半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

写真プリントの「L判」とは?サイズ・解像度

写真プリントの「L判」のサイズ・大きさ

サイズ名 L判、LG
仕上がりサイズ 89mm x 127mm 
推奨画素数
(300dpi)
1051px × 1500px
縦横比率 1:1.427

L判のサイズ(大きさ)は89mm x 127mmです。L判は、写真プリントの標準サイズとしてもっとも普及している印画紙サイズです。多くのプリントサイトではサイズ一覧表で単に「」と表記しています。

L判の名前の由来

L判は小さなプリントサイズですが、その名前の意味はLサイズ(ラージ・サイズ)です。

1960年代から 70年代にかけて、35mmフィルムのカメラが国内で爆発的に普及した当時、新しいプリントニーズに応えるための「サービス判」(=サービス価格品)として普及しました。それまでの「サービス判」よりもひと回り大きいサイズなのでL判と名付けられたのです。

現在でもL判は「サービスサイズ」と呼ばれていて、枚数が多くても低価格で注文できる定番商品として定着しています。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2022年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2022年12月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

L判の比率

写真サイズの縦横比率のことをアスペクト比と言います。

L判の比率は1:1.427です。(1:43や、3:2.1、3:2と記載される場合もあり)

L判はフィルムカメラ時代の印画紙規格ですから、35mmフィルムの画面サイズ(36mmx24mm)と同じ比率になっています。

L判の解像度と画素数(ピクセル数)

ピクセル

ピクセル

解像度 300dpi で Lサイズの印画紙に全面印刷したときの短辺×長辺のピクセル数は、1051 × 1500 ピクセルとなります。総画素数では 1.577メガピクセルです。

富士フイルムやノーリツ鋼機等の主要なミニラボ機は、写真プリントの出力解像度が 300dpi です。

スマホ(iPhone)写真をL判でプリントすると一部が欠けた(切れた)写真に

スマホ(iPhone)写真の比率は1:1.427(約3:4)ですから、L判サイズでプリントすると、
縦横比率がL判サイズの1:1.337(約2:3)になるように切り取られてしまいます。

横位置の場合は上下のはみ出し部分が、縦位置は左右のはみ出し部分が切り取られます。

また、通常の白フチの無い写真は、白フチを出さないように写真を少し引き伸ばしてプリントしていますので、写真の周囲も若干切り取られることになります。

スマホ写真(iPhone)とほぼ同じ比率でプリントできるのはL判ではなく「DSC(LD)」サイズ!

スマホ写真は、「DSC(LD)」サイズの印画紙がほぼぴったり合います。

サイズ名 LD、DSC
高さ x 幅
(mm)
89 x 119mm 
画素数
(解像度 300dpiの場合)
1051 x 1406 px
縦横比率
(長辺 / 短辺)
1:1.337
(整数比  3:4

DSCはデジタルスチルカメラの略称であり、スマホカメラも含めたデジタルカメラのことです。
デジカメのイメージセンサー(撮影素子)のサイズは縦横比率が3:4ですから、DSCサイズの印画紙もそれに合わせたほぼ3:4(1:1.337)の縦横比率です。

スマホ写真をプリントするときに DSC(LD)サイズの印画紙を選択すれば、スマホの写真と同じ比率でプリントすることができます。

ただし、通常の白フチの無い写真は、白フチを出さないように写真を少し引き伸ばしてプリントしていますので、写真の周囲は若干切り取られることになります。

DSCサイズをアルバムに入れるときはL判用のアルバムで大丈夫です。
DSCサイズはL判と比較して長辺が 8mm短いだけですから、L判用のアルバムにきれいに収納することができます。

「DSC(LD)」サイズプリント対応サイト