Primii(プリミィ)のフォトブック新旧を同じ画像で比較(レビュー・評価・口コミ)

Primii(プリミィ)のフォトブック新旧を同じ画像で比較(レビュー・評価・口コミ)

プリミィ(Primii)のフォトブックを作りました。
プリミィは、スマホ専用の写真サービスサイトです。

プリミィのおすすめポイント

プリミィ(新)

プリミィ(新)

  • 月額料金でA5サイズのフォトブックも作れる(300円/Android )(400円/iphone)
  • 1枚5円の高品質なL判プリント
  • 大容量5GBの写真データ保管サービス
  • 「Androidで月1冊だけA5サイズを作る」という条件なら安いです。

primii公式サイトはこちら

月額300円(Android) 400円(iphone)で、A5サイズのフォトブックが作れる

A5サイズのフォトブックの大きさ

A5サイズのフォトブックの大きさ

プリミィのフォトブックは、A5(210x148mm)A6(148x105mm)の2サイズ。

プリミィはA5もA6も同額料金

A5・A6どちらもソフトカバー・本文24ページで、1冊目は無料(月額代金に込み)、1冊目から1冊400円、送料100円(税別)です。
「加入月の翌月から毎月1冊無料で作れる」とありますが、要は月額費用にフォトブック代金も込みということです。

L判5円のプリントサービス

プリミィの写真プリントは、国内有名メーカーの印画紙を使用していますが、
L版(89x127mm)が業界最安値の1枚5円、送料100円(税別)です。
しかも、120枚以上の注文は送料無料です。

5GBの写真データ保管サービス

スマホ写真を専用データベースにアップロードして安全に保存しておけます。
保存できる容量は5ギガバイト、スマホ写真約8,000枚に相当する大容量です。
写真はいつでも閲覧でき、フォトブックやプリントを簡単に注文できます。

プリミィは、大量の写真データをいつでもサーバーに保存することができ、たまった写真を生かしてフォトブックを毎月1冊作ることができます。スマホ写真がたまりがちの人にはおすすめのサービスです。

 

プリミィのフォトブックを新しく作りました。(新旧比較)

プリミィは、昨年の夏(2017年8月)にフォトブックをリニューアルしました。

プリミィのフォトブック(新旧比較)

プリミィのフォトブック(新旧比較)

新しいフォトブックは、ソフトカバー・本文24ページであることと1冊400円という低価格は以前と同じですが、それ以外の点が大きく変わりました。主な変更点は以下の通りです。

新しいフォトブックのリニューアル内容

アスカネットが印刷・製本を担当。

マイブックのアスカネットが新たに印刷・製本を担当しています。マイブッククラスの高級なフォトブックではありませんが、アスカネットの優れた技術とノウハウが生かされて、フォトブックサービスが大きく改善したようです。

装丁が一新されました。

プリミィの装丁・綴じ方

以前はジャケットを巻いて、ジャケットに表紙印刷をしてありましたが、新しいフォトブックではジャケットがなくなりました。また、製本面では同じ無線綴じでも進化したPUR製本が採用されています。

印刷がきれいになりました。

プリミィの画質 新旧比較

プリミィの画質 新旧比較

新しいフォトブックは以前と同様に粉体トナーのレーザープリンターによる4色印刷ですが、印刷画質は明らかに向上しています。

A5サイズが注文できるようになりました。

プリミィのフォトブックは、以前からA5サイズとA6サイズがラインナップされていましたが、実際にはA5サイズを注文できない状態が長く続いていました。アスカネットとの新規提携で、両方のフォトブックが注文できるようになりました。

プリミィ・フォトブックの装丁を新旧比較。

プリミィの装丁 新旧比較

プリミィの装丁 新旧比較

ジャケット付きから普通のソフトカバーへ。

プリミィの以前のフォトブックは、白紙の表紙にジャケットが巻かれていて、ジャケットに表紙デザインが印刷されていました。

表紙よりも薄い用紙が使われているジャケットには、傷みやすいという悪いところがあります。前回注文したフォトブックでは、商品が届いた時点ですでにジャケットの背の部分がしわになっていました。表紙にも同じデザインが印刷されていればジャケットを外しておくことができますが、プリミィの表紙は白紙ですから、ジャケットの傷みやすさは大きな欠陥でした。

新作のフォトブックではジャケットがなくなり、表1・表4に表紙デザインが印刷されています。扱いやすく見やすい普通のソフトカバーブックになり、長持ちさせることもできるようになりました。

丈夫で開きやすいPUR製本を採用。

プリミィの以前のフォトブックは、従来のホットメルト糊で本文の背を固める無線綴じでした。ページの開きが悪い上、強く押し広げたときなどにはページが脱落するおそれがありました。

リニューアルしたフォトブックも無線綴じですが、新開発の製本糊(PUR)を使用したPUR製本と呼ばれる新しいタイプの無線綴じです。PURはホットメルト糊よりも接着力が強いため、上の写真のように薄い膜状の接着層でもページをしっかりと固定することができます。また、固まっても柔軟性が高いため、ページを開きやすいというメリットもあります。

 

プリミィ・フォトブックの画質を新旧比較。

プリミィの画質 新旧比較

プリミィの画質 新旧比較

プリミィの画質 新旧比較

プリミィの画質 新旧比較(部分拡大)

プリミィの以前のフォトブックは、低価格と手軽さがセールスポイントの典型的な激安タイプで、画質について満足のいくものではありませんでした。しかし、新しいフォトブックは、アスカネットと提携したことで画質がずいぶん改善しました。

もっとも、印刷タイプは以前と同じレーザープリンターによる4色印刷ですから、アスカネットのマイブックのような高品質な印刷ではありません。それでも、自然な発色と諧調表現(グラデーション)の印刷であり、画質が以前より向上しています。A5・24ページで1冊400円のフォトブックとしては十分に満足できるきれいな印刷です。

primii公式サイトはこちら

 

プリミィのフォトブック注文画面

(1)ブックサイズ・ページ数の選択

「フォトブック注文」を選択
※リニューアル以前の注文画面ですから、A6サイズしか注文できませんでした。

・会員登録した直後の注文画面です。
・加入月に無料フォトブックは注文できません。1冊無料の特典は翌月から利用できます。
・「23ページ」は、本文の総ページ数ではなく、本文で写真を配置できるページ数です。

(2)写真の登録

フォトブックに使用する画像をアップロード

・フォトブックに使用する画像をアップロードする画面です。
・アップロードの進行中は、メーターバーが無いため、進行度合いが少々わかりづらいです。

写真の保存に関する注意(primiiより引用)

    • Wi-fi環境での保存を推奨いたします。
    • 携帯回線(3G/LTE)では、写真の保存に時間がかかる場合や、正常に写真を保存できずエラーとなる場合がございます。
    • 一度に保存できる写真は、アルバムの保存上限の50枚までとなります。
    • 51枚以降に選択した写真や、アルバムの上限を上回る場合は、保存が行われません。
    • 写真の保存中はそのままお待ちください。
    • 保存中に、ブラウザを閉じたり他のページに移動しますと、保存が中断されます。
    • Androidの方はOSバージョンおよびブラウザによっては写真の保存ができない場合がございます。
    • 「chrome」ブラウザでのご利用を推奨しております。写真の保存ができない場合は「chrome」をお試しいただけますようお願い致します。
    • 保存を行える写真の保存形式が『jpeg』のみとなります。
      ※スクリーンショット等の画像は通常ですと
      「png」ファイルとなりますので、保存頂くことが出来ません。

(3)フォトブックに使用する写真の選択

フォトブックの写真選択画面
並び替えるときは、配列順にタップします。少々面倒です。

(4)本文写真ページの編集

フォトブックの編集画面

 

(5)表紙デザインの選択

フォトブックの表紙選択画面

フォトブックの表紙選択画面・続き

・表紙には写真を印刷できません。デザインサンプルを選択します。
・以上でフォトブックの編集作業は完了です。続いて注文手続きの画面に進みます。

(6)フォトブックの注文手続き

フォトブックの決済画面

 

プリミィはいつでも退会できます。

プリミィは月額利用料300円(税別)の有料サイトですが、加入月も含めていつでも退会できます。
退会手続きは、プリミィの画面からではなく、スマホの「設定」メニューで「iTunes & App Store」を選択して行います。

プリミィの退会手続に関する説明

 

プリミィはこんな人におすすめ。

登録しておけば、毎月、月額300円で、5GB(写真約8,000点分)のデータ保管サービスが使えます。
5GBというと、dropboxの無料容量(2GB)の2.5倍です。
かなりの容量の写真を保存することができる上、
毎月の思い出をそのまま、1冊無料でフォトブックに出来ます。
また、写真のバックアップ場所としても使えます。
子供の写真や、旅行の写真が、スマートフォンの中に溜まったままになっている人には、おすすめのサービスです。

primii公式サイトはこちら

 

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. A6文庫サイズのレイアウト
    A6・文庫サイズのおすすめフォトブック A6・文庫サイズのおすすめフォトブック 各社の価格を比較…
  2. A4サイズのフォトブックの大きさ
    A4サイズのおすすめフォトブック [blogcard url="http://photobook.…
  3. A4スクエアサイズのフォトブックの大きさ
    A4スクエア・A5スクエアのおすすめフォトブック [blogcard url="http://…
  4. ビスタプリント 友達のフォトブック
    友達・恋人同士のフォトブックにおすすめのフォトブックをご紹介します。 フォトブックを友達同士で共同…
  5. A5サイズのフォトブック比較
    本棚にぴったり収まる! A5サイズのフォトブック [blogcard url="http://…
  6. ビスタプリントの「 フルフラットフォトブック 」は4色印刷の製品で、本文用紙もスタンダードな半光沢紙…
  7. ココアル ハードカバー
    ココアルのフォトブックを作りました。 ココアルは、ワープロソフト「一太郎」や日本語変換システム「A…
  8. フォトブックのサイズを比較
    フォトブックのサイズとメリットデメリット [caption id="attachmen…

ピックアップ記事

  1. 成人式におすすめのフォトブックは?【マニアが選ぶフォトブック】

    成人式のフォトブックは自作できます。 成人式を記念して作るフォトブックは、一生の記念になる大切なも…
  2. 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較

    フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙の画質 」「 中ページの画…
ページ上部へ戻る