当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

マイブックは画質が悪いって本当?全種を印刷して比較!

マイブックの画質は悪い?

「マイブック」と検索しようとすると「マイブック 画質  悪い」というワードが検索ボックスに表示されるので、これからマイブックを注文しようと考えている人は、心配になる場合も多いと思います。

マイブック と他社フォトブックの画質・色再現性を比較

結論から言うと、マイブックの画質は他社と比較して決して悪くありません。
※当サイトではマイブックのフォトブックを全種類作成し、数十社のフォトブックと比較しています。

「色再現性」に大変優れており、モニターで見た色に近い色で再現されます。
とくにDreamLabo5000 7色印刷の「FLAT」の仕上がりは素晴らしいです。

このページでは、「マイブック 画質 悪い」で検索している方に向けて、マイブックのフォトブック全種含む、多くのフォトブック業者で様々なフォトブックを作成している経験から、マイブックの画質が悪いと感じる原因とその解決策を解説するので参考にしていただければ幸いです。

マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを15年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2024年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2024年4月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【30%OFFクーポン有】

マイブックの画質が悪いと感じる原因と解決策

マイブックで作成したフォトブック

マイブックで作成したフォトブック

マイブックは商品により印刷方式が変わります。画質が悪いと感じる原因とその解決策を、実際にプリントしてスキャニングしたデータをもとに検証します。

マイブックの「FLAT」を作成したあと、
「ART-HC/SC」または「DX」または「オートアルバム」を作成した

商品名 マイブック
「ART-HC・ART-SC」
「DX」
「オートアルバム」
マイブック
「FLAT」
実際に印刷して
スキャニング
した参考画質

マイブック(4色印刷)マイブック(4色印刷)の画質

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)(800dpiでスキャニング))

印刷方式 液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
7色印刷
DreamLabo5000
 (インクジェット) 

マイブックの「ART-HC/SC」または「DX」または「オートアルバム」のフォトブックの仕上がりを観察すると、網点(ドットパターン)が見えます。印刷部分にテカリや盛り上がりはなく、美しい網点(ドットパターン)なので、液体トナー」の4色印刷(デジタルオフセット)であることがわかります。

印刷方式の違いについて詳しくはこちらの記事をご参考ください

マイブックの液体トナー4色印刷は、同様の印刷方式の他社と比較すれば決して画質が悪いわけではなく、発色の美しさは最上級ですが、DreamLabo5000 7色印刷の「FLAT」に比べると、仕上がり画質は劣ります。

DreamLabo5000 7色印刷の「FLAT」は、網点(ドットパターン)は見えず、大変滑らかで美しいグラデーションで印刷されています。

マイブックの「ART」「DX」「オートアルバム」を作成して、画質に満足できなかった場合は、さらに高画質・高品質の「FLAT」を選ぶ事をおすすめします。

「銀塩プリント」の他社フォトブックを作成した後、マイブックの「ART」または「DX」または「オートアルバム」を作成した

「銀塩プリント」は、写真屋さんでプリントする昔ながらの写真のプリント方式です。
印画紙に塗布されている感光材料により発色し、網点(ドットパターン)は無く、滑らかで柔らかいグラデーションになります。

写真のプリントといえばこの「銀塩プリント」の仕上がりを想像している場合、「ART」「DX」「オートアルバム」のような「印刷」による写真の仕上がりは、網点が気になり、画質が悪いと感じる人もいるかもしれません。

銀塩プリントに近い仕上がりを求める場合、マイブックの「FLAT」を選びましょう。
マイブックの「FLAT」は、最高峰の印刷機DreamLabo5000と、マイブックが厳密に調整した設定により、今まで高品位とされていた銀塩プリントに劣らない、またはそれに勝る超高画質な写真印刷が可能です。

マイブックの「フォトグッズ」の「book」でフォトブックを作成した

商品名 マイブック
フォトグッズ
「book」
マイブック
「ART-HC・ART-SC」
「DX」
「オートアルバム」
マイブック
「FLAT」
実際に印刷して
スキャニング
した参考画質

マイブック(4色印刷)マイブック(4色印刷)の画質

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)(800dpiでスキャニング))

印刷方式 粉体トナー4色印刷
           
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
DreamLabo5000
7色印刷
 (インクジェット) 

マイブックの「フォトグッズ」の「book」は、安価にハードカバーのフォトブックを作る事ができます。
ただし、マイブックで作ったフォトブックの中で唯一、「粉体トナー」タイプの4色印刷でした。

DreamLabo5000 7色印刷の「FLAT」の画質に劣るのはもちろん、液体トナー4色印刷の「ART」「DX」「オートアルバム」の画質よりも劣ります。

粉体トナーによる印刷は、一般的に他の印刷方式に比べて色斑がでやすく、印刷したタイミングによっても発色に差が出やすいです。
実際にマイブックの「book」を印刷してスキャニングした上掲の画像でも、マイブックの他のフォトブックと比較して色斑の多い仕上がりになっているのがわかります。

ただし、あくまでもマイブックの他のフォトブックと比較した場合の話で、粉体トナータイプの他社と比較すると決して悪い仕上がりではありません。粉体トナータイプのフォトブックにも、マイブックの技術が生かされています。
book」の製本品質は丈夫なハードカバーで、半透明のトレーシングペーパー製の遊び紙つきのおしゃれな製本なので、安価にハードカバーの持ち歩きできるサイズのフォトブックが欲しい場合には良いと思います。

なお、マイブックで「book」以上の画質と、コストパフォーマンスの良さを求める場合は「オートアルバム」がおすすめです。

「画質が悪い」原因になりうること

暗い写真に補正をしていない

マイブックでは、色の再現性を最も重視しており、正しく調整されたモニターで見た色に近い色調に仕上がります。
元々明るい写真は明るく仕上がりますが、元々暗い写真はそのまま暗く仕上がってしまいます。自動的に補正がされるわけではありません。
よって、元々暗い写真の仕上がりを見ると、画質が悪い(暗い)と感じる場合もあるかもしれません。

暗い写真を明るく印刷したい場合は、あらかじめ写真を補正しておきましょう。
マイブックのこだわり作成ソフト(MyBookEditor)では、明るさやコントラストの調整が行えます。

MyBookEditor 画像の色調整方法

画像をダブルクリック→色調の調整  各スライダを調整

モニターの調整をしていない

使っているモニターが普通よりも明るい設定になっていると、印刷したものは思ったより暗く見えることがあります。
マイブックでは、画像の色を忠実に再現できるよう、印刷機の設定を厳密に調整して印刷しているため、モニターの設定により実際の印刷物と違って見えることがあります。

この問題を解決するには、色が正確に出るように、モニターの明るさ・コントラストを調整することが大切です。

マイブックでは、以下よりモニター調整用画像のダウンロード(jpg形式)をダウンロードすることができます。

https://www.mybook.co.jp/faq/monitor/

モニターの調整方法:Macの場合

輝度の調整

アップルメニュー >「システム設定」と選択し、サイドバーで「ディスプレイ」→輝度のスライダを調整
公式ヘルプ:https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchlp2704/mac

コントラストの調整

アップルメニュー >「システム設定」と選択し、サイドバーで「アクセシビリティ」→コントラストのスライダを調整
公式ヘルプ:https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/unac089/mac

モニターの調整方法:Windowsの場合

FUJITSUのヘルプ:https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=8111-3178
HPのヘルプ:https://support.hp.com/jp-ja/document/c03225168
Dellのヘルプ:https://www.dell.com/support/kbdoc/ja-jp/000132335/

元画像の解像度が足りていない

元画像の解像度が足りていないと、どの業者印刷した場合でも、ギザギザして画質が悪い仕上がりになってしまいます。

印刷に適切な解像度は以下ページを参考にしてください。

元画像を拡大しすぎている

元画像を拡大しすぎてトリミングしている場合も、解像度が足りなくなってしまいます。
別の写真に差し替えるのが理想ですが、どうしても小さい画像を大きくレイアウトしたい場合は、以下のようなオンラインの画像編集ツールにて、画像のサイズを拡大することができます。

拡大AC:https://kakudai-ac.com/

まとめ 

マイブックはフォトブック業者の中でも老舗の業者で、色再現性にこだわりをもっています。実際に印刷した仕上がりは、他社と比較して決して悪い画質ではありません。

もし「ART」「DX」「オートアルバム」の商品を作って画質に満足できなかった人は、是非「FLAT」で、マイブックのDreamLabo5000 7色印刷を試してみることをおすすめします。画質は他社と比較しても最上級で、製本も合紙綴じで花布(ハナギレ)がついている丁寧で高品質な仕上がりです。

また、画像をアップロードする際は適切な印刷設定と高解像度の元画像を用いることに注意しましょう。
この記事が、マイブックでの印刷品質に対する疑問や不安を解消する手助けとなれば幸いです。

マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン