フォトブックマニアの読者様限定!ビスタプリント半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

【画質比較】しまうまプリントVSマイブック(口コミ・レビュー・価格比較)

高価格ですが高品質のマイブックと、激安フォトブック代表のしまうまプリントをじっくり比較してみましょう。

フォトブックの画質を比較
しまうまプリント VS マイブック

しまうまプリントの出力機は、富士ゼロックスのオンデマンド印刷機 Color 1000 Pressです。2,400 x 2,400dpi という高い印刷解像度を誇っていますが、コピー機(複合機)と同じ粉体トナーによる4色印刷の業務用レーザープリンターですから、高画質な写真印刷は期待できません。その分、価格はしまうまプリントフォトブックが圧倒的安値なので、適正な価格設定と言えます。

マイブックのフォトブックも CMYK4色のオンデマンド印刷による製品です。しかし、一般に普及している粉体トナーの業務用レーザープリンターではなく、液体インクを使った最新式のオンデマンド印刷方式(網点印刷)で4色印刷されています。色再現性とグラデーション(諧調表現)にたいへん優れ、オフセット印刷に近い高画質です。

画質で決めるなら、マイブックがおすすめです。

画質はマイブックの勝利となります。

マイブックの公式サイトはこちら

フォトブックの装丁を比較
しまうまプリント VS マイブック

【ソフトカバー】しまうまプリント(無線綴じ)

ShimaumaPrintProductsしまうまプリントのフォトブックは、「A5」・「A5スクエア」・「文庫」の3種類。サイズの異なる同じ装丁の無線綴じ・ソフトカバーです。表紙には写真が入りませんが、写真をレイアウトできるジャケットが付いています。ジャケットはマットコーティングされ、落ち着いた色調です。

マイブックの綴じ方 装丁

MyBook_ART_HC_a

マイブックのフォトブックには、糸綴じ・無線綴じのハードカバーと無線綴じのソフトカバーがあり、いずれも丁寧な製本です。表紙には光沢ラミネート加工が施され、高級感と耐久性を高めています。本文ページは、やさしい光沢の「ニス加工」、落ち着いた「つや消しラミネート加工」、高級感と耐久性のある「光沢ラミネート加工」、以上3種類から選べます。

製本・綴じ方で決めるなら、やはりマイブックがおすすめです。

しまうまプリントフォトブックは無線綴じしか選べないため、
製本でもやはりマイブックの勝利となります。

マイブックの公式サイトはこちら

フォトブックの価格・納期を比較
しまうまプリント VS マイブック

しまうまプリントの最小ページ数の単価(税別)は以下の通りです。

A5       32P・無線綴じ・ソフトカバー  498円
A5スクエア   36P・無線綴じ・ソフトカバー  298円
文庫      36P・無線綴じ・ソフトカバー  198円

マイブックの最小ページ数の単価(税別)は以下の通りです。

ART-HC   10P・無線綴じ・ハードカバー CD:2,100円 ~ 300S:8,960円
ART-SC   10P・無線綴じ・ソフトカバー CD:1,400円 ~ 260S:6,700円
DX     12P・糸綴じ・ハードカバー  140Y:2,700円 ~ 263T:3,400円
シンプル   20P・糸綴じ・ハードカバー  188S:2,800円
MINI     12P・糸綴じ・ハードカバー  76S:900円

しまうまプリントの出荷は、午前中の注文が即日発送、午後の注文が翌日発送です。
マイブックの出荷予定日は、注文日の6営業日後です。

価格で決めるなら、しまうまプリントフォトブックが圧倒的安値です。

しまうまプリントフォトブックは業界最安級なので、安価・短納期(午前中の注文は翌日配達)を求めるならしまうまプリントフォトブックがおすすめです。

しまうまプリントフォトブックの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントフォトブックの公式サイト(パソコンから)

スマホ対応は?

マイブックはスマホ非対応で、しまうまプリントフォトブックはスマホ専用アプリがあります。マイブック系列のマイブックライフはスマホに対応していますが、マイブックとは商品もコンセプトも違います。

しまうまプリントフォトブックの公式アプリ(スマホから) しまうまプリントフォトブックの公式サイト(パソコンから)