半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

500円フォトブックをドリームページで作りました!画質・品質は?(口コミ・レビュー)

ドリームページ 500円 フォトブック

ドリームページの500円フォトブックを作りましたのでレビューします。

500円フォトブックの包装


ネコポスで届きました。宛名シールを貼ったドリームページの封筒です。
配送中の水濡れや汚れを防ぐための透明な袋に密封されています。

配送中にフォトブックが折れ曲がらないないよう、「厚紙」と「発泡スチロールシート」に包まれています。

まだ見てなかったら見てね!マニアが選ぶ2021年もっともおすすめなフォトブックは…

おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【最大50%OFFクーポン有】

500円フォトブックはコンパクトな文庫サイズ(A6)

ドリームページ500円フォトブックの商品コンセプトは「初めての人にも手軽に作れるコンパクトなフォトブック」です。
次のような商品スペックになっています。

フォトブック名 500円フォトブック
価格 540 円(税込)
サイズ 文庫本サイズ(A6)
縦 144 mm x 横 108 mm
ページ数 16P
製本 ソフトカバー / 無線綴じ 
本文用紙 ナチュラル(書籍用紙) 
印刷 液体トナーの6色網点印刷
表紙加工 マットラミネート加工(マットPP加工)
送料 クロネコDM便: 167円(税込)/宅急便: 550円(税込)

500円フォトブックの名称ですが税込540円です。
お手ごろな文庫本サイズ(A6)で、帯・カバーなどの付属パーツはないシンプルなソフトカバー・無線綴じの装丁、冊子の基本形です。
“飾り”の要素として挟みこむ「遊び紙」が巻頭・巻末に付いています。

価格は安価ですが、液体トナータイプの6色網点印刷で、表紙にはマットラミネート加工(マットPP加工)がされていました。丁寧な仕上げのフォトブックです。

フォトブックの「表面加工」の違いについて

フォトブックの「印刷方式」の違いについて

ドリームページ 500円フォトブックはこちら

500円フォトブックの製本スタイル

500円フォトブックは、シンプルなソフトカバーの無線綴じです。本文16ページの前後に遊び紙が挟みこまれています。


左側が表2(表紙の裏)、右側が巻頭の遊び紙です。


左側が巻頭の遊び紙、右側が本文の先頭ページ(p.1)。


本文の見開きページ。[p.2~3]から[p.14~15]まで7見開きがあります。


左側が本文の最終ページ(p.16)、右側が巻末の遊び紙です。


左側が巻末の遊び紙、右側が表3(裏表紙の裏)。


表4(裏表紙)です。QRコードが掲載されてしまいますが、写真は全面にレイアウトもできます。

500円フォトブックの用紙と印刷品質

表紙はコート紙にマットラミネート加工(マットPP加工)

表紙は写真印刷に適した白色度の高いコート紙で、きれいな発色です。
本文ページの写真より生き生きとした表情の写真に仕上がっています。

マットラミネート加工(マットPP加工)が施されていました。

艶消しで光沢感はなく、さらさらとした上品な仕上がりです。

本文の用紙は書籍用紙

500円フォトブックの本文には書籍用紙が使われています。

書籍用紙とは、文字を読みやすくするために光沢度を抑えて光の反射を少なくした用紙です。発色は若干沈んだ渋い色合いです。
書籍用紙は本来、写真印刷には向かないタイプの用紙ですが、ドリームページでは写真の再現性にも比較的優れた書籍用紙が使われているそうです。

500円フォトブックでは液体トナーの6色網点印刷が採用されています。
写真を拡大してみるとグラデーションがきれいに表現されていることが分かります。

500円フォトブックのページレイアウトとデザイン素材

レイアウトテンプレートの例


レイアウトテンプレートはとても豊富です。

もっとたくさんの写真を掲載することもできますが、
500円フォトブックはA6文庫相当の小さめサイズなので、
1ページの写真数は1〜3枚程度がおすすめです。それ以上多く掲載すると、写真が小さすぎてしまいます。

スクラップブックの素材を使用した例

「スクラップブック」のイラストや修飾文字、吹き出しなどもたいへん豊富です。
センスの良いかわいらしい素材が揃っています。


上掲のデザインはパソコンのオンライン編集から作成しています。

レイアウトテンプレートと背景を使用した例

レイアウトテンプレートと、背景用素材を使用しています。上掲のデザインはスマホからも作成できます。

500円フォトブックの編集方法(パソコン/スマホ)

パソコンのオンライン編集


「こだわりオンライン」の編集画面です。
上段に表示されている「スクラップブック」から多彩な素材を使用したり、自由なレイアウト編集ができます。


「かんたんオンライン」で編集作業をスタートしても、
上部のボタンで途中から「こだわりオンライン」に切り替えることができます。

スマホのオンライン編集

スマホのオンライン編集も、パソコンと同じオンライン編集ソフトを使用します。

ページごとにレイアウトテンプレートを選択できます。
レイアウトテンプレートの種類はパソコンと同じです。

スマホからは「スクラップブック」は使えず、写真を自由な位置に配置をすることはできません。

 

これもページレイアウトの選択画面です。
テンプレートの中には卒園・卒業アルバム用のレイアウトもあります。

 

背景テンプレートの選択画面です。
ページ単位または見開き単位で背景テンプレートを設定できます。

 

表紙の背景も選択できます。

 

表紙を全面写真にすることもできます。

 

スマホで使えるフォントは上掲の7種類です。

文字枠が入っているテンプレートを使えば、文字・コメント・キャプションを入れることができます。

目次ページやあとがきページのテンプレートもあります。

ドリームページ 500円フォトブックはこちら

ドリームページの「500円フォトブック」と「フォトブック148スクエア」の比較はこちら

ドリームページのフォトブック全種比較はこちら