フォトブックマニアの読者様限定!ビスタプリント半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

オートアルバムで写真整理!マイブックとの違いは?口コミ・評判

「オートアルバム」はマイブックの姉妹サイトです。

アスカネットのオートアルバムは、ストックフォトアルバムに最適なフォトブックです。しかし、プロカメラマンや写真愛好家の人たちでなくても、通常の写真アルバムとして活用できます。

大量の写真でも手間と時間をかけずに簡単に編集できるよう、全ページの写真フレームのサイズを統一して均等配列した固定レイアウトと、撮影日時データに基づく写真の自動配置が特徴的です。

オートアルバムの公式サイトはこちら

オートアルバムのフォトブック一覧表

オートアルバムのフォトブックの仕様を一覧表にまとめました。
アイテム A4横長タイプ
・ハードカバー
・ソフトカバー
A4縦長タイプ
・ハードカバー
・ソフトカバー
A5横長タイプ
・ハードカバー
・ソフトカバー
A5縦長タイプ
・ハードカバー
・ソフトカバー

見開き画像
(公式サイトより)

サイズ
縦x横x背幅
[ハードカバー]
214 x 292 x 11 mm
[ソフトカバー]
208 x 285 x 2~7 mm
[ハードカバー]
292 x 214 x 11 mm
[ソフトカバー]
285 x 208 x 2~7 mm
[ハードカバー]
150 x 214 x 11 mm
[ソフトカバー]
143 x 208 x 2~7 mm
[ハードカバー]
214 x 150 x 11 mm
[ソフトカバー]
208 x 143 x 2~7 mm
ページ数
税込価格
[ハードカバー]
8P:1,620 ~ 100P:6,091
[ソフトカバー]
8P:1,404 ~ 100P:5,875
※2Pずつ増減 
[ハードカバー]
8P:1,274 ~ 100P:3,618
[ソフトカバー]
8P:1,166 ~ 100P:3,510
※2Pずつ増減 
収納できる
写真枚数
最大1,600 最大800 最大900 最大800
製本 マイブック ソフトカバー
[ハードカバー] 上製本・無線綴じ       [ソフトカバー] 並製本・無線綴じ
※写真はマイブックの ART-HC、ART-SC。製本品質は同等です。
印刷 マイブック(4色印刷)マイブック(4色印刷)の画質
4色液体トナー・網点印刷
※写真はマイブックの本文ページ。印刷品質は同等です。
表面加工 本文ページ: UVニス加工
編集方法 Web上の編集ページで1ページ当たりの写真枚数を選択し、写真を自動配列、手動編集。
オプション データDVD:432円(税込)
配送方法
送料
宅急便:540円(税込)
ゆうメール:198円(税込)
※ゆうメールはA5サイズ・8P ~ 48Pの注文に限定。
発送日 注文日の2営業日後に発送(土日祝日を除く)

オートアルバムの公式サイトはこちら

【2019年】フォトブックおすすめランキング

オートアルバム:フォトブックマニアの口コミ

オートアルバムをチェックして気づいた「おすすめポイント」と「残念ポイント」です。

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • マイブックと同じ液体トナーの網点印刷で写真がとてもきれい。
  • 自動配置が可能でたくさんのストック写真も素早く編集できる。
  • 撮影日付のあるアルバムが作れる。
  • 発送が迅速で、注文日の2営業日後に発送。
  • 配送が宅急便の場合は、最短で注文日の翌営業日に発送。

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • タイトル、コメントなどの文字入力ができない。(→文字入力が自由なフォトブック
  • 全ページが単一のレイアウトになる。(→編集が自由なフォトブック
  • 横長の写真フレームでは縦長写真が自動的に横位置になる。
    (※通常の写真アルバムを作る場合は縦位置に変更しなければならない。しかし、
    ストックフォトはサイズを小さくするべきではないので横位置のままでよい。)
  • 宅急便の配達時間帯指定ができない。
    (※ヤマト運輸のクロネコメンバーズに登録すれば時間帯指定が可能。)
オートアルバムはマイブックと同じ画質の高品質フォトブックです。

オートアルバムの公式サイトはこちら

オートアルバムの印刷画質

オートアルバム ハードカバー オートアルバム公式サイトより

オートアルバム ハードカバー オートアルバム公式サイトより

オートアルバム ソフトカバー オートアルバム公式サイトより

オートアルバム ソフトカバー オートアルバム公式サイトより

オートアルバムは、マイブックの4色印刷のフォトブックと同様に4色液体トナーを使用する網点印刷機(レーザープリンター)で印刷されています。

写真印刷に適した印刷機ですから、色再現性、諧調性にすぐれ、きれいな写真ページを仕上げることができます。

この写真はマイブックの4色印刷のフォトブックですが、オートアルバムの基本的な印刷画質はこの写真と同じです。

ただし、マイブックは表面加工が選べますので、加工によって見た目の光沢は変わる場合があります。

本文ページの表面加工はUVニス加工

マイブック ニス加工

これはマイブックのニス加工です。オートアルバムにこのテンプレートはありません。

オートアルバムの本文ページにはUVニス加工がほどこされていますが、つやありのUVニスを使用しているらしく、比較的に強い光沢が見られます。

ストックフォトアルバムとして使用するときに写真の発色を鮮明にするための配慮なのでしょう。

オートアルバムの製本品質

上の写真はマイブックの4色印刷のフォトブックですが、オートアルバムのハードカバーもソフトカバーも、製本品質はマイブックと変わりません

ただし、ソフトカバーの本文用紙か表紙は、マイブックよりも若干薄めかもしれません。(未確認)
同じページ数でもマイブックより背幅が狭く記載されていました。

マイブックの背幅は、本文ニス加工の場合:2 ~ 8mm(他の加工は2mm ~ 10mm)
オートアルバムはすべて本文ニス加工ですが背幅は、2mm~7mm と記載があり、マイブックのニス加工フォトブックより1mm狭いです。

オートアルバムのページレイアウト

オートアルバムは、大量の写真でも手間と時間をかけずに簡単に作れる利便性を追求したフォトブックです。

そのため、全ページの写真フレームのサイズを統一して均等配置にした単純なページレイアウトしかありません。

この固定レイアウトと撮影日時データに基づく自動配置によって、大量のストック写真も簡単に編集することができます。

ページレイアウトは各ブックタイプ4種類ずつ

ブックタイプ ページ写真枚数 最大写真枚数
( 100Pのとき)
写真フレームの形
A4横長タイプ 1枚、4枚、9枚、16枚 1,600枚 すべて横長
A4縦長タイプ 1枚、2枚、3枚、8枚 800枚 1枚のとき縦長、他は横長
A5横長タイプ 1枚、2枚、4枚、9枚 900枚 2枚のとき縦長、他は横長
A5縦長タイプ 1枚、2枚、3枚、8枚 800枚 1枚のとき縦長、他は横長

背景色は「白」・「黒」の2種類、写真の縁取りも「あり」・「なし」から選択できます。

選択したレイアウト、背景色、縁取りはすべてのページに適用されます。変更するときは全ページ一括の変更となり、ページ単位で変更することはできません。

なお、写真フレームの縦横比率はブックタイプと写真枚数によって異なりますが、いずれも用紙の縦横比率に近い値になっています。アスペクト比 4:3 で撮影した写真がもっともレイアウトしやすいフレームです。

オートアルバムの表紙デザイン一覧

表紙デザインは以下の33点から選択できます。タイトル文字は入力できません。

オートアルバムの表紙デザイン

オートアルバムの表紙デザイン

オートアルバムの表紙デザイン

オートアルバムの表紙デザイン

オートアルバムの編集方法

使用する写真の選択

フォトブックの選択

1ページの写真枚数の選択

表紙デザインの選択

選択した写真のアップロード

アップロードの進行表示

プレビュー画面

アルバム編集画面

オートアルバムのマイブックとの違い

オートアルバムのフォトブックと同じタイプのマイブック ART-HCART-SC とを比べると、以下の点が異なります。

相違点 オートアルバム
マイブックで作成したフォトブック

マイブックで作成したフォトブック

マイブック ART-HC / SC
表紙 ・既製デザインを選択
・タイトルなどの文字入力はできない
・写真表紙は作れない
自由にデザインできる
・タイトルを自由にレイアウトできる
・写真表紙を作れる
本文ページ ・本文ページの表面加工はUVニス加工のみ
・写真は固定レイアウト
・背景色と写真の縁取りを選べる
本文ページの表面加工を3種類から選択できる
・写真を自由にレイアウトできる
・各種のデザイン要素を自由に設定できる
編集方法 ・固定レイアウトに写真を自動配置
・Web上の編集ページで編集

自由編集またはデザインテンプレート
・専用編集ソフトをインストールする
・自動配置ができるのは「マイブックシンプル」のみ

発送日 ・注文日の翌営業日または2営業日後 ・注文日の6営業日後
公式サイト 公式サイト

オートアルバムのフォトブックまとめ

オートアルバムは、撮りだめた写真をカタログ化して選びやすくするためのストックフォトアルバムに最適なフォトブックです。

シンプルなところがかえってクールなデザイン性を感じさせますが、一般的なフォトブックとしての利用法としては、通常の写真アルバムの代用品として利用するイメージです。