半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

フォトブックに芸能人やキャラクターの写真を使っても大丈夫?フォトブックの著作権に注意!

フォトブックの「著作権」と「肖像権」に注意

芸能人・アイドルの写真や、漫画やアニメ・キャラクターのイラストを掲載してフォトブックを作成するときは、「販売」「営利目的の使用」「配布」等をすると第三者の著作権、肖像権等の権利侵害になります。

著作権・肖像権侵害をしていないフォトブックなら、販売や配布をしても問題はありません。
フォトブックを装飾するイラストやスタンプ、デザインテンプレートにも著作権がありますので注意しましょう。

著作権とは

著作権」とは画像・イラスト・文章などの「著作物」を、著作権者のみが複製・利用することができる(独占利用)の権利です。

原則としては著作物の複製ができるのは著作権者のみですが、私的利用」に限り、著作権者以外の者も複製ができます。

肖像権とは

著作権と似た権利に「肖像権」があります。

肖像権」とは、その人や物などの姿形自体を権利とし、無断で撮影・公表・利用されたりすることがないように主張できる権利です。

人が不快な思いをしないために「プライバシー権」「パブリシティ権」に分かれています。

  • 「プライバシー権」とは、人の容姿が勝手に公表されたりしないためのものです。誰かが写った写真などを、本人に許可なく公開することを禁じています。
  • 「パブリシティ権」とは、一般的に知られている芸能人や著名人の容姿や名前が、本人に許可なく利用されることを防ぐ権利です。

他人が写ったフォトブックを、許可なく第三者に披露することも注意が必要です。

著作権侵害にならない「私的利用」とは?

  • 作成者自身が個人的に楽しむ目的であること(家庭や限られた範囲内での利用。第三者へ配布や公開はダメ)
  • 作成者自身が複製すること(第三者が複製できるようにしてはダメ)
  • 商用利用(営利目的・業務)ではないこと

上記のように個人的に楽しむ目的のみの場合は「私的利用」にあたり、芸能人・アイドルの写真や、漫画やアニメ・キャラクターのイラストをフォトブックを作成しても著作権侵害とされる可能性は低いです。

フォトブックを作成して著作権侵害とされる可能性があるのは、主に販売」「営利目的の使用」「配布をした場合です。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2022年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2022年1月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

「販売」「営利目的の使用」「配布」はダメ

第三者の著作権、肖像権等の権利侵害にあたる写真やイラストの掲載されたフォトブックを配布したり、販売して儲けを得ると、著作権侵害になります。
フォトブック業社によっては、作成前に、「第三者の著作権、肖像権等の権利侵害に該当しない」という旨に同意しなくてはならない場合もあります。
第三者に披露する場合も、家庭の限られた範囲内のみにしましょう。

フォトブックの写真に写っているのが友人や家族など身近な範囲でも、フォトブックを配布や販売をする場合は、必ず被写体に許可をもらいましょう。 

著作権侵害の判断に迷うときは必ず確認を

フォトブックを作成するときに、それが著作権侵害に当たるかどうかの判断ができない、迷うということもあるでしょう。
その場合は、著作権を持っている企業の問い合わせ窓口から問い合わせをすることをおすすめします。

ほとんどの企業では、問い合わせ窓口に「著作権にかかわるご質問」などの専用窓口を設けています。
専用窓口がない場合であっても、著作権について確認したい旨を伝えれば対応してもらえます。

問い合わせをするときは、フォトブックの使用目的・予定している印刷部数・配布対象となる人数やその人たちとの関係などを伝えられるように準備しておきましょう。

著作権侵害に敏感な企業・キャラクターなどを把握しておく

著作権侵害を犯しているフォトブックを販売・配布・営利目的に利用すると、企業や販売元、または写真に写っている本人から訴えを起こされる可能性があるので注意しましょう。

特にディズニーやジャニーズなどは、著作権に対する意識が高いです。

自分だけで楽しむ、あるいは家族間限定で金銭の授受なくやり取りをする等、取り扱いには注意が必要です。

商用利用の中には「宣伝」も含まれる

商用利用という言葉は「お金をもらっていなければ大丈夫だろう」と考えてしまいがちですが、誰かに消費を促すこと(広告・宣伝)でも訴えられることがあるので注意しましょう。

たとえば、自分のダイエット記録を綴ったフォトブックを作成し、実在するスポーツ選手の名前を使って「○○選手愛用のダイエットサプリを飲んで○㎏ダウン」などのコメントを入れ、そのフォトブックを配布してダイエットサプリの購入を促そうとする、なども肖像権の侵害となることがあります。また広告内容が事実ではなければ、プラス「名誉毀損」の可能性もあります。

フォトブックサイトの装飾イラストやデザインにも著作権がある

フォトブック作成サイトであらかじめ設定されているフォトブックを装飾するイラストやスタンプ、デザインテンプレートにも著作権があります。

配布や販売をするためのフォトブックをイラストやデザインテンプレートで装飾したいときは、商用利用OKのフリー素材を使用しましょう。

参考:商用利用可能な無料のフリー素材「イラストAC」

また、LINEのキャプチャ画面(スクリーンショット)をフォトブックに使う場合は「LINEスタンプ」の著作権に注意しておきましょう。LINEスタンプにもそれぞれ著作権があり、LINEスタンプの掲載されたフォトブックで金銭を得ることは著作権侵害となります。また、大勢に配布することも禁じられています。

まとめ

  • 芸能人・アイドルの写真や、漫画やアニメ・キャラクターのイラストを掲載したフォトブックを作成するときは、「個人的に楽しむ」だけの目的(私的利用であれば許されることが多いが、何らかの目的で第三者に披露する場合は注意
  • フォトブックを販売や配布をする場合は、被写体や装飾・イラストの著作権に注意
  • 著作権侵害の判断に迷うときは必ず確認