フォトブックマニアの読者様限定!ビスタプリント半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

1000枚以上を1冊に!写真枚数が多いおすすめフォトブック【大量/無制限あり 】

子供のフォトブック(ビスタプリント)

大量の写真を1冊のフォトブックにしたいときにおすすめのフォトブックをご紹介します。

  • 数百枚〜1,000枚以上の写真を1冊にまとめたい!
  • 1ページにたくさんレイアウトしたい!
  • 写真掲載数は無制限が良い!
  • 大量の写真を一気に自動配置したい!
  • スマホからもたくさん配置したい!

という方に向けてまとめた記事です。

フォトブック各社の写真数一覧表

フォトブック会社名 おすすめ
ビスタプリント
フォトブック
ビスタプリント
リング式フォトブック
コラージュ

しまうまプリントしまうまプリント
フォトレボ
マイブック フジフォト
アルバム
オートアルバム
画像

子供のフォトブック(ビスタプリント)

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ しまうまプリント A5サイズ

フォトレボ 子供のフォトブック

マイブック ART-HC 【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)
写真数 無制限 1P:6枚
(最大サイズ)
1P:4枚 無制限 無制限 2P(見開き):
20枚
1P:16枚
(最大サイズ)
スマホ PCのみ スマホ可 スマホ可 PCのみ PCのみ PCのみ PCのみ
既存レイアウト
使った場合
1冊の最多写真数
1080枚 600枚 569枚  720枚 2500枚 432枚 1600枚
写真自動挿入
自動レイアウト

「シンプル」
の商品のみ可
×
既存レイアウト
使った場合
1ページの最多写真数
9枚 6枚 4枚 9枚 25枚 9枚 16枚
最多ページ数 120P 100P 144P 80P 100P 48P 100P
用紙の厚み 厚い 比較的厚い 薄い 薄い 薄い
(FLATは厚い)
厚い 薄い
編集ソフト WEB編集
ダウンロード
WEB編集
PC:WEB編集
SP:アプリ編集
ダウンロード ダウンロード WEB編集 WEB編集

上記で画像配置数無制限のフォトブックは、基本的に1ページに好きなだけ写真を配置できます。既存のレイアウトを使うこともできますが、自分で写真枠を追加することでさらに1ページの写真数を多くすることができます。

しかし100ページ以上に大量の写真を配置するとデータが重くなりすぎて送信エラーやパソコンがフリーズになる可能性も考えられますので注意しましょう。

フォトブックマニアではビスタプリントのダウンロード編集ソフトで100ページ以上・1ページ9枚ほど配置したフォトブック(写真900枚以上)を作成したことがありますが、エラーやフリーズにはなりませんでした。

スマホから?パソコンから?

パソコンからフォトブックを作成した方がより多くの写真を1ページに掲載できるフォトブックが選べるためお得です。

また、スマホ編集で大量の写真・大量のページ数を作成すると、データ送信中やページ編集中にエラーが起きやすく、せっかく編集したデータが消えてしまうこともあります。

どうしてもスマホから作成したい場合、スマホ対応で比較的写真配置数が多いのは以下の2社です。

写真数が多すぎると、1枚の写真がとても小さくなります。A4サイズなら9〜10枚くらいまでがおすすめです。

A4サイズに配置できる身近なサイズと枚数

A4縦で写真を10枚配置して余白を設けるとだいたい名刺くらいの大きさになります。
参考:A4サイズのメリットデメリット・基本のレイアウト

自動配置ができるかどうかは大きなポイント

無制限に配置することができるフォトブックでも、「写真の自動配置(オートレイアウト)」ができないフォトブックでは、手動で配置しなければならず時間がかかります。

フォトブックにする写真を1つのフォルダにまとめて、写真の自動配置機能を使って一気にレイアウトするのがおすすめです。全て配置してからも写真の入れ替えは可能です。

写真数が多いフォトブック3社を比較

その1:〈 ビスタプリント 〉 フルフラットフォトブック

ビスタプリント ウェブ編集ソフト 自動レイアウト ビスタプリント ウェブ編集ソフト 自動レイアウト

ビスタプリントのフォトブック(フルフラットフォトブック)は
1ページの写真枚数・容量が無制限です。
(オフライン編集、オンライン編集、どちらも基本的に無制限です。)

編集ソフトは初心者でも直感的な操作ができるのでおすすめです。

ソフトダウンロードが不要な「オンライン編集」でも無制限で配置できるフォトブックはあまりなく、嬉しい機能ですね。

自動配置も可能なので、大量の写真を一気にレイアウトできます。(オンラインソフトでは左側の「自動挿入」ボタンで配置できます。)

上記は、ビスタプリントの編集ソフトのスクリーンショットですが、画像の拡大縮小、回転、トリミング、テキスト配置など、自由に編集が可能です。

複数配置用の既存のレイアウト枠(1ページ最大9枚)も用意されています。

子供のフォトブック(ビスタプリント)

子供のフォトブック(ビスタプリント)写真をたくさん配置した例(既存レイアウト)

たくさん写真を配置すると、無線綴じのフォトブックの場合中央の写真が見辛いですが、ビスタプリントは合紙綴じなので、完全に開ききることができ、中央部の写真もしっかり見えます。
無線綴じと合紙綴じの違い

無線綴じと合紙綴じの違い

ビスタプリントの既存レイアウトの写真数

正方形で1ページ9枚が最多数でした。

真ん中が縦長、上下が横長になっているので、横向き写真と縦向き写真を混ぜて配置するのに使いやすいレイアウトです。

自分で枠を編集すれば何枚でも配置できます。

上の画像では、枠の大きさをだいたい縦4分の1になるように調整してます。

コピー&ペーストすると12枚写真を配置できるレイアウトができました。

写真枠と写真枠の隙間(マージン)も、ガイド(オレンジの線)が表示されるので簡単に均一配置できます。

あとは12枚の写真枠を選択し、全ページにコピー&ペーストするだけです。

オンラインでの編集(ウェブブラウザで編集)も、ダウンロードソフトでの編集も可能で、自由度が高いのはダウンロードソフトでの編集です。

ビスタプリントの公式サイトはこちら

その2:〈 フォトレボ 〉 すべてのフォトブック

フォトレボ編集画面

フォトレボ編集画面

フォトレボのすべてのフォトブックは、無料編集ソフト(Win版/Mac版)をPCにインストールして編集・注文します。

編集ソフトは各種機能が充実し、しかも直感的に操作しやすい画面ですから、手早く簡単に仕上げたい人にも、白紙の状態から自由編集したい人にも使えるソフトです。

このソフトでフォトブックに貼り込める写真数には特に制限がありません。1ページにレイアウトできる写真数も、1作品で使用できる写真数や総容量なども基本的に無制限です。

フォトレボ 子供のフォトブック

写真数に制限がなく、多機能で自由編集も可能なソフトですから、たくさんの写真を使ってさまざまなページデザインを楽しむことができます。写真数の多い複雑なコラージュもその一例です。

フォトレボの既存レイアウトの写真数

マイブックの既存レイアウトで一番写真配置数が多いテンプレート

マイブックの既存レイアウトで一番写真配置数が多いテンプレート

正方形と横長は1ページ9枚が最多数、縦長は8枚が最多数でした。

自分でたくさん配置できるのページデザインを作り、その写真枠のレイアウトを「ページスタイル」として登録すれば、それをテンプレートとして何度も使うことができます。

また、写真数が多くて1枚ずつ貼り込むのが大変なときは、「自動配置(自動流し込み機能)」で簡単に貼り込むこともできます。

フォトレボの公式サイトはこちら

その3:〈 マイブック 〉 ART-HC / ART-SC / DX

マイブックのこの3種類のフォトブックは、ダウンロードソフト「MyBookEditor」をパソコンにインストールして編集します。

マイブック ART-HC

【ハードカバー】マイブック ART-HC

1ページの写真数には制限がありません。写真のアップロードは、通信状態が良ければ時間がかかっても完了させることができます。一方、編集画面の動作が極端に遅くなった場合は、フリーズを起こす場合もあります。

ウェブブラウザでのオンライン編集には対応していませんので、マイブック配布の無料ソフトをダンロード&インストールする必要があります。(同会社のマイブックライフはオンライン編集に対応していますが、写真を多く配置することはできません。

また、自動配置(自動レイアウト)に対応しているのは「マイブックシンプル」のみで、Macでは自動配置不可です。

マイブックの既存レイアウトの写真数

マイブックの既存レイアウトで一番写真配置数が多いテンプレート

1ページ25枚が最多数でした

ここまで多い配置だと1枚の写真サイズが小さすぎてしまうので、A4サイズなら1ページ9枚くらいまでがおすすめです。

既存レイアウトで一番写真が多く配置できるのはマイブックでしたが、自動レイアウト(オートレイアウト)ができないのが残念ですね。(オートレイアウトできるのは「マイブックシンプル」のみ)

マイブックの公式サイトはこちら

番外編:1ページの写真数の上限が決まっているフォトブック

写真掲載上限数:1ページ16枚のフォトブック
〈 オートアルバム 〉 A4横長タイプ ハードカバー / ソフトカバー

オートアルバムのフォトブックは、一般のフォトブックとは異なり、均等な写真枠のサイズ・間隔で画像を自動配列します。

まずパソコンに保存されている写真をアルバム作成ページ上で選択してから、フォトブックのサイズ、カバー、ページ当たりの画像点数、表紙デザインを選択した後に、初めて写真をアップロードします。

写真が大量であるために一度にアップロードできない場合は、複数回に分けてアップすることもできます。使用写真のデータのアップロードが完了し、プレビュー画面で確認・修正した後に、注文することができます。

以上の手順では、アップロードにもっとも時間がとられることでしょうが、その他の作業は簡単です。自動レイアウトで気になった写真の配置や向きを変更でき、すべての写真に撮影日時を入れることも簡単に設定できます。

オートアルバム〉の商品ラインナップは、サイズがA4判・A5判の2種類で、それぞれ縦長・横長とハードカバー・ソフトカバーが選択できます。その中で、もっとも多くの写真をレイアウトできるのは、A4横長タイプ(ハード/ソフトカバー)です。本文100ページに写真が各16点、合計1,600点の写真をレイアウトできます。そのときの写真枠のサイズは、横60.5mm×縦41.5mmとなります。

自由なレイアウト・編集は出来ません。
オートアルバムの公式サイトはこちら

写真掲載上限数:見開き20枚 (2ページで20枚)のフォトブック
〈 フジフォトアルバム 〉

フジフォトアルバムの商品はすべて銀塩プリントです。見開き(2ページ)で写真20枚までの制限があります。
オンライン編集可能ですが、今のところ自動レイアウトができません。フジフォトアルバムの公式サイトはこちら

写真掲載上限数:1ページ9枚のフォトブック
〈 オートアルバム 〉 A5横長タイプ  ハードカバー / ソフトカバー

オートアルバムは、サイズがA5になると掲載できる写真数が1ページ最大9枚になります。

横長タイプは9枚までですが、縦長タイプは8枚までしか配置できません。
オートアルバムの公式サイトはこちら

写真掲載上限数:1ページ6枚のフォトブック
〈 フジフイルム 〉 ハードカバー写真仕上げ(簡単作成) ・ソフトカバー印刷仕上げ(簡単作成) ・Year Album

フジフィルムの「簡単作成タイプ」「イヤーアルバム」は、片面ページに1~6枚の範囲で画像を入れられます。

「こだわり作成タイプ」は、ダウンロードソフト「FUJIFILM Photobook Designer」をパソコンにインストールして編集するタイプのフォトブックで、1ページの写真数に制限はありません。

ただし、フジフイルムは、1ページの写真数は20枚(約60MB)以内、1冊の写真数は100枚(約300MB)以内とすることを推奨しています。
FUJIFILMの公式サイトはこちら

まとめ

写真枚数が多過ぎると、データ容量が増えて編集時のソフトの動作が遅くなるだけでなく、画像データのアップロードにも時間がかかり、編集中もフリーズやエラーが起きる可能性が上がります。

編集中は、必ずこまめに保存しましょう。

大量の写真データをフォトブックサイトのサーバーにアップロードするときは、その間に万一通信が途絶える可能性もあります。

スマホから直接アップロードするよりは、すべての写真データをいったんパソコンにコピーし、フレッツ光など安定した高速通信の環境でアップロードした方が、より短時間で確実にアップロードすることができるのでおすすめです。