半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

写真をデータ化してフォトブックを作る方法!(プリント済の写真・ネガ・ポラロイド等)

フォトブックサービスは、デジカメやスマホの普及とともに成長してきた業態であるため、デジタル入稿(写真原稿として画像ファイルを入稿すること)が大原則となっています。

アナログ写真のデジタル化サービスを行っている会社はたくさんありますが、フィルムやプリント写真をそのまま原稿としているフォトブックサイトはほぼありません。

フォトブックの業者は、いずれもデジタル画像(JPEG、PNG等)をオンデマンド印刷または銀塩プリントする業務システムを構築しています。従って、フォトブックの写真原稿はすべてデータ化されたデジタル画像でなければなりません。
プリント写真やネガフィルム・ポジフィルムからフォトブックを制作する場合は、それらの画像をデータ化(デジタル画像に変換)します。

 

このページでは、現像済みの写真からフォトブックを作る方法を解説します。

現像/プリント写真・ネガ・ポラロイド等をデータ化する方法

プリント写真からフォトブックを作る

プリント写真からフォトブックを作る

プリント写真をデータ化する方法は主に4つあります

  • コンビニのスキャナーでデータ化する
  • スキャナーアプリでデータ化する
  • カメラ屋でデータ化してもらう
  • スキャナーを購入してデータ化する

スキャナで読み取った画像データは、JPEGのデジタル画像として保存します。

まだ見てなかったら見てね!マニアが選ぶ2020年もっともおすすめなフォトブックは…

フォトブックおすすめランキング 【50%クーポン有】フォトブック23社を同じ写真で比較!おすすめランキング【2020年7月】

コンビニのコピー機でもデータ化できる

コンビニでスキャニング

コンビニでスキャニング

セブンイレブンのスキャニング利用料金

1回30円
(サイズは関係なく1回30円なので、A3サイズでスキャニングし、パソコンの画像編集ソフト(ペイントなど)でトリミングすれば、30円で複数枚のスキャニングができます。)
※各種サービス料金は電子マネー「nanaco」でもお支払いいただけます。

プリント写真やフィルムのデータ化は、スキャナさえあれば簡単にできる作業ですが、
スキャナを購入してもあまり使う機会がない人、所有しているプリントの数が少ない人は、コンビニのコピー機でも簡単にスキャニングすることができます。

スマホの無料アプリでもデータ化できる

コンビニに行くのは面倒!スキャナーは購入したくない!そんな場合は、以下のような無料アプリで簡易スキャニングが可能です。

無料アプリでスキャニングしたデジタル画像は、スマートフォン対応のフォトブックサイトでそのままフォトブックに印刷が可能です。

スマートフォン対応のフォトブックサイトはこちら

ネガフィルムやポジフィルムの場合はカメラ屋へ

ネガフィルムやポジフィルムの場合は、フィルム用光源ユニットを搭載したスキャナで読み取り、同様の処理をして画像データとして保存する必要があります。お近くのカメラ屋(ビックカメラなど)に「ネガやポジフィルムをデータ化してくれるか?料金は?」を問い合わせしましょう。

スキャナーを買っちゃう

スキャナーは1台あるとなにかと便利です。1万前後で購入できます。

たくさんの写真をスキャニングしたい場合、1度に複数の写真を並べてスキャニングしても、1枚1枚バラバラにスキャニングして別画像として保存してくれるスキャナーもあります。

データ化するサイズは?

フォトブックの印刷に最適な画像サイズ・解像度・画素数は?

写真をデータ化する際は、画像の解像度が水平方向・垂直方向ともに、一般的に最低 300dpi 必要です。

データ化した後はどうする?

 

写真のデータ化ができたら、フォトブックサイトで印刷しましょう。

おすすめのフォトブックサイトは、フォトブック総合おすすめランキングを参考に。

なお、トリミングやフレームなどは、フォトブックの編集ソフトで可能ですが、ビスタプリントなどの自由編集ができるフォトブックサイトなら、見開きにフリーにレイアウトできますので、コンビニのスキャナーに複数枚並べてスキャニングした写真画像を、そのままフォトブックの1ページにしてしまうことだって出来ます。

まとめ

簡単・手軽にデータ化したいなら、データ化アプリを使っても良いが、仕上がりはスキャナーでスキャニングの方がおすすめ。

クオリティ重視ならカメラ屋でスキャニング、

手軽に短時間ならコンビニでスキャニング、

大量の枚数ならこのさいスキャナーを買ってしまおう。