半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

ページ数が多いフォトブックランキング(ハードカバー)

ビスタプリント フルフラットフォトブック

このページはページ数が多いフォトブックが作れるフォトブックサイトをまとめました。(→ページ数が少ないフォトブックを作りたい場合はこちら

ページ数の多いフォトブックランキング(ハードカバー) BEST 5

第1位
〈 ビスタプリント 〉 フルフラットフォトブック 120P Max.

ビスタプリント フルフラットフォトブック

ビスタプリント フルフラットフォトブック

紙が厚い「合紙綴じ」にもかかわらず120ページまで作成可能

ビスタプリントのフルフラットフォトブックは、合紙綴じによる上製本タイプ(背表紙付きハードカバー)で、表紙・本文ページともに半光沢紙(マット系)を使用した4色印刷です。機種名は公開されていませんが、粉体トナーを使うレーザープリンターによる4色印刷のフォトブックと比較すると、画質がたいへん優れています。

ビスタプリントと某激安フォトブック(粉体トナーのレーザープリンター)の画質を比較(カメラ撮影)

フルフラットフォトブックの種類と税別価格

商品名 サイズ ページ数と価格
縦長タイプMサイズ 縦20 x 横15cm 24P・2,980円 ~ 120P・13,060円
縦長タイプLサイズ 縦28 x 横21cm 24P・3,980円 ~ 120P・16,140円
横長タイプLサイズ 縦21 x 横28cm 24P・3,980円 ~ 120P・16,140円
スクエア Lサイズ 縦21 x 横21cm 24P・3,560円 ~ 120P・16,520円
スクエア XLサイズ 縦30 x 横30cm 24P・5,980円 ~ 120P・22,300円
合紙綴じのフォトブック

ビスタプリント 合紙綴じのフォトブック

本文ページは、最少24ページから最大120ページまで2ページ単位で追加できます。高画質なフォトブックでページ数の多いものはどうしても価格が高くなりますが、ビスタプリントのフォトブックは液体トナーの4色印刷で高画質を実現することにより、上記のようにお安い価格を実現しています。

◇〈 ビスタプリント 〉フルフラットフォトブックの詳細については、以下の記事をご覧ください。
ビスタプリントのフォトブックを作りました。
マイブック vs ビスタプリント フォトブックを比較しました。

第2位
〈 マイブック 〉 MyBook ART-HC 100P Max.

マイブック DX

 

100ページまで作成可能

MyBook ART-HC (ハードカバー・無線綴じ)はマイブックの主力商品です。大型のA3変形正方形からコンパクトなCDケースサイズまで全11サイズが揃っていますが、いずれも本文ページを最少10ページから最大100ページまで10ページ単位で追加することができます。

MyBook ART-HCの代表アイテムと税別価格

商品名 サイズ ページ数と価格
ART-HC CD 縦130 x 横130mm 10P・2,100円 ~ 100P・ 4,500円
ART-HC 140Y 縦148 x 横210mm 10P・2,660円 ~ 100P・ 8,100円
ART-HC 210S 縦216 x 横216mm 10P・5,590円 ~ 100P・14,000円
ART-HC 290T 縦297 x 横210mm 10P・5,900円 ~ 100P・14,200円
ART-HC 300S 縦305 x 横305mm 10P・8,960円 ~ 100P・22,900円

マイブックのフォトブックの画質・装丁などがたいへん優れていることは、アメリカでの国際コンペで最高賞を5回も獲得したことによって実証されています。

◇ MyBook ART-HC / ART-SC の詳細については、以下の記事をご覧ください。
マイブック vs ビスタプリント フォトブックを比較しました。
文字をきれいに印刷したい|フォトブックの作り方・あなたにおすすめのフォトブックはこれ!

マイブックの公式サイトはこちら

第3位
〈 オートアルバム 〉 A4横長タイプ 100P Max.

100ページまで作成可能

オートアルバムは、マイブックと同じアスカネットのフォトブックです。光沢のあるニス加工が写真の退色予防に役立っています。表紙はデザインテンプレートを選択し、写真を入れることができませんが、本文ページは最大100ページまで2ページ単位で追加でき、最大1,600枚までの写真を自動配列でレイアウトすることができます。

オートアルバム・A4横長タイプの種類と税込価格

商品名 サイズ ページ数と価格
ハードカバー 縦214 x 横292mm 8P・1,620円 ~ 100P・6,091円
ソフトカバー 縦208 x 横285mm 8P・1,404円 ~ 100P・5,875円

A4横長タイプでは、1ページに配置する写真枚数を 1枚 / 4枚 / 9枚 / 16枚から選択することができます。

選択した枚数による最大収録枚数と各写真の印刷サイズは以下の通りです。全ページ一律に均等な写真サイズ・枚数で配置する単純なレイアウトですが、無駄な装飾のないシンプルな美しさで写真集や写真目録として活用することができます。

A4横長タイプの最大収録写真枚数と写真サイズ

1ページの配置数 1冊の配置数 写真枠のサイズ
(配置数が多いほど1枚が小さくなる)
1ページに1枚配置 最大 100枚 縦184 x 横260mm
1ページに4枚配置 最大 400枚 縦 88 x 横126mm
1ページに9枚配置 最大 900枚 縦 56 x 横 82mm
1ページに16枚配置 最大1600枚 縦 42 x 横 61mm

こちらもご参考に

第4位
〈 フォトレボ 〉 ハードカバー 80P Max.

【ハードカバー】フォトレボ

【ハードカバー】フォトレボ

80ページまで作成可能

フォトレボのハードカバーは、表紙・本文ページともに7色インクジェットプリンターで印刷され、高画質な無線綴じの上製本タイプです。表紙の印刷は HP Indigo 5500 ですが、本文ページはキヤノンの超高性能機 DreamLabo 5000 と純正の半光沢紙サテンを使用していますので、色再現性や階調表現(グラデーション)の点でひときわ優れた仕上がりです。本文ページ数は最大80ページまで2ページ単位で追加できます。

フォトレボ・ハードカバーの種類と税込価格

商品名 サイズ ページ数と価格
A5パノラマ 縦140 x 横200mm 16P・2,000円 ~ 80P・5,840円
A5バーチカル 縦200 x 横140mm 16P・2,000円 ~ 80P・5,840円
M 縦200 x 横200mm 16P・2,700円 ~ 80P・8,140円
A4H 縦268 x 横200mm 16P・3,300円 ~ 80P・9,060円

DreamLabo 5000 のパフォーマンスを最大限に発揮させたい場合にはキヤノン純正の光沢紙グロッシーを使用すべきですが、フォトレボのハードカバーは本文用紙として純正紙の中では安価なサテンを使用しています。また、表紙には HP Indigo と一般のコート紙を使用し、マットPP加工が施されています。それによって、高画質でありながら比較的に低価格なフォトブックを実現しています。

◇〈 フォトレボ 〉ハードカバー の詳細については、以下の記事をご覧ください。
フォトレボのフォトブックを作りました。

第5位
〈 撮るだけフォトブック 〉 ハードカバー ダイヤモンドクオリティ 80P Max.

撮るだけフォトブック ハードカバー

80ページまで作成可能

撮るだけフォトブックのハードカバーは、無線綴じの上製本タイプです。その標準印刷タイプは4色印刷ですが、オプションのダイヤモンドクオリティを選択すると、より高画質な7色印刷にすることができます。7色印刷で使われている印刷機と用紙は、表紙が HP Indigo と一般のコート紙、本文ページがキヤノンの DreamLabo 5000 と純正の半光沢紙サテンです。

ハードカバー・ダイヤモンドクオリティの種類と税込価格

商品名 サイズ ページ数と価格
A5パノラマ 縦140 x 横200mm 16P・3,500円 ~ 80P・ 9,900円
A5バーチカル 縦200 x 横140mm 16P・3,500円 ~ 80P・ 9,900円
Mサイズ 縦200 x 横200mm 16P・5,000円 ~ 80P・15,240円
A4サイズ 縦268 x 横200mm 16P・5,400円 ~ 80P・15,640円

DreamLabo 5000 で純正紙サテンに印刷されている本文ページは、色再現性や階調表現(グラデーション)に優れたたいへん美しい仕上がりです。HP Indigo の表紙印刷も高画質であり、マットPP加工によって落ち着いた発色の高級感ある外観に仕上がります。

◇〈 撮るだけフォトブック 〉ハードカバー・ダイヤモンドクオリティ の詳細については、以下の記事をご覧ください。
撮るだけフォトブックのフォトブックを作りました。

\ 2019年フォトブックおすすめ 比較ランキング! /

フォトブックおすすめランキング|22社の画質の比較・違い 【50%クーポン有】フォトブック22社を同じ写真で比較!こんなに違いが!?【おすすめランキング2019】

ページ数が少ないフォトブックまとめはこちら