半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

フォトブックの印刷に最適な画像のサイズ・解像度・画素数は?

フォトブックの印刷に最適な画像サイズ・解像度・画素数は?

フォトブックの印刷に最適な画像の解像度は 300dpi

フォトブックの印刷に最適な画像サイズ・解像度・画素数は?

オンデマンド印刷の印刷機で画像を印刷する場合、画像の解像度が水平方向・垂直方向ともに、一般的に最低 300dpi なければならないとされています。

ちなみに、画像の解像度というのは、1インチ当たりのピクセル数で表示する「画素密度」のことです。横 × 縦のピクセル数や容量の MB(メガバイト)で表示する「画像サイズ」のことではありません。

デジカメやスマホで撮影した画像の解像度は、一般にディスプレイ表示用の既定値である 72dpi です。このままでは解像度が低すぎて印刷には向かないので、サイト側で画像の解像度を必要な値にまで引き上げて印刷します。

スマホカメラやデジカメの画質の初期設定は 12MP(4000 × 3000)、つまり水平方向 4000 ピクセル × 垂直方向 3000 ピクセルの 12メガピクセル(1200万画素)が標準です。これだけのピクセル数があれば、解像度を 300dpi に変更してほとんどのフォトブックに対応できるはずです。

ただし、大判の A3 スクエアや A4 サイズ(縦長)で写真1枚をページ全面に印刷する場合、300dpi では垂直方向のピクセル数が不足します。

大判の A3 スクエアや A4 サイズ(縦長)で写真1枚をページ全面に印刷する場合は350dpi

フォトレボ「プレシャス300」 本文ページ

大判の A3 スクエアや A4 サイズ(縦長)で写真1枚をページ全面に印刷する場合は、350dpi 程度にするとピクセル数の必要条件をクリアすることができます。

次に紹介する各社説明文の中で、フォトレボとネットプリントジャパンが解像度を 350dpi としていますが、それはこのような大判フォトブックの印刷に対応するためと思われます。

まだ見てなかったら見てね!マニアが選ぶ2020年もっともおすすめなフォトブックは…

フォトブックおすすめランキング 【50%クーポン有】フォトブック23社を同じ写真で比較!おすすめランキング【2020年6月】

フォトブック各社の解像度についての説明

標準的な画像の出力解像度は 300dpi ですが、実際にはそれよりも低い解像度で印刷されているものもあります。

ビスタプリント

全体のQ&A(よくあるご質問 > デザイン > 画像・アップロード)

ビスタプリントでは、特に指定がない限り、最終的なサイズ(裁断後の仕上がりサイズ)で、300dpi以上の解像度が必要になります。

「フォトブック」のQ&A

▼推奨画像解像度
150dpi以上の画像をご用意ください。
挿入した画像サイズがプリントサイズの解像度に満たない場合、警告マークが表示されます。その場合は、配置画像を縮小するか、ピクセル数のより大きい画像を使用してください。

ビスタプリントはサイト全体のQ&AとフォトブックのページのQ&Aがあり、説明文には矛盾しているような箇所も見られますが、念のため大きい方の数字(300dpi以上)で用意した方が良いと思います。

フォトレボ

適切な解像度は写真の大きさにもよりますが300~350dpiです。
それ以上にしても印刷されたときのきめ細かさに反映されません。
データの容量が大きすぎる場合、転送が途中で失敗してしまう恐れがありますのでご注意ください。

マイブック

MyBookの表紙は260dpi本文ページは271dpiで印刷されます。

ネットプリントジャパン

ご注文時に出力に合わせた解像度までリサイズ処理をしてからデータ送信する為、ある一定の画素数以上は全て同じ解像度で出力されます。
出力解像度は、350dpiになります。
4000pixel以上の画像につきましては、リサイズされますのでご注意ください。
表紙やページに配置した画像の大きさと解像度の組み合わせによって必要画素数は異なります。

ココアル

目安として、写真をL版サイズに印刷する場合、400万画素(2400×1800px)以上の写真を使っていただくと、ほとんどの場合できれいに印刷されます。

解像度、画素、dpi とは?

ディスプレイで表現できる画像情報の最小単位をドットといい、ディスプレイの解像度は長さ 1インチ(≒2.54cm)当たりのドット数(ドット密度)で表現されます。単位は dpi(=dots per inch)です。

一方、画像ファイルでは色調・諧調などを表現する色の電子情報の最小単位を画素ピクセル)といい、解像度は 1インチ当たりのピクセル数(画素密度)で表現されます。単位は ppi(=pixel per inch)です。Adobe Photoshop などの画像編集ソフトでは ppi で表示されます。

従って、印刷原稿とする画像ファイルの解像度の単位も ppi を使うべきですが、印刷関係ではなぜか dpi が慣例となっています。また、Windows でも Mac でも、画像情報を表示すると解像度には dpi が使われています。しかし、ディスプレイが画像の 1 ピクセルを 1 ドットで表現していますから、単位は違っていても数値は同じです。

なお、ピクセルまたは画素という言葉は、カメラの分野でも使われています。デジカメの画質の初期設定は一般に 12MP(4000 x 3000)、つまり撮影画像が水平方向 4000 ピクセル × 垂直方向 3000 ピクセルの 12メガピクセル(1200万画素)です。最新の iPhone X のカメラでも同様に 12MP です。

画像解像度・ピクセル数の調べ方

Windows

画像ファイルのアイコンを右クリックし、表示メニューで「プロパティ」を選択。
プロパティの「詳細」タブをクリックすると、水平方向・垂直方向の各解像度( dpi )やピクセル数が表示されています。

macOS

画像ファイルのアイコンを「 control 」キーを押しながらクリックし、表示メニューで「画像の情報を表示」を選択。

iOS

無料 iPhone アプリ「写真情報ビューア」をインストールすると解像度( dpi )、画像サイズ(ピクセル数、容量)などが確認できます。

Android

ギャラリーアプリで右上クリック、「ファイル情報」