半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

写真をページ全面に配置できるフォトブック!裁ち落としレイアウトで大胆に!余白なし可能!

写真をページ全面に配置できるフォトブックとは?

ページに余白を作らず、写真を全面に敷き詰めるようにレイアウトすることを、グラフィックデザインでは「裁ち落とし」と呼びます。デザイン枠をはみ出すように写真をレイアウトすることにより、印刷紙を断裁するときに写真のはみ出し部分が裁ち落とされることから、このように呼ばれています。

写真を裁ち落としでページ全面にレイアウトすれば、迫力・臨場感のあるフォトブックを作ることができます。

写真をページ全面に配置できるフォトブックサイト

裁ち落としでページ全面に写真をレイアウトするには、以下のような「自由レイアウト」ができるフォトブックを選びましょう。テンプレートから選ぶタイプの場合、全面配置できるレイアウトが無い場合があります。

写真をページ全面に配置するなら、合紙綴じフォトブックがおすすめ

裁ち落としの写真のレイアウトが一番映えるのは、180度フラットに開ける「合紙綴じ」タイプのフォトブックです。
無線綴じの場合は、中央(ノド)の部分が見えにくくなるため、写真の重要な部分が中央にこないようレイアウトに注意が必要です。

\ まだ見てなかったら見てね! /

以下は、フォトブックを10年以上作り続けているフォトブックマニアが
24社のフォトブックを同じ写真で制作し実際に比較した結果です【2022年最新】
参考:フォトブック24社を同じ写真で比較 【2022年12月】おすすめフォトブック24社を同じ写真で比較!【50%OFFクーポン有】

メリハリのあるレイアウトを意識しましょう

裁ち落としのページは、見る人に対して写真の空間的な広がりを感じさせたいときに使うと効果的とされています。野外写真でも室内写真でも、写っている画像の周囲に広い空間が広がっているときには、それを意識させるのに有効と見られています。

ただし、写真の印刷レイアウトは、適度な「余白」をとることにより安定し、写真自体も完成した画像作品として目に映る場合もあります。

余白のあるレイアウト

裁ち落としは、そのようなデザインの安定感を突き崩すような強い効果がありますので、使うときはその効果を考えて判断してください。裁ち落としを多用すると、圧迫感・見づらさを感じ、写真の個性が逆に隠れてしまう場合もあります。

綺麗に撮影できた「メインの写真」は全面を大きく使った裁ち落としページにして、小さい方が綺麗に見える写真はレイアウト枠で余白をとって並べれば、メリハリのあるフォトブックになります。

フリーフォントでおしゃれなフォトブックに

見開き全面裁ち落としのページの余白が寂しく感じるときは、マスクやスタンプ・テキストで装飾するのもおすすめです。