▼ 今月のフォトブック クーポン・キャンペーン情報

【画質比較】しまうまプリントのフォトブック4種を作成レビュー【口コミ/評判】

しまうまプリントで作成したフォトブック

フォトブック5%オフ割引!
クーポンコード:ZmqANRN4Tc
→公式アプリでクーポンを入力クーポン注意事項
※プリント単価より割引
※お一人様につき1回限定
※有効期限:2019年6月30日

クーポンご使用前に公式サイトの注意事項を必ずお読みください。

しまうまプリントフォトブックの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントフォトブックの公式サイト(パソコンから)

しまうまプリントフォトブックのおすすめポイントとデメリット

しまうまプリント A5サイズ

しまうまプリントで実際に作成したフォトブック A5サイズ

しまうまプリントは、鹿児島県日置市伊集院町に本社とラボを置く、しまうまプリントシステム株式会社のサービスサイトです。インターネットによる写真・年賀状などのプリントとフォトブック製作のサービスを提供しています。

しまうまプリントフォトブックのおすすめポイント

  •  安い(1冊198円〜)
  •  納期が早い(「スタンダード」の午前中の注文は即日発送)
  •  自動配置機能あり
  •  自動補正機能あり(調整不可)
  •  超高画質なDeamLabo7色印刷も選択可能(201811月現在ではPCからのみ注文可能

しまうまプリントフォトブックのデメリット

  • × スマホの機種・バージョンによりアプリの不具合がある。ページ数が多くなるとアプリ強制終了のリスクがある。(レビュー・口コミを確認
  • × 1ページの配置枚数は、PCからは4枚、アプリからは2枚まで。(→配置枚数無制限のフォトブックはこちら
  • × 補正機能は自動補正のみで、詳細な調整は不可(画質補正ができるフォトブック
  • × テキストも写真も、レイアウト枠に基づく配置のみ。自由な編集はできない。(自由な編集ができるフォトブック)デザインテンプレートは無い。
  • × 激安価格の「スタンダード」タイプは粉末トナーのレーザープリンターなので、高価格の他社と比較すると画質は落ちます。
  • × 通常の無線綴じのためページが開きにくい。プレミアムの商品は紙が厚いためとくに開きにくい。
フォトブック総合おすすめランキングはこちら

無料フォトブックより安い?しまうまプリントフォトブックは1冊198円からの激安フォトブック。

しまうまプリント スタンダードタイプ

最近「無料」のキャッチコピーのフォトブックが増えてきました。しかし、無料フォトブックの「無料」は完全無料ではなく、激安フォトブックよりも高めの「送料」が設定されていたり、ページ数が少なめ・画像配置数も少なめな場合が多いです。(無料フォトブックは完全無料ではないを参考に)

しまうまプリントフォトブックの送料は税抜90円で、無料フォトブックよりページ数の多いフォトブックが198円〜作成可能です。

しまうまプリントフォトブックの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントフォトブックの公式サイト(パソコンから)

しまうまプリントフォトブックの最大のメリット・特長は、短納期であることです。

しまうまプリントフォトブックの「スタンダード」タイプは午前中の注文は即日発送、午後の注文は翌日発送されます。

ラボ所在地の地理的条件から、商品の受け取りに時間がかかるのではと心配する人が多いかもしれませんが、メール便(90円)は発送日より7日程度で到着し、 宅配便 (ゆうパック) (500円)は発送日より2日程度で到着します。

しまうまプリントフォトブックでは、ユーザーの納期に対する懸念を払拭するため、このような短納期のサービスシステムを確立したのでしょう。企業努力の賜物と言えます。
納期の速さでは、しまうまプリントを超えるフォトブックは今の所ないと思います。

しまうまプリントフォトブックの商品ラインナップには、次の3サイズがあります。

  1. 文庫(縦148mm×横105mm)
  2. A5スクエア(縦148mm×横148mm)
  3. A5縦(縦210mm×横148mm)

サイズの選択肢は少ないですね。以前、同社の「ネットプリントジャパン」のサービス(※2018年に終了)ではA4サイズも扱っていたので、いずれラインナップされるかもしれません。

サイズ 【スタンダード】文庫 / A5スクエア / A5
【プレミアム】A5スクエア / A5
ページ数 32(A5)または36(文庫・A5スクエア)/48/72/96/144ページ
装丁 【スタンダード】ソフトカバー/無線綴じ くるみ製本/ジャケット付き
【プレミアム】ソフトカバー/無線綴じ
【プレミアムハード】ハードカバー/無線綴じ
印刷 【スタンダード】4色印刷(粉末トナー)
【プレミアム】7色印刷(インクジェット)
価格 【スタンダード】文庫 36P @198円 ~ A5 144P @998円(税別)
【プレミアム】A5スクエア 32P @1,498 円 ~ A5 144P @7,998円 (税別)
【プレミアムハード】 A5スクエア 32P @1,898円 ~ A5 144P @10,798円(税別)

しまうまプリントフォトブックの画質

「スタンダード」タイプの画質

業務用レーザープリンターを使った粉末トナーの4色印刷

しまうまプリントフォトブックのスタンダードタイプの印刷機は、富士ゼロックスの Color 1000 Press です。

しまうまプリント フォトブックサービスについてのニュース

フォトブックの印刷には富士ゼロックスのオンデマンドプリンタ「Color 1000 Press」を採用している。
引用:http://www.newprinet.co.jp/?p=9418

コストパフォーマンスと汎用性が高く、小ロットのチラシ・DMなどの用途で使われているオンデマンド印刷機としてはハイエンドモデルです。しかし、粉末トナーの4色印刷のレーザープリンターですから、フォトブックで写真の美しさを求める人は、その印刷に物足りなさを感じることでしょう。しかし、その分価格においては業界最安値クラスです。一冊198円(文庫サイズ)の激安フォトブックとしては、コストに見合った画質といえます。

フォトブックの印刷の違いについて

しまうまプリント「プレミアム」「プレミアムハード」の画質

DreamLabo 5000 によるインクジェット7色印刷

DreamLabo 5000 によるインクジェット7色印刷の人物写真は、自然な肌色が特徴的です。純正紙サテンは半光沢紙ですから抑え気味の発色ですが、拡大画像で分かる通り大変なめらかなグラデーションであり、陰影がとてもきれいに表現されているので、このような美しい表情に仕上がっています。
プレミアムの詳しいレビューはこちら

しまうまプリントフォトブックの製本

しまうまプリントフォトブックの製本はすべて無線綴じです。

しまうまプリントフォトブックのフォトブックは無線綴じです。価格サービスとして低価格路線を徹底し、成功しているしまうまプリントフォトブックにとって、書籍の綴じ方で最も安価な「無線綴じ」を採用することは当然のことです。

しまうまプリントフォトブックのスタンダードソフトカバーはジャケットタイプのくるみ製本

【ソフトカバー】しまうまプリント スタンダード(無線綴じ)

スタンダードは、ソフトカバーの表紙を白紙にして表紙デザイン(写真)をジャケット(巻きカバー)に印刷しています。くるみ製本とも呼ばれます。紙製のジャケットは一般的に傷みやすいので長期保存には向きません。

しまうまプリントフォトブックのプレミアム(ソフトカバー)は表紙に写真が印刷されるタイプ。

しまうまプリント プレミアム ソフトカバー

プレミアムは表紙に直接印刷してラミネート加工を施してあるため、長期保管にも耐えるフォトブックが作れます。
ただし、しまうまプリントフォトブックは通常の無線綴じのため、合紙綴じPUR製本の無線綴じと比べるとページが開きにくく、見開きののど(背に近い余白)の部分までしっかり開くことができません。

しまうまプリントフォトブックのプレミアム(ハードカバー)

しまうまプリント プレミアム ハードカバー

しまうまプリント プレミアム ハードカバー

「プレミアムハードカバー」はしまうまプリントで一番高品質商品で、上製本タイプのハードカバーです。しかし、やはりページが開きにくく、のどの部分までしっかり開くことができません。また、フォトレボマイブックの無線綴じハードカバーには、見返しの次に半透明のトレーシングペーパーが入っていましたが、しまうまプリントフォトブックのハードカバーにはありませんでした。

しまうまプリントフォトブックは裏表紙または中面にバーコード・ロゴが掲載されます。

ネットプリントジャパン/しまうまプリント/しろくまフォトのフォトブック バーコードがあります。

ネットプリントジャパン/しまうまプリント/しろくまフォトのフォトブック バーコードがあります。

なお、しまうまプリントフォトブックのプレミアムハードカバー・ソフトカバーともに、裏面にはバーコードが記載されており、中面にはバーコードとしまうまプリントフォトブックのロゴが記載されています。スタンダードは、ジャケットの内側に中面にバーコードとしまうまプリントフォトブックのロゴが記載されています。

フォトブック各社の綴じ方はこちら
綴じ方(製本)でフォトブックを比較。同じ写真を使ってフォトブックを比較しました

綴じ方の違いの解説はこちら
糸綴じ ・ 無線綴じ ・ リング綴じ ・ 合紙綴じ ・ レイフラット製本の解説と比較

しまうまプリントフォトブック スマホアプリの対応状況

しまうまプリントフォトブックのアプリ編集画面

しまうまプリントフォトブックのアプリ編集画面しまうまプリントフォトブックのアプリ編集画面 アプリからは1ページ2枚まで配置可能(PCからは4枚まで配置可能)

アプリの対応環境
iPhone、iPad、iPod touch:iOS 8.0以降、WiFi
Android:バージョン4.0以降

しまうまプリントフォトブックのフォトブックアプリは、iPhone版とAndroid版が揃っています。以前はアプリの質に問題がありましたが、バージョンアップにより、動作の不具合が改善されてきたようです。
しかし、スマホの機種によっては未だ不具合が発生しているようですので、PCからの注文が可能であれば、PCからの印刷がおすすめです。アップロードの時間は圧倒的にPCが早いです。
なお、フォトブックマニアが印刷した環境では、スマホ・PC共に不具合なく、アップロード&印刷ができましたので、試しにダウンロードしてアプリを触ってみて下さい。しまうまプリントフォトブックの公式アプリ

しまうまプリントフォトブックの編集方法

しまうまプリント 写真の自動補正

パソコンから注文と、スマホからの注文に対応

パソコンから注文する場合は、編集をすべてWeb上で行うことができますので、ダウンロードソフトをインストールする必要はありません。

また、あらかじめ会員登録をする必要もありませんが、注文時に自動的にユーザー登録されます。

自動配置ができる一方で、見開きごとのデザインテンプレートと各ページの写真を挿し変えることもできます。

デザインされたテンプレートはありません。また、テンプレート以外の写真配置や自由な編集はできません。

スマホから注文する場合は、しまうまプリントフォトブックの公式アプリをダウンロードし、スマホ内の写真をアップロードします。iPhone、iPad、iPod touch、Androidに対応しています。

フォント・文字やコメントの入力は?

しまうまプリント 編集画面

しまうまプリント 編集画面

フォントは「中ゴシックBBB」「リュウミンR-KL」「リュウミンB-KL」「見出しゴ MB31」「中ゴシックBBB」「じゅん201」の6種類から選択できます。
表紙に印刷される「タイトル」のフォントと「本文」のフォントは変えることができますが、ページや場所ごとにフォントを変えることはできません。

画像の色補正(自動補正)機能

しまうまプリント 画像の自動補正

しまうまプリント 画像の自動補正

写真の自動補正が可能ですが、ビスタプリントのように、自分の好みの加減で明るさやコンテラストなどを調整できるわけではありません。

しまうまプリントフォトブックの画像補正機能は使うべきか?印刷の仕上がりを比較

4色印刷「スタンダード」の自動補正の効果は?

しまうまプリント スタンダード 自動補正 有無の比較(スキャニング画像)

(自動補正をした写真、しなかった写真の比較 ( 左ページ: 自動補正あり / 右ページ: 自動補正なし )

左側が自動補正にチェックして印刷した写真です。自動補正にチェックした写真の方が、髪の毛の一本一本、ドレスのレース部分がシャープに印刷されています。肌の白とびが抑えられており、全体的に赤みが増して暖かい雰囲気の写真になっています。

7色印刷「プレミアム」「プレミアムハード」の自動補正の効果は?

しまうまプリント プレミアム 自動補正 有無の比較

しまうまプリント プレミアム 自動補正 有無の比較(スキャニング画像)

自動補正をした写真、しなかった写真の比較 ( 左ページ: 自動補正あり / 右ページ: 自動補正なし )

左側の自動補正した写真は、額のハイライト部分やブーケの白い花びらが若干白飛びしていますが、陰影部分の肌色や漆黒の髪の毛がきれいに描き出され、ネックレスのパールの色や輝きが美しく立体的に再現されています。

しまうまプリントフォトブックの自動補正は写真を綺麗に補正できます。

1ページに配置できる写真枚数

しまうまプリントフォトブックの1ページに配置できる枚数は、A5、A5スクエア、文庫、どのサイズも共通で最大4枚までです。

フォトブックQ&A ~編集~ (公式サイトより引用)
Q. 1ページに何枚まで画像を入れられますか?
A .1つのページに入れられる画像の枚数は、最大4画像までとなります。

ただし、2018年11月現在のところ、アプリからは2枚までしか配置できません。

1ページにたくさんの枚数を配置できるフォトブックはこちら

1ページに写真をたくさんレイアウトできるフォトブック

写真の自動配置が可能

しまうまプリント自動配置

しまうまプリント自動配置

編集画面右下の「写真」ボタンをクリック→「自動配置」ボタンをクリックで、
写真の自動配置が可能です。

しまうまプリントフォトブックの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントフォトブックの公式サイト(パソコンから)

激安フォトブックのしまうまプリントフォトブックとしろくまフォトの比較

同会社のフォトブックのしまうまプリントフォトブックとネットプリントジャパン を比較

補足:しまうまプリントフォトブックの「写真印刷」

しまうまプリントフォトブックの「写真印刷」注文時、
画像の左下に×(バツ)・△(三角)・!(ビックリマーク)のマークがでることがあります。
これは、画像のサイズの推奨度合いのマークです。
×(バツ)・!(ビックリマーク)の場合、画像の際プリントができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です