フォトブックマニアの読者様限定!ビスタプリント半額クーポンあります!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

工場の写真集におすすめフォトブック

工場の写真集におすすめのフォトブックの条件としては、以下のようなことが挙げられます。

工場の写真なら、ワイドよりもスクエアサイズ。

工場やコンビナートの写真は、風景写真が重要になります。特に、周辺環境まで入れて撮影した遠景写真をレイアウトするためには、ページの横幅が十分になければなりません。

しかし、横幅があれば、それで十分という訳ではありません。煙突や塔のようにそびえ立つ施設の写真をレイアウトするときは、縦方向への空間的な広がりが必要になります。

結局、縦横両方向への空間的広がりを感じさせるレイアウトができる形として、スクエアタイプがもっとも適していると言えます。

スクエアタイプが選べるフォトブックはこちら

【2019年】フォトブックおすすめランキング

A4以上のビッグなサイズ。

風景写真を中心に写真集を作るには、ある程度大型のフォトブックが必要です。A4横長タイプは十分にその条件を満たしていると思いますが、縦方向への広がりがある写真や縦長写真は、迫力に欠けるものになってしまいそうです。A4横長を選ぶなら、いっそのことA3変形スクエアタイプがおすすめです。その方が、書籍としての安定した外観があり、開いたときの卓上に占める面積も大差ありませんので合理的です。
A3スクエアのおすすめフォトブックはこちら

高画質であること。

工場写真では、施設の構造のディテールを写し取った写真も大切だと思います。この場合、写真自体が高精細でなければ面白くありませんが、写真印刷も高精細でなければ、その造形の美しさや奇抜さを十分に表現し切れません。また、夜景も工場写真の魅力的なテーマです。漆黒の中に鮮やかに浮かび上がる光や色彩を美しく印刷するためには、印刷機・出力機の諧調表現色再現性の優れていることが重要になります。