半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

「ボケ」はスマホで撮れる?おしゃれな「ボケ」の種類とスマホの撮影方法!

ボケの種類

後ろボケ

被写体にピントを合わせ、背景をぼかした写真表現です。

上掲の写真では赤ちゃんの「手」にピントが合っていて、後ろの赤ちゃんの顔がボケています。

背景のディテールに目を奪われることがないので、被写体を際立たせる視覚効果があると同時に、見る人が被写体に注目しやすくなります。

前ボケ

被写体にピントを合わせ、それよりも手前にある物をぼかした写真表現です。

手前のボケ部分が真っ先に目に入ることにより、ソフトフォーカスの写真のようにふわっとした柔らかな雰囲気の写真になります。

玉ボケ

点光源である電球・ライトや木漏れ日の一つひとつが丸いドット(玉)のボケ模様となって写る現象のことです。

幻想的なシーンを演出します。

まだ見てなかったら見てね!マニアが選ぶ2020年もっともおすすめなフォトブックは…

フォトブックおすすめランキング おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有り】

スマホ(iPhone)で後ろボケ写真を撮影する方法

ポートレート」モードで撮影する

カメラ App の「ポートレート」モードを使えば、後ろボケ写真が簡単に撮影できます。

ポートレート」モードの撮影手順

  1. カメラ App の画面をスワイプして「ポートレート」を選択する。
  2. 画面のヒントに従って操作し、照明効果を選択。(野外撮影の場合は照明効果として「自然光」を選択。)
  3. シャッターボタンをタップする。

ポートレートモードに対応した iPhone のモデルは、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone SE (第 2 世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus です。

apple公式サイトより

「被写界深度コントロール」でボケレベルを調整する

ポートレート」モードで撮影した写真は、写真 App の「被写界深度コントロール」機能で後からでもボケレベルを調整できます。

※ 被写界深度 = ピントが合っているように見える範囲のこと。

「被写界深度コントロール」によるボケレベルの調整手順

  1. 写真 App で「ポートレート」モードの撮影写真を開く。
  2. 編集」ボタンをタップし、「被写界深度コントロール」を表示する。
  3. コントロールバーをスライドして被写界深度を調節し、ボケ具合を調整する。

コントロールバーの左端に設定すると被写界深度がもっとも浅くなり、背景のボケがもっとも強くなります。

スマホ(iPhone)で前ボケ写真を撮影する方法

「AE/AFロック」で撮影する

カメラ App の機能である「AE/AFロック」を使って前景をぼかします。

AE/AFロック」による前ボケ写真の撮影手順

  1. 前景が写り込むように構図を決め、ピントを合わせたい被写体を長押しする。
  2. 画面に「AE/AFロック」と表示されたら撮影準備完了。
  3. シャッターボタンをタップする。

AE は自動露出のこと。AF は自動焦点(オートフォーカス)のことです。「AE/AFロック」機能は、長押ししたポイントで明度と焦点距離を確定して固定します。

それによって被写体よりも手前に写り込んでいるものが被写界深度の範囲外に置かれることになり、前ボケ写真になります。

ただし、この撮影方法では前景だけでなく背景もぼかすことになります。

スマホ(iPhone)で玉ボケ写真を撮影する方法

「AE/AFロック」で撮影する

明るさとピントを固定する「AE/AFロック」機能を使えば玉ボケ写真の撮影も可能です。

AE/AFロック」による玉ボケ写真の撮影手順

  1. 至近距離(20cm程度)で光の当たっているものにピントを合わせ、画面のその部分を長押しして「AE/AFロック」を表示させます。
  2. 10mかそれ以上離れた光源(イルミネーションなど)を撮影する。

スマホの画面で電球やライトなどの光源が丸いドットになっていることを確認しながらシャッターボタンをタップすることができます。

スマホ用交換レンズで本格的なボケ撮影ができる

以上の撮影方法はいずれもiPhone既存のカメラAppの機能を活用したボケ写真ですが、スマホのカメラでも市販のレンズを取り付けることで一眼カメラと同じ光学的処理による本格的なボケ写真が撮影できます。

ボケ写真が撮影できるスマホ用交換レンズ

スマホ用交換レンズには望遠、広角、魚眼、マクロなど各種タイプがあり、その中で本格的なボケ写真の撮影に役立つのが望遠レンズです。

スマホ用望遠レンズにも高倍率のものがありますが、小型・軽量で使い勝手のいい 2X望遠レンズ(2倍望遠)がおすすめです。

後ろボケ、前ボケ、玉ボケのいずれの写真でも自然にぼかした撮影が可能となり、一眼カメラと比べても遜色のないボケ写真が撮影できます。