアウトに気をつけなければいけません。(並製本で合紙綴じのフォトバックは例外)

プレゼント

 

両親や祖父母・友人などに特別なプレゼントをしたいときは?

ハードカバーの方が高級感があるので特別なプレゼントには良いですが、手軽なプレゼントならソフトカバーも。

プレゼントなら、社名がわからない(ロゴやバーコードが無い)フォトブックがおすすめです。

表紙がソフトかハードか、の違いの他にも、「綴じ方」の違いでフォトブックの印象はかなり変わります。

「綴じ方」の違いでフォトブックの印象はガラッと変わる

綴じ方(装丁)の違いを比較

綴じ方(装丁)の違いを比較

フォトブックの綴じ方には主に、

  • 無線綴じ
  • 合紙綴じ
  • リング綴じ
  • 糸綴じ

などがあります。詳しい解説はこちら

「ハードカバー」かつ「合紙綴じ」のフォトブックが最上級です。

製本は「ハードカバーかつ合紙綴じが一番高品質な仕様

合紙綴じのフォトブック

合紙綴じのフォトブック

フォトブックで一番利用率の高い「子供のフォトブック」は、仕上がったフォトブックを子供と一緒に見る機会が多いでしょう。

表紙や本文が薄い用紙では、子供が雑にページをめくったとき、すぐに紙が破れたり折れてしまいます。

「ハードカバー」かつ「合紙綴じ」のフォトブックなら、紙が絵本のように厚いため、簡単には折れにくく丈夫です。

見た目も一番高級感があり、長期保存におすすめの仕様です。