当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

チェキのプリントが暗くなる!解決法は?

チェキのプリントが暗くなる原因

室内の光量が足りない

部屋はできるだけ明るくしてください。室内でチェキを撮影する際は、光量が十分にあることが重要です。晴れた日にカーテンを開けた窓際で撮影したり、照明などの光源を増やしましょう。

白い服を着ている

白い服を着ていると、顔が暗く写ることがあります。これは、カメラが写真全体の明るさを一定に保つために、自動的に露出を調節するからです。濃い色の服を着ると、顔が相対的に明るく写ります。濃い色の服を選ぶと良いでしょう。

背景が白い

白い背景も、服が白いときと同様の理由で、顔が暗く写る原因になります。壁紙が暗めの場所で撮影するか、屋外で撮影すると良いでしょう。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2024年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2024年2月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【30%OFFクーポン有】

暗くプリントされてしまったチェキを明るくする方法

アナログタイプのチェキの場合

アナログチェキでプリントして暗くなってしまった写真を明るくするには、以下の方法をお試しください。

(1)スキャニングしてデジタルデータに変換する

コンビニに設置されているマルチプリンターを利用してスキャンし、データ化することが可能です。スキャナー機能を備えており、チェキ写真をスキャンしてデジタルデータに変換することができます。例えばセブンイレブンのマルチコピー機でスキャニングした場合、スキャニング利用料金は30円です。

なお、画質が落ちる場合もありますが、スマホを使用して自宅でスキャンする方法もあります。
例えば、「Googleフォトスキャン」アプリを使えば、簡単にスキャニングできます。

(2画像の明るさを調整する

  • スキャンした写真は、アプリや画像編集ソフトを使用して明るさを調整します。これにより、元の暗い写真よりも明るい画像を作成できます。
    例えばiPhoneの場合の明るさ調整方法はこちら→iPhone ユーザーズガイド

(3)再プリントする

富士フイルム ハーフサイズプリント 下フチ 装飾

富士フイルム ハーフサイズプリント 下フチ 装飾

「アナログ」タイプのチェキは、データを直接送信して再度プリントすることはできないため、写真プリントサービスで再プリントするのが良いでしょう。

ネット注文なら、富士フイルムでチェキ風の「ハーフサイズプリント 下フチ」が1枚59円でプリントできます。

コンビニなら、L判写真がプリントできます。L判はチェキを横に2枚並べたときのサイズに近いため、L判を2分割してプリントするのがおすすめです。

→チェキのアナログタイプの詳細は公式サイトへ

ハイブリッドタイプのチェキやチェキプリンターの場合

ハイブリッドタイプのチェキの場合、撮影したデータを直接操作して再度プリントができます。例えば「instax mini Evo」の場合は、「プリント明るさ設定」で、[× 1.0(標準)]、[× 1.5(やや明るい)]または[× 2.0(明 るい)]を設定できます。
intax mini Evo マニュアル:明るさ設定のページ

また、スマートフォンアプリ連携で、スマートフォンから明るさを調整し、再度プリントすることも可能です。
intax mini Evo マニュアル:スマートフォン連携のページ

もちろんネット注文や、コンビニのプリントサービスを利用することも可能です。

→チェキのハイブフリッドタイプの詳細は公式サイトへ

チェキの機種による明るさの違い

タイプ ハイブリッドカメラ アナログカメラ プリンター
機種  instax mini 
LiPlay
instax mini Evo instax mini 12
instax mini 40
instax rink2
モード 標準モード intax-natural
モード
       
intax-Rich
モード
       
セルフィーモード
あり
セルフィーモード
なし
intax-natural
モード
       
intax-Rich
モード

参考画質
同じデータ
参考画質
実機撮影

チェキカメラの選択において、明るさの調整の観点から見ると、アナログタイプとハイブリッドタイプでは大きな違いがあります。

アナログタイプのチェキカメラは、シンプルな操作性が特徴です。シャッターボタンを押すとすぐにプリントが出力される点は魅力的ですが、撮影後の画質調整やデータ保存ができません
アナログカメラのプリントは、環境光に大きく影響されるため、明るい場所では白飛びしやすく、逆に暗い場所では写真が暗く仕上がることがあります。このため、撮影環境に応じて、適切な光量を確保することが重要です。

ハイブリッドタイプのチェキカメラは、デジタル技術を取り入れたもので、撮影データの保存やスマートフォンとの連携が可能です。これにより、撮影後に画質を調整することができ、明るさの調節が簡単に行えます。

ハイブリッドカメラでは、背面のウィンドウで写真のプレビューが可能であり、アナログタイプのファインダーを通しての撮影と比べて、明るさをより具体的にイメージしながら、理想的な写真を撮ることが容易になります。

明るさの調整の観点からは、ハイブリッドタイプの方が柔軟性が高く、さまざまなシーンに適応できます。一方、アナログタイプはその即時性とシンプルさが魅力です。どちらを選ぶかは、使用目的や好みによりますが、明るさや画質の調整を重視するならば、ハイブリッドタイプがおすすめです。

→チェキの詳細は公式サイトへ

まとめ

「チェキのプリントが暗くなる問題」は、撮影環境やカメラの種類によって生じることがあります。
アナログタイプでは撮影後の調整ができないため、環境を整えた撮影が重要です。
一方、ハイブリッドタイプでは撮影後の画質調整が可能で、プリント前に明るさを調節できます。暗くなってしまったプリントは、スキャニングしてデジタルデータに変換し、画像編集ソフトで明るさを調整してから再プリントすることも検討してみてください。