半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

綺麗なネップリのやり方!コンビニ4社を同じイラストで画質比較!セブン・ローソン・ファミマ・ミニストップ

以前、人物写真でコンビニプリント4社8店舗を比較をしましたが、
今回はネップリ配布者向けに、同じイラストのデータでプリントし、画質・色味を比較してみました。

また、それぞれのコンビニでより元画像の色味に近くプリントできる色調整も考えてみましたので、自作イラストを描いてネップリを配布している方にご参考にしていただければ幸いです。

なお、イラスト集(本)を作ってみたい方は以下の記事もご参考に

イラストではなく写真をネップリ配布している方は、写真で比較した以下の記事もご参考下さい

ネップリとは?

ネップリとは、主に「ネットから送信した写真やイラストなどの画像を、コンビニのマルチコピー機でプリントするサービス」ことを指しています。

パソコン・タブレットで描いたイラストや、アイドルのコラージュ写真、スマートフォンに保存してある写真などの画像データをウェブブラウザやアプリから送信して、近くのコンビニでプリントすることができます。

このサービスをコンビニ各社では、

  • セブンイレブンは「ネットプリント
  • ローソン・ファミリーマートは「ネットワークプリント
  • ミニストップは「ネットワークプリント(登録アプリ名は「おきがるプリント」または「おきがる写真プリント」)」

としています。

ネップリに画像を登録すると「予約番号(ユーザー番号」がもらえます。

「予約番号(ユーザー番号)」がわかれば誰でも自分の登録したイラスト・画像をプリントすることができますので、番号をTwitter等のSNSで配信し、同じ趣味の方に自由に印刷してもらう用途によく使われています。

もちろん、自分で用意したイラストや写真を自分だけでプリントすることも可能です。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2021年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2021年9月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

ネップリのやり方

ネップリ配布者の利用方法(番号取得方法)と、
ネップリをプリントしたい人のプリント方法を簡単に説明いたします。

ネップリ配布者のやり方(イラスト等の登録)

ネップリ配布者は、パソコン・スマホ・タブレットなどから、ネップリ配布したいイラストや画像を登録し、予約番号(ユーザー番号)を取得します。

登録方法はウェブブラウザ(ウェブサイト)スマホアプリになり、各コンビニによって変わります。セブン・ローソン・ファミリーマートは、LINEのお友達登録でも画像登録が可能なので簡単です。

登録はすべて無料なので、お金はかかりません。

セブンイレブンでネップリ登録する方法
ローソンでネップリ登録する方法
ファミリーマートでネップリ登録する方法
ミニストップでネップリ登録する方法

 

ネップリをプリントする人のやり方(イラスト等のプリント)

ネップリをプリントする人は、ネップリ配布者のお知らせする「番号」をメモして、コンビニに行きます。
ネップリ配布者が画像を送信したネップリサービスに対応するコンビニでしかプリントできませんので注意しましょう。
マルチコピー機にプリント代金を入れて予約番号を入力すれば、プリント完了です。

ネップリのプリントに、プリント代金以外のお金はかかりません。

「プリント代金の何割かがネップリ配布者の利益になる」ということもありません。

また、個人情報の入力も必要ありませんので、あなたの氏名等がネップリ配布者に伝わることはありません。
 

安心してプリントを楽しみましょう

 

各コンビニのネップリのプリント価格

コンビニ名 ネップリのプリント価格(L判)
セブンイレブン L判1枚:40
ローソン L判1枚:30円 / L判シール1枚:200
ファミリーマート L判1枚:30
ミニストップ L判1枚:20

コンビニ4社のネップリ画質を比較!

写真プリントの時は各社2店舗ずつ調査し、同じコンビニなら違う店舗でも画質に差はほぼありませんでしたので、
今回は1店舗ずつ2種のイラストをプリントしています。
やはり、コンビニ各社ごとの画質の違いは明らかです。

  イラストA イラストB CMYK色見本
元画像
セブン
イレブン

セブンイレブンの画質(A店)

ローソン ローソンの画質(A店)
ファミリー
マート
ファミリーマートのネップリ そのままプリントしたときの仕上がり画質 ファミリーマートの画質(A店)
ミニ
ストップ
ミニストップのネップリ そのままプリントしたときの仕上がり画質 ミニストップの画質(A店)

グラデーションタイプのイラストAと、ベタタイプのイラストBCMYK色見本を、各社同じ画像でプリントしてみました。

コンビニ各社の得意な色・不得意な色の傾向がわかってきます。

イラストではなく人物の写真の場合は、プリント写真が元の画像と色味が違っても「ほどよく加工されて良い感じ」と感じる場合もあると思いますが、イラストの場合はより画面で見た色味に近い色を出したいですね。

以下に詳しく解説いたします。

セブンイレブンのネップリ イラストの画質

セブンのネップリ画質 元画像と色味を比較

  イラストA イラストB CMYK色見本
元画像
セブン
イレブン

セブンイレブンの画質(A店)

セブンイレブンは全国で最も店舗数が多く、プリントしてもらいやすい、利便性の高いコンビニです。

しかし、イラストの仕上がりは薄い肌色はほとんど消えてしまっています。
CMYKの色見本でも、イエローの30%と40%がほぼ消え、薄いイエロー系の色はプリントできません。
写真プリントでも同様の仕上がりでした。

写真の場合は、「暗い写真が明るくなった」と感じるパターンもあるかもしれませんが、
イラストのプリントで「元画像(イラスト)の色をそのまま出す」という目的では、一番かけはなれた仕上がりです。以下に、セブンイレブンで元画像(イラスト)に近づける色調整を考えてみましたので参考にしてください。

セブンイレブンで、元画像(イラスト)に近付ける色調整

ネップリ セブンイレブンで試した色調整の例


元画像

元画像をそのままプリント


元画像

色調整してからプリント

Photoshopの「イメージ」→「色調補正」→「特殊色域の選択」で色調整をしてプリントしました。

セブンイレブンは、ネップリができるコンビニ4社のプリントの中で、一番元画像から離れており、色補正で近づけるのが難しい画質でしたが、そのままプリントするよりはマシになりました。

このイラストをセブンイレブンでプリントする場合は、元画像の「白色系」のCMYKを濃くし、「レッド系」のシアンとイエローを濃くしてプリントしたパターンが、テストした6パターン中では一番元画像の色味に近くなりました。

セブンイレブンのネップリは、「肌の色」がとくに白飛びしてしまっていたので、
白色系の「イエロー」をより多くしたパターンも試してみましたが、
白色系を「全体的に濃く」したパターンが、イラストの「肌の色」が近くなったと思います。

セブンイレブンのネップリ イラスト色調整

セブンイレブンでイラストの「肌の色」をしっかり出したい場合は、「白色系」を全体的に濃く調整してみてください。

作成したイラストの色調により、元画像に近づけるための設定は変わってきますが、
セブンイレブンでイラストをプリントする際の参考にしていただければ幸いです。

セブンイレブンでネップリをするやり方(ネップリ配布者)

セブンイレブンでネップリを登録し番号を発行するには、以下の3つの方法があります。

  • スマホアプリ「netprint」または「かんたんnetprint」によるイラスト登録
  • 富士フイルムグループのPCサイト「ネットプリント」からのイラスト登録
  • LINE」からネットプリント公式アカウントを友達登録でイラスト送信

LINEに対応しているのは手軽で良いですね。

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 全国で最も店舗数が多いコンビニなので、ネップリをプリントする人の近くにもセブンイレブン店舗があることが多く、利便性が高い

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • イラストの薄めの色が消えてしまう。(特に黄色系が消えてしまう)
  • コントラストが強い

 

ローソンのネップリ イラストの画質

ローソンのネップリ画質 元画像と色味を比較

  イラストA イラストB CMYK色見本
元画像
ローソン ローソンの画質(A店)

今回プリントしたローソンの印刷機は、シャープのMX-3631DSです。ファミリーマートも同じシャープ製でしたが、機種が違います。(ファミマはMX-3610DSでした)

ローソンのネップリ(イラスト)の画質は、そのままでも比較的きれいでした。
セブンイレブンでは消えてしまった「肌の色」も比較的良好に発色しています。
薄いブルー系の色には若干弱いようです。

イラストB(2枚目)の、キャラのバックにある「煙」の、「極めて薄いグレーの部分」は、他のコンビニのネップリではほぼ消えてしまっていましたが、ローソンだけは白飛びせず、目視できます。

ローソンで、元画像(イラスト)に近付ける色調整

ネップリ ローソンで試した色調整の例


元画像

元画像をそのままプリント


元画像

色調整してからプリント

Photoshopの「イメージ」→「色調補正」→「特殊色域の選択」で色調整をしてプリントしました。

詳しい色調整方法はこちら:ローソンで6種類の色調整を試してみました

今回のイラストをローソンで「元画像をそのままプリント」した仕上がりは、
ヘアカラーや洋服の「レッド系」の色のシアンマゼンタが少ないように見えます。
 
色調整は、元画像の「レッド系」のシアンとマゼンタを濃くしたパターン
テストした6パターン中では一番元画像の色味に近くなりました。

ローソンの場合、イラストの「肌の色」は、そのままでも比較的発色していますが、
若干薄くなっているので、「白色系」を全体的に少しだけ濃くするとさらに元画像に近づくかと思います。

より近づけたい場合は、プリント後の色味を確認しながら、各カラーを調整していきます。
作成したイラストの色調により、元画像に近づけるための設定は変わってきますが、
ローソンでイラストをプリントする際の参考にしていただければ幸いです。

ローソンでネップリをするやり方(ネップリ配布者)

ローソンでネップリを登録し番号を発行するには、以下の2つの方法があります。

  1. シャープの「ネットワークプリント」 PC・アプリでイラスト登録
  2. LINEで友達登録 LINEで「ネットワークプリント」を友達登録してイラスト送信

料金の支払い方法はマルチコピー機にコインまたは千円札を投入する現金払いのみです。

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 比較的イラストがきれいにプリントされる
  • プリント時間が早い
  • 通常の光沢紙のほか、シール紙でもプリントできる!

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • イラストの薄めのブルー系が薄くなりやすいので注意
  • 比較的画面が大きいので、周りから見えやすい

 

ファミリーマートのネップリ イラストの画質

  イラストA イラストB CMYK色見本
元画像
ファミリー
マート
ファミリーマートのネップリ そのままプリントしたときの仕上がり画質 ファミリーマートの画質(A店)

今回プリントしたファミリーマートの印刷機は、シャープのMX-3610DSです。ローソンも同じシャープ製でしたが、機種が違います。(ローソンはMX-3631DSでした)

ファミリーマートのネップリ(イラスト)の画質は、イラストの「肌の色」がかなり薄くなっています。
セブンに続いて2番目に薄いです。
CMYK色見本では、黄色の30%がほとんど消えています。
薄いブルーにも弱いようなので、淡い色合いのイラストの場合、注意が必要です。

ミニストップほどではありませんが、若干シャープネスがかかっているようです。

ファミリーマートで、元画像(イラスト)に近付ける色調整

ネップリ ファミリーマートで試した色調整の例


元画像

元画像をそのままプリント


元画像

色調整してからプリント

Photoshopの「イメージ」→「色調補正」→「特殊色域の選択」で色調整をしてプリントしました。

今回のイラストをファミリーマートで「元画像をそのままプリント」した仕上がりは、
白色系」の肌の色が薄く、ヘアカラーや洋服の「レッド系」の色の「シアン」が少ないように見えます。
 
色調整は、元画像の「白色系」のイエロー・ブラックと、
「レッド系」のシアン・マゼンタを濃くしてプリントしたもの

テストした6パターンの中では一番元画像の色味に近くなりました。

より近づけたい場合は、プリント後の色味を確認しながら、各カラーを調整していきます。

作成したイラストの色調により、元画像に近づけるための設定は変わってきますが、
ファミリーマートでイラストをプリントする際の参考にしていただければ幸いです。

ファミリーマートでネップリをするやり方(ネップリ配布者)

ファミリーマートでネップリを登録し番号を発行するには、以下の3つの方法があります。

  1. 「ファミマフォトアプリ」 オリジナルアプリで写真登録
  2. シャープの「ネットワークプリント」 PC・アプリでイラスト登録
  3. LINEで友達登録 LINEで「ネットワークプリント」を友達登録してイラスト送信

料金の支払いは、コイン(1円玉以外)による現金払いのみです。

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • マルチコピー機のタッチパネルの画面が小さいので、周りから見えにくくて良い

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • イラストの肌の色(薄い黄色系の色)が薄くなりやすいので注意

 

ミニストップのネップリ イラストの画質

ミニストップのネップリ画質 元画像と色味を比較

ミニストップのネップリ画質 元画像と色味を比較

  イラストA イラストB CMYK色見本
元画像
ミニ
ストップ
ミニストップのネップリ そのままプリントしたときの仕上がり画質 ミニストップの画質(A店)

セブンが苦手とする「黄色の薄い色」が、ミニストップの場合はっきりと出ています。
2枚目のベタ系の肌色も、コンビニ4社の中で一番元画像に近いです。

ミニストップは、他3社と比較してシャープネスが強く、輪郭が強調されます。
シャープネスが強すぎると、輪郭がざらついた印象になりますが、1枚目のグラデーションイラストの場合は、ミニストップの強めのシャープが良い感じに仕上がりました。

ただし、シャープが強すぎると、イラストによっては、上掲のように存在しない境界線が出てしまう場合があります。

ミニストップで、元画像(イラスト)に近付ける色調整

ネップリ ミニストップで試した色調整の例


元画像

ミニストップのネップリ そのままプリントしたときの仕上がり画質元画像をそのままプリント


元画像

色調整してからプリント

Photoshopの「イメージ」→「色調補正」→「特殊色域の選択」で色調整をしてプリントしました。

今回のイラストをミニストップで「元画像をそのままプリント」した仕上がりは、赤系(レッド系)の発色が黄色に寄っていたので、

元画像の「レッド系」にシアンとマゼンタを多めにプラスした設定でプリントしたものがテストした中で一番元画像に近くなりました。

より近づけたい場合は、プリント後の色味を確認しながら、各カラーを調整していきます。

作成したイラストの色調により、元画像に近づけるための設定は変わってきますが、
ミニストップでイラストをプリントする際の参考にしていただければ幸いです。

ミニストップでネップリをするやり方

ミニストップで予約番号(予約コード)が発行される「ネップリ」のやり方は、以下の3つの方法があります。

  1. パソコンで「おきがるプリント」サイトからネット予約 パソコンからイラスト登録
  2. 「おきがるプリント&スキャン」でネット予約 スマホ/タブレットからイラスト登録
  3. 「かんたん写真プリント」でネット予約 スマホ/タブレットからイラスト登録

料金の支払いは、コイン(1円玉以外)による現金払いのみです。

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • イラストの肌の色がきれいにプリントされる
  • シャープネスが強めなのでくっきりはっきりにプリントされる
  • L判写真プリントが1枚20円と、コンビニのネップリの中では最安級

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • シャープネスが強めなので、イラストによってはエッジに存在しない境界線が現れてしまうことがある
  • マルチコピー機の画面が大きく、比較的高めの位置にあるので、周りから見えやすい
  • セブン・ローソン・ファミマと比較して店舗数が少ないので、ネップリしてもらう場合利便性が悪い

L版のネップリに必要な画像サイズ

ネップリ配布者は「L版」の比率に合わせてデータを作ることが多いと思います。

L版は、高さ×幅が89mm x 127mmです。
解像度を印刷に必要な300dpiとすると、
1051 × 1500pxの大きさが必要です。

Photoshopの場合は、
「ファイル」「新規」「写真」に、Lサイズの大きさが登録されていますので、これを使用しましょう。


ネップリで切り取られる範囲

セブンイレブンのネップリで切り取られる範囲
元画像 元画像をプリントした仕上がり
(切り取られたもの)

右の「元画像をプリントした仕上がり」の赤い部分をご覧ください。
セブンイレブンでは、横5mm程度、縦4mm程度切り取られていました。

ちょうどセンターを中心に切り取られるわけではなく、1〜2mmのズレがあります。
作成したイラストの周囲の、約3mm程度は切り取られる可能性があると考えておきましょう。

イラストに文字などを入れる場合は、3mm範囲より内側に入れましょう。


Photoshopで3mmの範囲を確認するには、フチに3mmの太さの線のレイヤーを作っておくとわかりやすいです。

このままプリントしては線がプリントされてしまいますので、最後に忘れずに赤い線を消去(または見えなくする)しましょう。

または、3mm内側に「ガイド」を引いておくと良いです。

コンビニのネップリまとめ

  • そのままプリントしたとき、薄い肌色も比較的プリントできるのがミニストップローソン
  • セブンでイラストの色を再現をするのは難しい。
  • イラストは、色調整をすることでより元画像(イラスト)に近くプリントできる
  • イラストに文字などを入れる場合は、3mm範囲より内側に入れる
  • ミニストップはマルチコピー機の画面が大きく、比較的高めの位置にあるので、周りから見えやすいのがネック

イラスト集(本)を作ってみたい方はこちらもご参考に