半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

文字・コメント入力が自由で綺麗に印刷できるフォトブックはこれ!

マイブック 文字・テキストの印刷

文字入力の自由度・美しさを大切にする人へおすすめのフォトブック

エッセーや旅行記のように短文を書き込むフォトブックでは、読みやすいきれいなページデザインにするため、文字の美しさにもこだわりたいものです。しかし、文字印刷の大切さは、そのような読む作品に限ったことではありません。

すべてのフォトブックにとって、

  • タイトルの文字
  • ヘッドラインの文字
  • キャプション(コメントや文章)

たいへん重要なデザイン要素です。

美しい文字でセンスよくレイアウトされたタイトルやヘッドラインには、一見何の変哲もない写真さえ印象的な一枚に変える力があります。

また、写真に付ける短いコメントや撮影データなどキャプションの文字も、やはり同様です。小さくても美しい書体で適切な位置に配置されたキャプションは、写真の存在感を引き立てます。

フォトブック各社の文字入力スペック一覧表

フォトブックサイト選べるフォントの数テキストの自由配置
★おすすめ
ビスタプリント フルフラットフォトブック
(ダウンロードソフト)

パソコンにインストールされている全てのフォントが使用可能
ビスタプリント フルフラットフォトブック
(WEB編集ソフト)

指定2種のみ
MS 明朝
MS ゴシック
★おすすめ
フォトレボ
(ダウンロードソフトのみ)

パソコンにインストールされている全てのフォントが使用可能
★おすすめ
マイブック
(ダウンロードソフトのみ)

パソコンにインストールされている全てのフォントが使用可能
フジフォトアルバム
(WEB編集ソフトのみ)

パソコンにインストールされている全てのフォントが使用可能
ネットプリントジャパン
(スマホ)
 / (パソコン) (WEB編集ソフト/アプリ)
フォトブックアプリ

指定5種類のみ
×
テンプレートに基づく配置
しまうまプリント
(スマホ)
/ (パソコン) (WEB編集ソフト/アプリ)
フォトブックアプリ

指定5種類のみ
×
テンプレートに基づく配置

\ 2020年フォトブックおすすめ 比較ランキング! /

フォトブックおすすめランキング 【50%クーポン有】フォトブック23社を同じ写真で比較!おすすめランキング【2020年4月】

文字・コメントをレイアウトできるフォトブック

〈 ビスタプリント 〉 フルフラットフォトブック

七五三のフォトブック(ビスタプリント)

七五三のフォトブック

ビスタプリントのフォトブックは液体トナー印刷なので、一般の粉体トナーレーザープリンターを使用した4色印刷の製品と比較すると、写真画質がたいへんに優れています。

文字印刷においても、スミ文字と色文字のどちらでも読みやすいきれいな印刷です。

合紙綴じの上製本タイプ(ハードカバーの背表紙付き)なので、中央部に配置した文字が見えづらいこともありません。本文ページはすべて最少24ページから最大120ページまで2ページ単位で追加できます。

文字印刷にもこだわる人には、オフラインソフトの Vistaprint.jp Photo Books (Win/Mac両対応)をダウンロードしてPCにインストールすることをおすすめします。このソフトは、精密な編集機能を備えている上にマウスで直感的に操作できる手軽さを兼ね備えています。

フォントについて

ダウンロードソフトは、PCにインストールされているOS標準のすべてのフォントが使えます。
「オンライン編集」で使用できるフォントは

  • MS 明朝
  • MS ゴシック

の2種類だけです。

縦書きの文字入力について

文字枠への入力はすべて横書きです。縦書きの文字入力はできません。縦書きにしたい時は、一文字ずつ改行して縦書きにみせることができます。

背表紙タイトルについて

ビスタプリントで縦書きの背表紙タイトルをつける方法

ビスタプリントで縦書きの背表紙タイトルをつける方法

背表紙も横書きが基本ですが、背表紙の「ダブルクリックをすると入力できます」はクリックせずに、テキストの枠を別に作り一文字づつ改行し、背表紙に合わせて配置することで、縦書きの背表紙が作れます。背表紙タイトルだけでなく、シリーズ番号や制作者名なども好きな高さに書体を変えて自由にレイアウトすることができます。

〈 ビスタプリント 〉フルフラットフォトブックの詳細については、以下の記事もご覧ください。
ビスタプリントのフォトブックを作りました。
フルフラットタイプのフォトブックを比較しました。
レイアウト・編集が自由なフォトブックランキング

ビスタプリントの公式サイトはこちら

〈 フォトジュエル S 〉ハードカバー / ソフトカバー

フォトジュエル S レイフラット ハードカバーフォトジュエル Sのフォトブックは全品がキヤノンの超高性能な業務用7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 によってキヤノン純正の写真用紙に印刷されています。

極めて高画質で表現力に優れた印刷により、PP加工などの表面加工をしていなくてもたいへん美しい写真印刷です。

このように優れた印刷機で印刷されているフォトジュエルSのフォトブックは、写真だけでなく文字も鮮明できれいな印刷です。

フォントについて

フォトジュエル S レイフラット ハードカバー

フォトジュエル Sは、スマホアプリでも、パソコンソフト編集(ダウンロードソフト)でも、以下のフォントが使えます。

  • 平成丸ゴシック
  • 明朝
  • 平成角ゴシック
  • ハンディック
  • 丸にっき
  • シバ
  • 正隷書体
  • わりばし
  • 神楽
  • 古印体

また、パソコンソフト編集(ダウンロードソフト)の場合は、PCにインストールされているOS標準のすべてのフォントが使えます。

縦書きの文字入力について

文字枠への入力では、横書きだけでなく縦書きも選択できます。
縦書きモードで入力した半角文字は横書きになります。アルファベットや英数字も縦書きで表示したい場合は全角文字で入力してください。

背表紙タイトルについて

フォトジュエル S 背表紙タイトル

PCソフトの編集方法はページ編集とまったく同じです。背文字も本文に縦書き文字を入力するのと同じ手順でレイアウトできます。あらかじめ背表紙に文字枠が設置されている訳ではないので、自分でテキストを自由にレイアウトします。

フォトジュエルS 割引クーポン

初回限定50%オフ+
Amazonギフト券最大1,000円分
クーポンコードはこちら
有効期限:2020年3月31日

PhotoJewelSの公式サイトはこちら

〈 フォトレボ 〉プレミアム / ハードカバー / ソフトカバー

 

フォトレボで作成したフォトブック「バロン」七五三のフォトブックフォトレボのフォトブックも、本文ページはすべてキヤノンの超高性能な業務用7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 によってキヤノン純正の写真用紙「サテン」に印刷されています。(プレシャス300の商品は光沢紙)

長文の作品もきれいな文字印刷に。

フォントについて

フォトブックの編集には、完璧な自由編集ができる無料ダウンロードソフトの PhotoRevo を使用します。このソフトは直観的に操作しやすい手軽さがある反面、数値入力による精密なデザイン作業も可能という硬軟兼ね備えた優れものです。文字入力についても自由度が高く、パソコンにインストールされているフォントの内、言語モード「日本語」で表示できるすべてのフォントが使えます。

縦書きの文字入力について

PhotoRevo の編集画面(Mac)

縦書き文字を入力するときは、まず編集画面の上辺にあるツールバーの「テキストボックスの追加」ボタンをクリックすると、ページイメージに新規のテキストボックスが表示され、右側のスペースで「フォント」の設定メニューが有効になります。次いで、以下の手順で文字入力を行います。

  1. 日本語縦組の選択
    「フォント」設定メニューの下段にある「方向と整列」で「日本語縦組」を選択。
  2. フォント種類・サイズ・色の仮設定
    入力候補のフォントとそのサイズ・カラーを選択します。
  3. テキスト入力
    テキストボックスに文字を入力します。
  4. 位置調整とフォント・サイズ・色の変更
    必要があればテキストボックスの位置を調整し、フォントの種類・サイズ・カラーを変更します。

以上で縦書き文字の入力は完了です。注意すべき点は「日本語縦組」を選択することだけです。それ以外は標準的な横書き文字の入力手順と同じです。

背表紙タイトルについて

表紙の編集方法はページ編集とまったく同じです。下図のように、背文字も本文に縦書き文字を入力するのと同じ手順でレイアウトできます。

PhotoRevo 編集画面 背文字の入力方法(Windows)

従って、クロス張りのプレシャス300ノーブルを除くすべてのフォトブックで背文字を入れることができます。

ただし、注意点として、フォトレボのソフトカバーは最少ページ数が8ページで、そのときの本文用紙の枚数はわずか4枚です。ソフトカバーはハードカバーと違い、本文のボリュームによって背幅が決まりますから、かなり薄い冊子になってしまいます。ある程度のページ数がないと背幅が狭過ぎて、読みやすい大きさの文字入力がむずかしいでしょう。

フォトレボの公式サイトはこちら

〈 マイブック 〉 MyBook ART-HC / ART-SC / DX

 

マイブック ART-HC

【ハードカバー】マイブック ART-HC

 

マイブックの編集作業は、無料編集ソフトの MyBookEditor (Windows版/Mac版)をダウンロードし、PCにインストールして行います。デザインテンプレートを使って簡単に編集することもできますが、まったく白紙の状態から写真枠、文字枠、素材、背景色を一つひとつ貼り込んで、100%オリジナルの作品を自由にデザインすることも可能です。写真枠、文字枠、素材などの位置やサイズは、マウスだけでなく数値入力でも調節できますから、精密なデザインができます。

フォントについて

PCにインストールされているOS標準の和文書体と主要な欧文書体のほとんどが使えます。

縦書きの文字入力について

文字枠への入力では、横書きだけでなく縦書きも選択できます。
縦書きモードで入力した半角文字は横書きになります。アルファベットや英数字も縦書きで表示したい場合は全角文字で入力してください。

背表紙タイトルについて

横書きまたは縦書きが選択でき、挿入位置を縦(Y軸)・横(X軸)の数値入力で調節できます。
ソフトカバーの ART-SC で背表紙タイトルを入力できるのは、本文が40ページ以上の場合に限られます。

マイブックの公式サイトはこちら

〈 フジフォトアルバム 〉 オリジナルフォトブック

 

【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)

【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)

フジフォトアルバムのフォトブックは、富士フイルム・ミニラボシステムのフラッグシップ機 フロンティア LP5700R により、純正印画紙の フジカラー EVER-BEAUTY PAPER TYPE II for LASER で出力されます。

写真画質や暗所保存100年という耐久性の点ではたいへんに優秀な銀塩プリントですが、文字の輪郭が甘くなるため、文字印刷の美しさという点では、先に紹介してきた「高精細な印刷」のほうが勝っています。

フジフォトアルバムの製品に限ったことではありませんが、銀塩プリントのフォトブックはまとまった文字量の短文を小さめの文字で書き込むフォトブックには向いていません。

フジフォトアルバムのオリジナルフォトブックは、すべて銀塩プリントの合紙綴じで、ハードカバーの上製本タイプです。サイズによって以下の6アイテムがあり、本文ページ数は 8P / 12P / 24P / 36P / 48P から選べます。

フジフォトアルバムのオリジナルフォトブックは、サイトページ上のオンライン編集ソフトで編集作業を行います。ページテンプレートを使用することも、白紙の状態からフリーレイアウトで編集することもできます。ほとんどの作業はマウスで行いますが、写真枠・文字枠などの位置の微調整を移動ボタンの操作で行うこともでき、精密な編集作業が可能です。

フォントについて

PCにインストールされているOS標準のすべての書体が使えます。

縦書きの文字入力について

文字枠への入力は横書きが基本です。縦書きの文字入力は背表紙タイトル以外ではできません。

背表紙タイトルについて

背表紙タイトルはツールメニューの「タイトル」ボタンを押して入力します。全角文字が縦書きで入り、半角文字は横書きで入ります。貼り込み位置(高さ)の調整は、スペースを適宜に挿入することで可能です。

フジフォトアルバムの公式サイトはこちら