今月のフォトブック クーポン・割引情報

【先生・PTA・両親】卒業式・卒園式のフォトブックは自作できる?

入園式・入学式のフォトブック(ビスタプリント)

卒業式・卒園式のフォトブックを自作する

【先生・PTAが作る】
学校や幼稚園・保育園で作る卒園アルバム・卒業アルバム

近年は、幼稚園・保育園で作る卒園アルバムにも、フォトブック業者が使われています。

マイブックの様に、専用テンプレートのあるフォトブックもあります。プロがデザインしたテンプレートを無料で使え、テンプレートに当てはめるだけで簡単に卒園アルバムが作れます。

卒園アルバムのテンプレート

卒園アルバムのテンプレート(マイブック

ただし、マイブックのフォトブックは「無線綴じ」または「糸綴じ」です。
学校で配布されるような一般的な卒業アルバムは、ページが180度フラットに開ける「合紙綴じ」です。
綴じ方の違いについてはこちらをご参考に。
糸綴じ/無線綴じ/リング綴じ/合紙綴じの違いを比較

合紙綴じのフォトブックはこちら

【両親が作る】
わが子・家族用の卒業式・卒業式のフォトブック

入園式・入学式のフォトブック(ビスタプリント)

画像は入園式・入学式・卒園式のフォトブック(フォトブックマニアが自作したサンプル)です。ビスタプリントのフォトブックにフリー素材を配置して自作しています。

わが子が幼少期・青春期の大切な節目である卒園・卒業の時を迎えたことを記念し、晴れの日の子供や家族の姿と卒園式・卒業式の情景を写真に残すために、思い出に残るフォトブックを自作しましょう。

卒園式・卒業式のフォトブックの特徴は、子供のポートレート(肖像写真)が入ることです。大切な記念の写真ですから、普通は、家族全員で着飾り、街の写真館のスタジオで撮ってもらうことが多いようです。この写真がフォトブックの最初のページを飾ることになります。

また、卒園・卒業証書(修了証書)の写真も入れるのも良いでしょう。証書はカメラで置き撮りするよりも、スキャナでスキャンした方がきれいな画像データが得られます。自宅に適当なスキャナがない場合は、コンビニでもスキャニングできます。

卒園式・卒業式のフォトブックで使用する写真は、ほとんどが式の会場や園内・校内で撮影したスナップ写真と風景写真になると思われます。
しかし、フォトブックの形は、もっとも大切なポートレート写真の形で決まります。ポートレートは、大家族の場合には横長の写真になるでしょうが、核家族化が進んだ現代では縦長の写真が普通であり、従って、フォトブックの形もA4・B5相当の縦長タイプが一般的です。

ハードカバーの「合紙綴じ」がおすすめ

無線綴じと合紙綴じの違い

無線綴じと合紙綴じの違い

フォトブックのスタイルは、ハードカバーの上製本タイプ・合紙綴じがおすすめです。
ハードカバーのフォトブックについてはこちらをご参考に。

【2019年】フォトブックおすすめランキングはこちら【総合】

印刷にするか銀塩にするか

オンデマンド印刷にするか、銀塩プリントにするかは、好みの分かれるところです。一般的にオンデマンド印刷の方が安く印刷できます。

また、小さい文字をたくさん入力するのであれば、文字がはっきり印刷できる印刷タイプがおすすめです。