1,000円割引!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

画像色補正のコツ|フォトブックの作り方

ビスタプリント編集ソフト 明るさ・コンテラスト

画像色補正のコツ|フォトブックの作り方

フォトブックの編集ソフトにも、画像の色補正ができるものが少なくありません。フリーレイアウトが可能な無料ダウンロードの編集ソフトの場合、マイブックのMyBookEditorや、ビスタプリントのダウンロードソフトなどが「色調」や「色相」・「彩度」を手動で調整する機能を持っています。

色補正できるフォトブックについてはこちらをご参考に。
写真を色補正・色調整できるフォトブック(明るさ・コンテラストなど)

画像の色補正は、写真の色合いがおかしいと感じたときに、画像処理ソフトで色調を修正する作業です。Photoshopの一般向け普及版であるPhotoshop Elementsにも、「画質調整」のメニューには、「自動レベル補正」から「カラーバランス」、「色相・彩度」、「バリエーション」まで、各種の色補正機能が用意されています。

しかし、「カラーバランス」や「色相・彩度」の調整という作業は、マニュアルや解説書をしっかり読み、ある程度経験を積まなければ、なかなか思い通りには使いこなせないでしょう。Photoshop Elementsの場合、まったくの素人でもすぐに使える色補正の機能は「自動レベル補正」だけだと思われます。ただし、この機能は返って画質を落とす場合もあるのですが、暗い写真や斜のかかった写真をワンタッチで明るいクリアな写真にしてくれる便利な機能です。

使い慣れた画像処理ソフトがある人は、まずそれで写真を補正し、解像度なども整えてからフォトブックの編集に入りましょう。