半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

無料フォトブックは無料ではない!?毎月1冊無料アプリ3社を比較!

このページでは、主に毎月の子供の成長を記録する目的で「毎月無料で1冊作成できる」フォトブックアプリについて解説します。

無料フォトブックアプリは完全無料ではありません

  • 本体価格は無料でも、メール便の送料がかかる
  • 本体価格は無料でも、月額料金がある

など、印刷料金以外にお金がかかります。
印刷料金以外の費用に、印刷料金分のコストが乗っているので、多大にお得になるわけではありません。

2022年現在のところ、送料も印刷料金も月額料金も、毎回完全無料で作れる「フォトブック」はさすがに無いです。
安く買うポイント!


今月のフォトブッククーポンまとめのページもチェックしてください。

クーポン利用で通常価格より数千円安く購入できます。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2022年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2022年12月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

ただし、「初回1冊だけ」なら完全無料(送料も無料)のフォトブックはあります。

dフォト NTTドコモ公式のフォトブック

dフォト NTTドコモ公式のフォトブック

NTTドコモ公式フォトブック「dフォト」は
月額308円(税込)のフォトブックアプリですが、
初回おためし特典として契約から31日間は月額料金が無料になり、
「初回おためし1冊無料フォトブック」
完全無料で購入することができます。

1冊の注文は送料もかかりません。フォトブックの他に「L判プリント30枚も選択可能です。

公式ページには以下の記述があります。

無料期間中に解約した場合は、料金がかかりません。安心して、おためしください。

つまり「初回おためし1冊無料フォトブック 」の注文後でも、契約から31日以内であれば無料解約が可能ということです。返本やキャンセル料なども発生しません。
 

dフォトのサービスについて詳しく見る

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックアプリ3社を比較

サイト名 プリミィ
プリミィで作成したフォトブック A6とA5を比較
dフォト
Dフォト ドコモのフォトブック

 

ノハナ
ノハナ  無料フォトブック
無料の
フォトブック

毎月1冊無料
※別途月額料金・送料

毎月1冊無料
※別途月額料金

毎月1冊無料
※別途送料

月額料金(税込)

月額330円

月額308円

なし
最安商品の
サイズ(mm)
A5 148×210mm
A6文庫 105×148mm
※サイズ選択可能
A5スクエア相当
145×145mm
A5スクエア相当
140×140mm
1ページの写真数 最大4枚
1枚 1枚
1冊の写真数
(表紙含)
1冊最大93 1冊最大21枚 1冊最大21枚
送料(税込) 120円 無料 ※毎月1冊目
275円 
公式 プリミィ dフォト ノハナ
  • 無料フォトブックアプリで代表的な「ノハナ」のフォトブック印刷料金は「毎月1冊無料」ですが、送料として275円かかります。
  • プリミィ」のフォトブックの印刷料金も「毎月1冊無料」ですが、月額330円+送料120円がかかります。
  • dフォト」は「毎月1冊無料」、月額308円送料は無料です。
どのアプリも「印刷料金」は無料ですが、「月額料金」または「送料」に印刷料金が含まれていると考えましょう

プリミィ クーポン
写真プリント40枚分(280pt)&
登録初月からフォトブック1冊無料!
紹介コードはこちら

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックアプリは2冊目が割高

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
1ヶ月中に2冊目のフォトブック
印刷料と送料(税込)
dフォト 2冊目:418円+送料198
プリミィ 2冊目:440円+送料120
ノハナ 2冊目:550円+送料275円

「1冊無料」系のフォトブックは、2冊目の料金が割高になっています。

特に「ノハナ」は1ヶ月中に2冊目作成の場合は550円+送料275円なので、合計825円(税込)とかなり割高になります。

ノハナとほぼ同じサイズ(A5スクエア相当)のフォトブックを、「激安」系フォトブック のしまうまプリントしまうまプリント で作った場合、298円+送料130円合計428円(税込)で作成可能です。
(文庫サイズなら198円+送料130円で328円

1ヶ月に2冊以上作る場合は、「激安」系フォトブックで代表的なしまうまプリントしまうまプリントの方がお得 になります

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックアプリは写真掲載数が少ない

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
1ページの配置枚数
dフォト 1ページに1枚
1冊に掲載できる写真数:21枚(表紙含)
プリミィ 1ページに4枚
1冊に掲載できる写真数:93枚(表紙含)
ノハナ 1ページに1枚
1冊に掲載できる写真数:21(表紙含)

無料フォトブックアプリのレイアウトは、写真配置数に制限のあるものが多く、フォトブックに掲載したい写真の数が多い場合は、無料フォトブックの1冊にはおさまりません。

この中ではプリミィが「1ページ4枚」までレイアウトできるため、1冊に掲載できる写真数は圧倒的に多いです
 
写真が1冊におさまらない場合、無料フォトブックで「2冊目」を印刷するよりも、激安フォトブックで「1ページに2枚以上配置」するか、激安フォトブックで「ページ数を増やす」方がお得です。
「激安」系フォトブック のしまうまプリントも1ページ「4枚」まで配置可能です。
 
 ポイント

ただし。。。写真数・ページ数が多くなると、アプリの編集では強制終了やフリーズが起こりやすいです。
写真数が多いフォトブックを作りたい場合は、パソコンからの編集をおすすめします。
また、小さいサイズのフォトブックでレイアウトする写真数が多いと、1枚(1枠)の写真が小さくなり、引きの写真は人物の表情がわかりにくくなってしまうので注意しましょう。

パソコン版:写真配置数無制限のフォトブックはこちら

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックアプリはサイズのレパートリーが少ない

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
サイズ
dフォト A5スクエア相当
145×145 mm
プリミィ A5(148×210mm)
A6(105×148mm)
ノハナ A5スクエア相当
140mm×140mm

無料フォトブックは基本的にサイズが小さく、レパートリーが少ないです。

 ポイント

プリミィで作成したフォトブック A6とA5を比較
ただし、「プリミィ」は、A5スクエアより大きいA5縦サイズも同料金(月額料金内)で作成可能なので、毎月1冊A5縦サイズを作る」という利用方法なら、プリミィが最安です。

A4以上のフォトブックを作りたいときは以下をご参考に。

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックアプリは納期が遅め

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
納期
dフォト 注文完了メール受領日より
通常7日間程度で指定の住所へ商品を発送
プリミィ 発送は最大で7日ほど(よくある質問より)
発送から2~5日で程度でお届け
ノハナ 通常2週間程度でお届け(発送日記載なし)
(送料+300円で、注文完了日(18時まで)の翌々日発送可能)

無料フォトブックは納期が比較的遅めです。

ノハナは納期を2営業日発送(注文日の翌々日発送)にすることも可能ですが、オプション料金(300円)がかかります。

納期が早いフォトブックはこちら

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックは写真補正のオンオフができない

自動補正ありなしの違い(しまうまプリント)

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
写真自動補正のオンオフ
dフォト
プリミィ
ノハナ

無料のフォトブックは手動での写真補正(オンオフ)ができません。

「この写真は明るくきれいだから補正をかけたくない」
「この写真は暗い写真だから補正をかけたい」

など、個別に設定することができません。

激安フォトブックのしまうまプリントは「自動補正」のオンオフが可能です。
ただし、しまうまプリントも詳細な明るさやコンテラストの調整はできません。

詳細な写真補正が可能なフォトブックはこちら

「高画質・高品質」を求めるなら有料フォトブックがおすすめ

7色印刷(DreamLabo)と粉体トナー4色印刷の比較

「毎月1冊無料」タイプの
フォトブックアプリ
高画質オプション
dフォト ハードカバー 3,190
プリミィ
ノハナ ソフトカバー 通常フォトブックの料金に別途1,210
ハードカバー 3,300円〜

「毎月1冊無料」タイプのフォトブックは
激安系フォトブックと同じ「粉体トナーのレーザープリンター」の印刷がほとんどで、高画質とは言えません。

無料フォトブックにも、有料で「高画質オプション」がありますが、割高なので、高画質・高品質を求めるなら以下のフォトブックがおすすめです。

スマホから注文する場合

パソコンから注文する場合

「無料」タイプのフォトブックアプリのメリットデメリット

 メリット

  • 毎月1冊の「印刷代金」は無料
  • 無料フォトブックの多くは1ページに1枚配置のため、レイアウトが簡単

 デメリット

  • メール便の送料が多少高めだったり、月額費用が必要だったり、2冊目が割高だったり、印刷代以外でお金がかかるので、完全無料ではない。
  • たくさんの写真を一気に印刷できない
  • レイアウトの選択肢が少ない
  • ページ数の選択肢が少ない
  • サイズのレパートリーが少ない
  • 納期が遅め
  • 個別の写真補正(自動補正)はできない

まとめ

以上のように「無料」のキャッチコピーのフォトブックには様々な制限があります。

以下のような人には向いていません

  • 大量の写真を1冊にまとめてフォトブックにしたい
  • 自由なレイアウトをしたい
  • 高画質・高品質なフォトブックを安く買いたい

以下のような人にはおすすめです

  • 毎月定期的に少ない枚数で簡単なフォトブックを作りたい
  • 製本・画質・レイアウト・デザインにはこだわらない

以下ページでは、数百円で作成できる「安い」フォトブックを比較しましたので、なるべく低価格で簡単なフォトブックが作りたい方はこちらもご参考に。