半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

ネットスクエアで年賀状を印刷してみた!口コミ

ネットスクエアで年賀状を印刷しました

ネットスクウェアは年賀状・はがき印刷の専門サイトです。
豊富なデザインや全国送料無料などが人気で、安く、オンラインで簡単に年賀状を作成したい人にはおすすめです。

ネットスクエア
 
・通常印刷:粉体トナー4色印刷

・写真プレミアム印刷:銀塩プリント
   
の2種の年賀状を作成
しましたので、比較・レビューします。

仕上がった年賀状をカメラで撮影した写真と、画質が解りやすいスキャニングした画像を掲載しています。

ネットスクウェアの公式サイトはこちら

年賀はがき
の種類
写真プレミアム印刷 / 写真画質仕上げ

通常印刷

紙質

宛名面:日本郵政の年賀はがきと同じ普通紙
デザイン面印画紙を貼付
(富士フイルム専用印画紙)

日本郵政の年賀はがきと同じ普通紙    
  

印刷
画質


銀塩プリントミニラボ機


粉体トナー4色印刷
(レーザープリンター)

サイズ 貼り合せ後の断裁により
縦横が若干小さい
貼り合せにより厚みがある
日本郵政年賀はがきの
通常サイズ
縦 148 mm x 横 100 mm
x 厚さ 0.23 mm
白フチ
裏面
なし
(全面印刷/四辺裁ち落とし)
四辺に約5 mm幅の白フチ
送料
税込
無料
宛名印刷 宛名基本料金 0円  宛名印刷 1枚 10円

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2022年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2022年12月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

ネットスクウェアの印刷タイプ3種

ネットスクウェアは、仕上がりの違いとして以下3種があります。

  • 通常印刷(白黒orカラー):粉体トナー4色印刷
  • 写真プレミアム印刷(光沢仕上げ):銀塩プリント(三菱製紙社製印画紙)
  • 写真プレミアム印刷(写真画質仕上げ):銀塩プリント(富士フイルム専用印画紙)

通常の4色印刷タイプ1種のほか、写真(銀塩)タイプを「2種の印画紙」から選ぶことができる年賀状印刷サイトは貴重ですね。

おすすめは富士フイルム印画紙を使用した高画質の「写真プレミアム印刷(写真画質仕上げ)」です。

通常印刷(白黒orカラー)

ネットスクエア 通常印刷 800dpiでスキャニング

通常印刷は、業務用のレーザープリンターで印刷された粉体トナータイプの4色印刷です。
写真(銀塩)ほどの美しさはありませんが、その分価格が安く納期も早いのが特徴です。


トナーののっている部分(印刷されている部分)に、テカリがあります。
写真(銀塩)タイプに比べると、色ムラがあります。


周りにしろフチがあります。

写真プレミアム印刷(光沢仕上げ / 写真画質仕上げ)

ネットスクエア 写真プレミアム印刷(写真画質) 800dpiでスキャニング

プレミアム写真印刷とは、印画紙にプリント(銀塩プリント)した写真をはがきに貼り付ける方法です。
通常印刷に比べて、写真が鮮明できれいですが、その分価格も通常印刷に比べると価格が高く、納期も長いという特徴があります。

  • 光沢仕上げは、ノーリツ鋼機社製プリンターで三菱製紙社製印画紙にプリントをします。ツヤツヤの光沢紙です。
  • 写真画質仕上げは、富士フィルム社製最新プリンターで富士フィルム社専用印画紙プリントします。半光沢タイプの上品な艶感です。

写真プレミアム印刷(写真画質仕上げ)

おすすめは富士フイルム印画紙を使用した高画質の「写真プレミアム印刷(写真画質仕上げ)」です。
富半光沢印画紙は上品な艶感ですが、ツルツル光沢タイプの光沢紙(光沢仕上げ)は、指紋がつきやすいので注意しましょう。


通常印刷と違い、白フチはありません。

ネットスクウェアは宛名印刷できる?

ネットスクウェアでは宛名印刷を行っています。ネットスクウェアの会員登録(無料)を行えば、はがき注文と一緒に宛名印刷を依頼できます。

ただし、宛名印刷のみの注文はできません。ネットスクウェアではがき作成を注文した場合のみ、宛名印刷の注文が可能です。

宛名印刷の料金

ネットスクウェアの宛名印刷は有料です。

宛名印刷の基本料金は0円ですが、宛名印刷をするはがき1枚につき10円の料金がかかります。

あまり数が多くない年賀状への宛名印刷であれば、比較的安い負担で済みますが、数百通など大量の年賀状へ宛名を印刷したい場合は、料金がかなり違ってくるため注意しておきましょう。

差出人欄は入力できる?

ネットスクウェアの宛名印刷では、差出人欄への入力はできません。差出人名や住所ははがき裏面のデザイン面の中に印刷されます。

ちなみに、差出人名を連名にするなどは可能です。

ネットスクウェアの代行投函できる?

ネットスクウェアでは代理投函(サイト側でのポスト投函)は行っていません

これは会員登録をしていても同じです。

そのため、ネットスクウェアで注文したはがきは、完成後必ず注文者が受け取ることになります。その後自身で投函をしなければならないため、年賀状の到着日から逆算して早めの注文をした方が良いでしょう。

ネットスクウェアの納期(発送日)と送料は?

ネットスクウェアの発送は、最短で注文日の翌日です。

これには条件があり、「17時までの注文であれば翌日発送(予定)」となります。17時を過ぎている場合は、注文日の翌々日発送です。

また、注文したはがきに宛名印刷を依頼した場合は「注文から2~3営業日での発送」へと変わります。

さらに、プレミアム写真印刷を希望した場合は「注文から約1週間での発送」と、かなり時間を要することも知っておきましょう。

送料については、無料です。注文枚数や住所、期間などにかかわらず無料で配送されます。

ネットスクウェアの写真入り年賀状の編集方法は?

ネットスクウェアでは、作成する年賀状の編集が可能です。注文画面にしたがって進めていくと、「編集画面」が出てきます。

自由なレイアウト変更などができるか?

ネットスクウェアの編集画面は、非常にシンプルです。カメラマークをクリックして希望する写真を選ぶ、写真の拡大や縮小、写真の回転などができます。

ただし、文字に陰影をつけたり、写真にエフェクトをかけたりなど、複雑な編集には対応していません。

写真の補正はできるか?

写真の補正も、簡単なものであれば対応しています。「画質調整」の箇所から、写真の明るさを選べるので、少し暗く写っている写真でも使いやすいでしょう。

ただし、写真も細やかな補正はできません。ネットスクウェアはサイト側でも写真の補正を受け付けていないため、できるだけ補正なしでもきれいに写っている写真を選びましょう。

年賀状割引キャンペーン・クーポン情報

早割

ネットスクウェアでは、毎年「早割」が行われています。早割とは、早期に年賀状の注文をすると値引きされるキャンペーンのことです。

2022年の年賀状期間は、2021年の9月から始まりました。早割は、年賀状期間の中でも注文が早ければ早いほど割引率が高く設定されています。割引率はまちまちですが、2021年9月時点での割引率は最大65%割引でした。

リピータークーポン

リピータークーポンとは、前年にネットスクウェアを利用したことがある人が使えるお得なクーポンです。ネットスクウェアのWEBサイト内で、前年に登録したメールアドレスを入力すると、クーポンコードが発行されます。

注文時に、そのクーポンコードを入力することでリピータークーポンとして割引が適用される、という仕組みです。

ネットスクウェアの特徴とメリット・デメリットまとめ

ネットスクウェアは、価格の安さと1200種類を超える多くのデザインが人気です。編集もシンプルなため、ネットでの年賀状作成に慣れていない人でも注文しやすいでしょう。

印刷の種類によっては発送まで少し時間がかかる、など注意しなければならない点もありますが、その点も考慮して早めに注文しておきたいという人はあまり気にならないかもしれまえせん。

メリット

  • 送料無料
  • 期間限定割引
  • 宛名印刷サービス(無料の会員登録必要)
  • 同時注文で最大1000円割引
  • 17時までの注文で翌日出荷
  • プレミアム写真印刷年賀状(銀塩)あり
  • 1200種類以上の豊富なデザインから選べる
  • アプリ不要

デメリット

  • 投函代行サービスがない
  • 画像の修正や補正は受け付けていない
  • プレミアム写真印刷の場合の納期が1週間ほどかかる

デメリット面では、代行投函サービスがないという点に注意が必要です。
投函サービスがないということは、注文商品が届いてから自分で投函して郵送、となるため先方に届くまでの時間に差が出ます。年末ギリギリの注文では間に合わない場合もありますから、余裕を持って注文しましょう。

ネットスクウェアの公式サイトはこちら