フォトブックが半額!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

フォトブック表紙デザインのコツとポイント

フォトブック表紙デザインのポイント

フォトブックは、表紙デザインを選択できる商品を選んだ方が、自分でデザインする手間が省けるので便利です。

しかし、デザインサンプルがたくさんあっても、自分の気に入る作品があるとは限りません。本当に納得できるフォトブックを制作したいなら、面倒でも表紙を自分でデザインできるものを選んだ方が良いでしょう。そういうときの表紙デザインのポイントを説明します。

写真を四角い窓にレイアウト

一般に、表紙のレイアウトは単純なものです。女性誌などは表紙にたくさんの文字がレイアウトされていたりしますが、そういうデザインはセンスが必要ですから、なかなか真似できません。フォトブックの表紙の文字は、一般にタイトル、サブタイトル、ボリュームナンバーくらいのものです。従って、文字レイアウトをするのは簡単なのですが、問題は表紙写真との関係です。
写真集の場合は、原則として文字を写真の中にレイアウトしません。写真が大切な作品であり、それを見せるための冊子だからです。フォトブックの場合も同様です。また、写真の中に文字を挿入すると、多くの場合フォント文字の輪郭がかすれたり、線が消えたりします。しかも、写真の絵柄によっては文字が大変読みづらくなります。そこで、写真スペースと文字スペースを区別した方が無難です。

とりわけ、長方形の写真枠を表紙中央にレイアウトするともっとも安定したデザインとなり、しかも文字レイアウトがしやすくなります。

編集が自由なフォトブックを選びましょう。

【2019年】フォトブックおすすめランキング

写真に文字を入れたいときは

雑誌の表紙やポスターのように、写真1点を表紙全面にレイアウトしたいときは、あらかじめ文字レイアウトの位置を考えて撮影するべきです。

広告写真などの場合は、通常、まず文字を含めた全体のデザインを確定してから、それに合わせた写真を撮影します。

写真の中に文字をレイアウトするとき、文字が読みにくくなる場合には、よく文字の背景にリボンのような色帯を置いたり、文字に白縁を付けたりします。しかし、表紙の場合、それは表紙イメージを台無しにするセンスのない下手なデザイン方法です。たまたま表紙におすすめな写真があれば良いのですが、そういう都合のいいことは滅多にありません。

確実に納得のいく表紙を作りたいときは、まず表紙のサムネールやラフデザインを描いて絵柄と文字位置を確定し、それに合わせた写真を撮影しましょう。