フォトブックの仕上げ加工の違いを比較(ラミネート加工・ニス加工)

フォトブックの仕上げ加工の違いを比較(ラミネート加工・ニス加工)

画像:マイブック

目次

フォトブックの仕上げ加工とは?

フォトブックサイトで「仕上げ加工」とか単に「仕上げ」と呼ばれているのは、表紙と本文ページの表面に施されるラミネート加工ニス加工のことです。

ラミネート加工、ニス加工のような印刷紙の表面加工は、印刷を保護することが第一目的です。また、加工によって印刷紙の表面が均一で滑らかな質感をもつことから、その二次的な効果として、上質感とか高級感といった良い印象を生み出します。

ただし、光沢紙、マット紙のような印刷紙自体の特性の違いは画質に大きく影響しますが、仕上げ加工が印刷画質を変化させることはありません。仕上げ加工の見た目の影響は、あくまでも写真やフォトブックの雰囲気といった印象の変化に限られます。

仕上げ加工の種類(1) ラミネート加工

ラミネート加工とは、各種素材のシートやフィルムを製品の表面に貼り付けたり、異なる素材を貼り合わせて1枚の素材にする加工のことです。さまざまな工業製品に応用されていて、加工に使う素材としてはナイロン、ポリエステル、アルミ箔などもありますが、印刷紙の表面加工としてはポリプロピレン(略称 PP)のフィルムを使うものが主流であり、素材名を冠した PP加工という呼称が一般的です。

フォトブックのラミネート加工も一般に PP加工です。厚さ20~30μ(0.02~0.03mm)ほどの極薄フィルムを印刷後の用紙の表面に貼り付けます。

フィルムの材質によってクリアPP加工(光沢)とマットPP加工(つや消し)の2種類があります。

※ 参考までに、ポスターや飲食店メニューなどの PP加工は 100~250μ(0.1~0.25mm)程度です。
※ 1μ(ミクロン)は千分の1mmです。

PP加工の特性
  • 印刷紙の水濡れ、染み汚れ、色落ち、摩耗などを防ぐ保護効果があります。
  • 印刷画質は変化しませんが、印刷面の美観を高め、上質感や高級感を与えます。
  • クリアPP加工は光沢があって華やかな印象になり、マットPP加工は輝きが抑えられて落ち着いた上品な写真になります。

ポリプロピレンとは?
ポリプロピレンは、石油精製の副産物として生産される樹脂の一種です。比重が小さく軽い素材ですが、シート、フィルムや成形加工したものは引張り力や摩擦に対する強度が高く、耐薬品性にも優れていることから、多彩な工業製品に利用されています。

仕上げ加工の種類(2) ニス加工

印刷した用紙の表面に塗料のニスを塗布する加工です。使用するニスは一般的に、化学合成の樹脂を有機溶剤に溶いたものですが、木工用のニスのように強い刺激臭はありません。光に反応する硬化剤が含まれていて、印刷紙に塗布して UV(紫外線)を照射すると急速に硬化します。

フォトブックに用いられているニス加工には、ニス本来の透明感と光沢があるグロスニス加工のほか、透明度の低い塗料を混合したつや消しのマットニス加工があります。

ニス加工の特性
  • PP加工ほどの強度や耐久性はありませんが、撥水性や防汚効果が期待できます。
  • 印刷画質に変化は与えませんが、印刷面の美観を高め、高級感を与えます。ただし、グロスニス加工でもクリアPP加工ほど強い光沢はなく、加工による印象の変化も限定的です。

仕上げ加工が選べるフォトブック

光沢のある写真にするか、マットな写真にするかということは、フォトブック作品の完成度や満足度を左右するたいせつな検討事項です。ここで紹介するマイブックドリームページのフォトブックは、無料オプションとして仕上げ加工を自由に選ぶことができます。

自分の作りたい作品にふさわしい仕上げ加工を選べることは、たいへん素晴らしいサービスです。

〈 マイブック 〉ART-HC / ART-SC / シンプル

マイブックの仕上げ加工

マイブックのこの3種類のフォトブックは、表紙仕上げがいずれもラミネート加工-光沢(=クリアPP加工)に固定されています。

マイブックの表紙 ラミネート加工-光沢

光沢でもマットでもラミネートの保護機能に差はないと思いますが、印刷面のグレード感を高めるためには光沢が欠かせないという判断なのでしょう。

一方、本文仕上げはラミネート加工-光沢ラミネート加工-つや消し(=マットPP加工)、ニス加工(グロスニス加工)の中から指定することができます。

なお、マイブックのその他のフォトブック(DXMINI)は、表紙仕上げ、本文仕上げともに既定のものに固定されていて、ユーザーが自由に選ぶことはできません。

〈マイブック〉フォトブックの表紙仕上げ・本文仕上げ

種類表紙仕上げ本文仕上げ
ART-HC固定(光沢)選択(光沢/つや消し/ニス)
ART-SC固定(光沢)選択(光沢/つや消し/ニス)
DX固定(光沢)固定(ニス)
シンプル固定(光沢)選択(光沢/つや消し)
MINI固定(光沢)固定(ニス)

参考までに、マイブック・ホームページの「マイブックの仕様」にある3種類の本文仕上げに関する説明文をそのまま紹介します。

ラミネート加工(光沢)
表面に光沢を与え、耐久性もアップ!マイブックの表紙でも使用している加工方法です。ラミネート加工(つや消し)
表面の光沢を抑え、高級感を演出!やわらかい仕上がりが特徴です。ニス加工
紙や印刷の質感を残した仕上がりです。色合いをより引き立てます。

※ 枠内の文言はすべて原文のままで記載しています。

マイブックの公式サイトはこちら

〈 ドリームページ 〉
フォトブック / 簡単作成フォトブック / デザインブック

ドリームページは、この3種類・13アイテムのフォトブックで、グロスマットナチュラルという3種類の仕上がりを選択することができます。

ドリームページ 表面加工の選択

ドリームページの3種類の仕上がり

なお、その他のスマホ対応3アイテムと500円フォトブック簡単作成500円フォトブックの合計5アイテムは、1種類の仕上げ加工(表紙のみ)が既定となっています。

〈ドリームページ〉3種類の仕上がりを選択できるフォトブック

フォトブックの種類アイテム
フォトブックA6タテ / A5タテ / A4タテ / 260スクエア
簡単作成フォトブックA6タテ / A5タテ/ A4タテ
デザインブックmoyouシリーズVol.1 / デザインブックBaby & Kids /
Wedding レース / Wedding シック / Wedding 和 / 卒園アルバム

ドリームページで選択できる3種類の仕上がりは、表紙がすべて PP加工です。本文は「グロス」と「マット」がニス加工、「ナチュラル」は加工なし書籍用紙です。

グロス」を選択すると光沢のある鮮やかなイメージのフォトブックになり、「マット」は上品で落ち着いた印象になります。「ナチュラル」は写真印刷に向かない黄みがかった書籍用紙ですから、色が沈んだ素朴な風合いの写真になると思われます。

〈ドリームページ〉「グロス」「マット」「ナチュラル」の仕上げ加工

仕上がり表紙の仕上げ加工本文の仕上げ加工
グロスグロスラミネート加工グロスニス加工
マットマットラミネート加工マットニス加工
ナチュラルマットラミネート加工加工なし


ドリームページの公式サイトはこちら

仕上げ加工が選べない高画質なフォトブック

マイブックやドリームページのように仕上げ加工が選択できるサイトは少数派です。各社フォトブックのほとんどは、表紙・本文ページの仕上げ加工がすべて既定であり、自由に選択することはできません。ここでは、その中でも高画質なフォトブックを例にとって、固定されている仕上げ加工の現状を紹介します。

〈 ビスタプリント 〉フォトブック 全アイテム

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュとフルフラットフォトブックの画質を比較

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュとフルフラットフォトブックの画質を比較

上製本タイプの写真集にふさわしい光沢のある表紙

ビスタプリント 表紙の加工

ビスタプリント 表紙の加工

ビスタプリントの「フルフラットフォトブック」は、全サイズがハードカバー・本文合紙綴じのフルフラットタイプです。高級感のある上製本タイプのフォトブックであり、表紙にも高画質な写真印刷をする装丁デザインですから、表紙仕上げとしては、印刷の保護目的だけでなくグレード感が出るクリアPP加工が施されています。

本文ページは仕上げ加工なし

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュとフルフラットフォトブックの画質を比較

ビスタプリント リング式フォトブックコラージュとフルフラットフォトブック

本文ページは半光沢紙くらいのコート紙です(リング式フォトブックには「厚手のコート紙」と記載があります)。

ビスタプリント公式ホームページの「フルフラットフォトブック(フォトブック)」のページには「マット仕上げ」と記載がありますが、仕上げ加工はしていないそうです。以下は仕上げ加工の有無についてビスタプリントカスタマーサービスの回答です。

弊社では特にニス加工やマットPP加工は施しておらず通常印刷でのお届けとなります。

実物はマイブックの「ニス加工」くらいの光沢があります。

従来ビジネスニーズを重視してきたビスタプリントは、多目的な汎用タイプの製品としてフォトブックを開発したと思われますので、ある程度鮮やかな発色性を得るためにこのような用紙を使用し、コストカットのために仕上げ加工は無用と判断したのでしょう。ビスタプリントのフォトブックはリーズナブルなプライスが大きな魅力ですが、本文が無加工であることはそのための至極当然な結果と推察されます。

表面加工が無いからといって印刷耐久性が悪いとは一概に言えません。

ただし、表面加工が無いからといって印刷耐久性が悪いとは一概に言えません。ビスタプリントのフォトブックは、消しゴム30回テストでも剥げにくい印刷でした。損傷の具合もマイブックの「ニス加工」に近いです。
参考:丈夫なフォトブックを調査。消しゴムを30回かけて印刷の耐久性を比較しました。


ビスタプリントの公式サイトはこちら

〈 フォトレボ 〉フォトブック 全アイテム

フォトレボ5種のフォトブックを比較

フォトレボ5種のフォトブックを比較

フォトレボには「プレミアム」、「ハードカバー」、「ソフトカバー」の3種類、合計11アイテムのフォトブックがあります。

〈フォトレボ〉表紙・本文の用紙と仕上げ加工

アイテム表紙〈用紙+仕上げ加工〉本文〈用紙〉
プレミアム ノーブル(クロス表紙/写真貼り込み)サテン
プレミアム プレシャス300(クロス表紙/箔押し)グロッシー
プレミアム カノングロッシー + クリアPP加工サテン
ハードカバー A5パノラマコート紙 + マットPP加工サテン
ハードカバー A5バーチカルコート紙 + マットPP加工サテン
ハードカバー Mコート紙 + マットPP加工サテン
ハードカバー A4Hコート紙 + マットPP加工サテン
ソフトカバー A5パノラマコート紙 + クリアPP加工サテン
ソフトカバー A5バーチカルコート紙 + クリアPP加工サテン
ソフトカバー A4Hパノラマグロッシー + クリアPP加工サテン
ソフトカバー A4Hバーチカルグロッシー + クリアPP加工サテン

本文ページは仕上げ加工なし

クロス表紙のノーブルプレシャス300を除き、すべての表紙には印刷面を保護するための PP加工が施されています。一方、本文ページは、どのアイテムにも仕上げ加工が施されていません。以下は仕上げ加工の有無についてフォトレボカスタマーサービスの回答です。

表紙にはマットPPが貼られておりますが、本文用紙に仕上げ加工はございません。サテン紙に印刷し、そのまま製本しております。

※ アイテム名の「A4H」は、A4判よりひと回り小さい変形サイズという意味です。

ソフトカバー表紙には光沢加工、ハードカバー表紙にはマット加工。

フォトレボの表紙の仕上げ加工は、カノンを含むソフトカバーにはクリアPP加工、ハードカバーにはマットPP加工と明確に区別している点が特徴的です。光沢紙・マット紙という用紙の特性に関係なく、クリアPP加工をすると光沢のある印刷面になり、マットPP加工ならつや消しの印刷面になります。(※発色や諧調性などの画質は、印刷機と用紙の特性に依存します。)

「ソフトカバー」の4アイテムや「プレミアム」のカノンはパンフレットと同じ並製本ですから、高品質なグレード感を出すためには光沢のある表紙が必要不可欠なのだと思われます。一方、「ハードカバー」は上製本タイプであり、もとより高級感のある装丁です。印刷イメージが上品で落ち着いた印象になるつや消しタイプの方が広汎なニーズに応えることができ、汎用のフォトブックにはふさわしいのでしょう。

本文ページは画質と耐久性にすぐれたキヤノン純正用紙。

フォトレボの本文ページは、すべてキヤノンの超高画質な業務用7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 によって印刷されています。上掲の表中にあるグロッシーサテンという用紙が、キヤノン純正の専用写真用紙です。

グロッシーは光沢紙で色再現性にとりわけ優れ、高品位のオフセット印刷でも表現できない色の深みと鮮やかさが特徴的。

フォトレボ「プレシャス300」 本文ページ(グロッシー)

サテンは半光沢紙なので落ち着いた色調になります。どちらも共通した特長として、極めて滑らかな美しいグラデーションを描き出します。
【ハードカバー】フォトレボ

【ハードカバー】フォトレボ(用紙はサテン)

また、DreamLabo 5000 による純正用紙への印刷は、画像保存性(退色しにくい性質)の点でも非常に優れています。評価テストでは、アルバム保存(空気を遮断した暗所保存)が約300年という驚異的な結果が報告されています。このような DreamLabo 5000 で印刷された本文ページには、印刷の保護と印象の向上を目的とした仕上げ加工は必要ありません。

※ 画像保存性の年数は、退色の程度が基準値に達する時間を理論的に算出した推定値です。

フォトレボは表面加工が無くてもほぼ印刷が剥げない耐久性

フォトレボのフォトブックは、消しゴム30回テストでもとても剥げにくい印刷でした。マイブックの「ニス加工」よりも高い耐久性です。
参考:丈夫なフォトブックを調査。消しゴムを30回かけて印刷の耐久性を比較しました。

フォトレボの公式サイトはこちら

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. 画像:マイブック フォトブックの仕上げ加工とは? フォトブックサイトで「仕上げ加工」…
  2. ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ
    ビスタプリントのリング式フォトブック コラージュ 192 x 140mm を作りました。 […
  3. アルバス(ALBUS)アプリ
    アルバスの「ましかく」銀塩プリントと専用アルバム ALBUSBOOK アルバスは高画質な銀塩プリン…
  4. 綴じ方(装丁)の違いを比較
    現在、フォトブックの製本では、本文ページの綴じ方として主に5種類(糸綴じ/無線綴じ/リング綴じ/合紙…
  5. フォトレボの姉妹サイト「アイプリ」から。 高画質なスマホ対応・かんたんフォトブックを作りました。 …
  6. ドリームページのフォトブックは、DNP の技術の結晶。 ドリームページは、DNP(大日本印刷)…
  7. Instantbook(インスタントブック)を作りました。 [caption id="attach…
  8. ドリームページ  ましかくフォトブックS
    〈ドリームページ〉ましかくフォトブック Sサイズを作りました。 [caption id="atta…

ピックアップ記事

  1. 七五三のフォトブック(ビスタプリント)

    七五三のフォトブックを自作しました。値段/画質/テンプレートの比較

    七五三のアルバムは、フォトブックで自作できます。 [gallery columns="2" ids…
  2. プレゼント

    プレゼントにおすすめなフォトブック【両親・祖父母・友人へ】

    親しい人へのプレゼントに最適なフォトブックの選び方 フォトブック利用者の最近のトレンドとして目立つ…
ページ上部へ戻る