半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

おしゃれな写真のポーズおすすめ20選!

写真は被写体のポーズによって雰囲気や印象が大きく変わります。

今回は、写真映えすること間違いなしの写真撮影でおすすめのポーズをご紹介します。

スマホでの自撮り撮影で手軽にできるポーズをはじめ、カップルや友達、ファミリーなど、さまざまなシーンで活用できるポーズをピックアップしているので、ぜひ見てみてくださいね。
いろいろなポーズを覚えておくことで、撮影した写真のバリエーションの幅が広がります。

この記事は、実務経験のあるプロカメラマン・フォトグラファーが監修しています。  

写真におすすめのポーズ20選

それでは早速、写真撮影のときにおすすめのポーズ20選をご紹介します。
一人で自撮り撮影のときに使えるポーズはもちろん、友達やカップル、ファミリーで使えるポーズなど、幅広くピックアップしました。併せて、写真映え度と手軽さのスペックリストも表示しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

頬杖・虫歯ポーズ

頬杖をついたポーズは、ほっぺを隠すようなイメージで手を添えることで、小顔効果も抜群のポーズです。このとき、頬杖をついた手と逆側の手は、「X」の形になるように合わせてみると、くびれ効果も期待できますよ。「虫歯ポーズ」とも呼ばれています。

笑顔で撮ると可愛らしい印象に、クールな表情で撮ると大人っぽい雰囲気に。どんな表情にも合うポーズなので、撮りたい写真のイメージに合わせて表情も作ってみてくださいね。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 必要なもの:なし

アロハポーズ

楽しい雰囲気の写真が撮りたいときには「アロハポーズ」とは、親指と小指を立てたハワイの定番ポーズです。弾けるような笑顔で撮影しましょう。

友達やカップルといった複数人で撮影するときに活用するとより、楽しい空気感の伝わる写真に仕上がります。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 必要なもの:なし

ゆびハート

親指と人差し指を重ねてさりげなくハートマークを作るポーズです。手でハートを作ったら、顔の周りでポーズしてみましょう。

片手で簡単にできるポーズなので、自撮り撮影でもおすすめです。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 必要なもの:なし

ナイショのポーズ

人差し指を立てて、唇の前に置いたポーズです。可愛らしさ・セクシーさと小顔効果も抜群!

ハートを作るポーズと同様に、自撮り撮影にもおすすめのポーズです。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 必要なもの:なし

食べ物や飲み物と一緒にポーズ

写真映えするようなオシャレな食べ物や飲み物と一緒に撮影してみましょう。
パクッと被りついているところや、ストローを吸っているようなポーズ、顔の横に食べ物や飲み物をくっつけても可愛いですね。

カフェなど、お皿に乗ったスイーツと撮影するときは、お皿を持ち、目線をスイーツの方に向けてみてください!また、ドーナツのような穴の空いた食べ物は、穴から覗いているようなポーズを取って撮影するのもおすすめです。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:オシャレな食べ物や飲み物

花と一緒にポーズ

野花や花束に顔を近づけて撮影してみましょう。
華やかな印象の写真に仕上がります。
花をの香りを嗅いでいるポーズや、花を目に当てるのも可愛くておすすめです。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:野花や花束

目線を外してみる

あえてカメラから目線を外し、目線を少し下の方に下げてみたり、上の方を見たりしてみましょう。目線を外すことで、作り込みすぎないナチュラルな雰囲気の写真が撮れます。

カメラを見るとどうしても緊張してしまう方でも、目線を外すことでリラックスして撮れるでしょう。スマホでの自撮りでも、一眼レフで撮影してもらう場合でも、幅広くご活用できるので、ぜひマスターしてくださいね。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 必要なもの:なし

後ろ姿

写真を撮られることが苦手な方におすすめなのが、後ろ姿を撮影したショット。
一言に後ろ姿といっても、歩いているところや立ち止まっている姿だけでなく、アイデア次第でバリエーション豊かに楽しめますよ。
例えば、帽子を被っているときには帽子に手を添えてみたり、椅子に腰掛けて体を捻るようにして後ろを向いた「腰掛けスタイル」も素敵です。

ただし、どのポーズも背筋をピシッと伸ばすことを忘れずに意識してくださいね。

カップルや友達、家族と撮影するときには、手を繋いだり「よーいどん!」で、走っている後ろ姿を撮影すると自然な雰囲気が出ますよ。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★
  • 必要なもの:なし(帽子を使ったり、椅子やベンチのある場所で撮影してもOK!)

くるっと振り向いたポーズ

後ろ姿を撮影したショットと関連して、体は後ろ、もしくは少し斜めを向き、顔はカメラの方に振り向いたポーズもおすすめです。

完全にカメラの方に振り向いたときにはとびっきりの笑顔で、あまりカメラの方を向きすぎず、横顔を撮るようなイメージで撮影するときには口角を上げて微笑んだり、あえてクールな表情で大人っぽく撮影してみても良いでしょう。

表情や振り向く角度によって、全く異なる世界観の写真が撮れるので、面白いポーズです。

  • 写真映え度:★★★
  • 手軽さ:★★★★
  • 必要なもの:なし

手を繋いで歩く・走る

手を繋いで走ったり歩いたりしているシーンは、カップルや友達、ファミリーなど、幅広い撮影で活用できます。このとき、前を向いて走るよりも、お互い顔を見ながら走ったり歩いたりすると可愛いですよ。

雨が降っているときには、あいあい傘をしながら歩いている姿を撮影するのもおすすめです。
ちなみに、傘を使って撮影するときには透明のビニール傘がマスト!色のある傘は、反射して顔色が不自然に映ってしまいます。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:なし(雨の日は傘を使ってみよう)

「あっちへ行こう!」ポーズ

カップルはもちろん、大人数でも楽しめる「あっちへ行こう!」のポーズ。談笑しているように、お互いの顔を見て、画角の外側を指差してみてください!楽しそうな雰囲気が伝わってくるので、作り込みすぎない、自然な写真が撮りたい方にピッタリです。

カップルで撮るときには、片側の手を繋いでみたり、おんぶしたポーズと組み合わせても可愛いですよ。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:なし

ぎゅっとハグ

親子・カップルはもちろん、友達同士でもおすすめの後ろからぎゅっとハグしたポーズ。
ちょっと照れてしまうかもしれませんが、照れ笑いしている感じが可愛く、写真映えします。

普段はあまり活用する機会の少ないポーズになりますが、仲の良さをアピールできますよ。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★
  • 必要なもの:愛情

おんぶしてダッシュ!

カップルでの撮影では、彼氏さんが彼女さんをおんぶしてダッシュしたポーズもおすすめです。
おんぶだけでも十分可愛らしいのですが、ダッシュすることで2人の自然な笑顔が引き出せますよ。

海や緑の綺麗な公園などで撮影すると写真映えするので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★
  • 必要なもの:愛情・腕力

おでこをコツン

カップル撮影でのおすすめポーズは、2人のおでこをコツンと合わせてみたポーズです。

恥ずかしい人は、おでこをコツンとした後にミニブーケなどを顔の前で持ち、ピントをブーケに合わせて2人をボカして撮影しても!恥ずかしがり屋さんでもSNS映えすること間違いなしの一枚が撮れますよ。

ミニサイズのブーケや花が中心にあると映えます!

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★
  • 必要なもの:愛情

談笑しているようなポーズ

カップルや友達、ファミリーなど、複数人での撮影でおすすめなのが、談笑しているようなポーズ。こちらのポーズもあえてカメラから目線を外し、一緒に写る人の方を意識してみましょう。

また、カップル撮影のときには、お互いを見つめあってみても!このときに、手を繋いでみると仲の良さをアピールできますよ。

  • 写真映え度:★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:なし

同じ方向を向いて叫んでいるポーズ

こちらのポーズも複数人での撮影におすすめのポーズです。画角内に写る人たちが同じ方向を向いて、何か叫んでみましょう。もちろん、叫ぶふりでもOK!こちらも、楽しそうな雰囲気の伝わる1枚に仕上がります。

ちなみに、歩道橋や橋を活用し、下から煽るように撮影するのもおすすめです。
また、余白を意識し、引き気味で撮影するとオシャレに仕上がります。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:なし

カメラを構えてポーズ

カメラを構えているポーズで撮影してみましょう。
2人以上での撮影では、お互いに向かい合ってカメラを構えて、写真を撮りあっているようなシーンを撮影しても!

一眼レフでなくても、使い捨てカメラを使ってもOK。レトロでエモい雰囲気の一枚が撮れますよ。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★
  • 必要なもの:一眼レフや使い捨てカメラなど。子どもはカメラのおもちゃでもOK

高いたかい!

子どもとの撮影でおすすめしたいのが「高いたかい!」のポーズです。遊びの延長で撮影できるこのポーズは、子どもの自然な笑顔が引き出しやすいんです。

高いたかいをしたまま、パパやママのおでこと子どものおでこをコツンと当てたポーズもおすすめ!高いたかいは、青空や花畑など、景色の綺麗な場所で挑戦すると写真映えしますよ。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:腕力

ほっぺにチュッ!

子どものほっぺにチュッとしたり、子どもがママやパパのほっぺにチュッとしたポーズもとても可愛くておすすめです。兄弟でチュッとしてみても良いですね。

両親で子どもを挟み、パパとママが両頬にチュッとしても可愛いですよ。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:愛情

大人数での撮影は横並びで!

記念撮影のような、大人数で撮影するときには横並びで撮影してみてください。
前の人の肩に手を添えてみたり、目線を外して談笑しているようなところ、手を繋いでジャンプしているところを撮影しても良いでしょう。

ここまでで、紹介したポーズと組み合わせて撮影するのもおすすめです。

  • 写真映え度:★★★★★
  • 手軽さ:★★★
  • 必要なもの:なし

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2023年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2023年2月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

まとめ

今回は写真を撮るときにおすすめのポーズを20選紹介しました。
たくさんある写真映えポーズは、撮影シーンや撮りたいイメージに合わせて使い分けてみましょう!そんな中でも、スマホを使って自撮り撮影できる手軽なポーズは日常的にも使えるので、覚えておくと便利ですよ。

自撮り撮影で難しいポーズは、第三者に撮ってもらったり、三脚を使ってセルフ撮影に挑戦しても良いでしょう。ぜひ、写真を撮るときの参考にしてみてくださいね。