半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

フォトブックの著作権!キャラクターや芸能人の写真を使っても大丈夫?

フォトブックを作成して著作権侵害で訴えられる可能性があるのは、主に「商用利用」や「配布」をした場合です。

フォトブックは「個人的に楽しむ」であれば許されることが多い

著作権が自分以外にある写真を使ってフォトブックを作成する場合は「自分が個人的に楽しむ」ということを前提とする必要があります。しかし、何らかの目的で第三者に披露する場合は注意が必要です。

作成したフォトブックを配布したり、販売して儲けを得ると、著作権侵害になる可能性が大きくなります。

フォトブック業社によっては、作成前に、「第三者の著作権、肖像権等の権利侵害に該当しない」という旨に同意しなくてはならない場合もあります。

フォトブックを配布や販売する場合は、必ず被写体に許可をもらいましょう。 
フォトブックに写っているのが、友人や家族など身近な範囲でも訴えられる可能性があります。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2021年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2021年9月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

著作権侵害の判断に迷うときは必ず確認を

フォトブックを作成するときに、それが著作権侵害に当たるかどうかの判断ができない、迷うということもあるでしょう。その場合は、著作権を持っている企業の問い合わせ窓口から問い合わせをすることをおすすめします。

ほとんどの企業では、問い合わせ窓口に「著作権にかかわるご質問」などの専用窓口を設けていますし、専用窓口がない場合であっても、著作権について確認したい旨を伝えれば対応してもらえます。

問い合わせをするときは、フォトブックの使用目的や、予定している印刷部数、配布対象となる人数やその人たちとの関係などを伝えられるように準備しておきましょう。

フォトブックの著作権について

日本の法律には「著作権」というものがあります。

これは「その物を作った人」にしか、複製・利用することができない、という権利です。

たとえば、自分で撮った自分の写真の著作権は自分にあり、他人が勝手にその写真をフォトブックにして販売したりすることは著作権侵害になります。

フォトブックの肖像権について

著作権と似た権利に「肖像権」があります。

「肖像権」とは、その人や物などの姿形自体を権利としているもので、肖像権とは人が不快な思いをしないために設けられた権利で「プライバシー権」「パブリシティ権」に分かれています。

  • 「プライバシー権」とは、人の容姿が勝手に公表されたりしないためのものです。誰かが写った写真などを、本人に許可なく公開することを禁じています。
  • 「パブリシティ権」とは、一般的に知られている芸能人や著名人の容姿や名前が、本人に許可なく利用されることを防ぐ権利です。

フォトブックを作成するときには、このプライバシー権・パブリシティ権のどちらにも注意しなくてはなりません。

著作権侵害に敏感な企業・キャラクターなどを把握しておく

著作権とは、簡単に言えばその企業やキャラクターの「財産権」です。

そのため、著作権侵害を犯しているフォトブックを営利目的で作成・販売すると企業や販売元、または写真に写っている本人から訴えを起こされる可能性があるので注意しましょう。

厳密に言えば、どんな場所やキャラクター、商品にも著作権はあります。

しかし、多くの場所や物は営利目的として金銭のやり取りを行わなければ「個人的利用」と受け取ってもらえるでしょう。

ただし、ディズニーやジャニーズなどは、著作権に対する意識が高いので注意が必要です。

たとえば、ディズニーのキャラクターを写真に撮って、それを集めたフォトブックを作成する、ジャニーズタレントの写真や雑誌の切り抜きなどを使ってフォトブックを作成して配布、などは訴えを起こされる可能性があります。

自分だけで楽しむ、あるいは家族間限定で金銭の授受なくやり取りをするなど取り扱いには注意が必要です。

商用利用の中には「宣伝」も含まれる

商用利用と言うと、お金をもらってフォトブックを売買しなければ問題ない、と考えてしまいがちです。しかし、著作権や肖像権は「宣伝」にも及びます。

たとえば、自分のダイエット記録を綴ったフォトブックを作成し、実在するスポーツ選手の名前を使って「○○選手愛用のダイエットサプリを飲んで○㎏ダウン」などのコメントを入れ、そのフォトブックを配布してダイエットサプリの購入を促そうとする、なども肖像権の侵害となることがあります。

商用利用という言葉は「お金をもらっていなければ大丈夫だろう」と考えてしまいがちですが、誰かに消費を促すことでも訴えられることがあるので注意しましょう。

特にそれが事実ではない場合には名誉毀損などの可能性も出て来ます。

装飾イラストやデザインにも著作権がある

フォトブックを装飾するイラストやデザインテンプレートにも著作権があります。

配布や販売をするためのフォトブックをイラストやデザインテンプレートで装飾したいときは、商用利用OKのフリー素材を使用しましょう。

LINEのキャプチャ画面を載せる場合はLINEスタンプの著作権にも注意

フォトブックの中に、恋人や友達とのLINE画面を載せたいという方は多いようです。日常の何気ないやり取りや、楽しいグループラインのキャプチャ画面を写真と一緒に載せれば、臨場感のあるフォトブックにすることができます。

しかし、LINEのキャプチャ画面をフォトブックに使う場合は「LINEスタンプ」の著作権に注意しておきましょう。LINEスタンプには、それぞれ著作権があります。

LINEスタンプの掲載されたフォトブックで金銭を得ることは著作権侵害となります。また、大勢に配布することも禁じられています。

まとめ

  • フォトブックを販売や配布をする場合は、被写体や装飾・イラストの著作権に注意
  • 自宅用に「個人的に楽しむ」だけの目的であれば許されることが多いが、何らかの目的で第三者に披露する場合は注意
  • フォトブックの装飾にも著作権がある
  • 著作権侵害の判断に迷うときは必ず確認を