フォトレボ「ノーブル」を作りました。画質・製本・値段を比較

フォトレボ「ノーブル」を作りました。画質・製本・値段を比較

フォトレボのプレミアムフォトブック「ノーブル」を作りました。

ノーブルは、高品質なフォトレボのフォトブックの中でもハイエンドのカテゴリーである「プレミアム」のアイテムです。

フォトレボ「ノーブル」 クリアケース付き

ノーブルの表紙はクロス張りです。今回注文した「キャンバス」というクロスは生成りのキャンバス生地のようなカジュアル感がありますが、色合いがいいので高級感も感じられます。その中央のくぼんだ四角いスペースにきれいなL版写真が貼りこまれていて、とても上品な表紙に仕上がっています。※質感は布のように見えますが布ではなく、壁紙(ビニールクロス)のような素材です

フォトレボ「ノーブル」の仕様・価格

・装丁  上製本タイプ / 無線綴じ(PUR製本)/ クロス表紙(角版写真貼付)
・サイズ 縦 200mm x 横 268mm
・ページ 8P ~ 40P (2P単位で追加)
・印刷  キヤノン DreamLabo 5000 による7色印刷
・用紙  サテン(キヤノン純正半光沢紙)
・付属品 クリアケース
・価格  8~16P @4,800円 ~ 40P @6,960円(2P追加毎に180円/全税込)

フォトレボの公式サイトはこちら

そのほかフォトレボのフォトブックはこちら

フォトレボ ノーブルの画質は?

フォトレボ ノーブル

フォトレボ「ノーブル」 本文ページ

DreamLabo 5000 で最高品質の写真印刷

フォトレボプレミアム 中面の画質(拡大)

ノーブルは本文ページも表紙のL判写真も、キヤノンの業務用7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 を使用して純正半光沢紙のサテンに印刷されています。
DreamLabo 5000 の精緻なプリントヘッドからは最小1ピコリットル(1兆分の1リットル)という極小のインク滴が高速で噴射され、用紙上に正確に着弾します。他社製品にはない業界随一の超ハイテクプリントヘッドです。

この高密度プリントヘッド技術と純正7色染料インク、専用写真用紙を使用することにより、画像の暗部やハイライト部でも優れた色再現性となめらかな諧調表現を実現します。高品位の銀塩写真やオフセット印刷をもしのぐ透明感、重厚感、立体感のある写真印刷が可能です。

また、アルバム保存(印刷面が空気に触れない状態での暗所保存)約300年、耐光性約40年という驚異的な耐久性も実現しています。

フォトレボの別のフォトブックと画質を比較

フォトレボ「ノーブル」と「ソフトカバー A5パノラマ」の表紙印刷を比較

フォトレボの商品の本文ページはすべてDreamLabo 5000 7色印刷の高画質です。
ただし、表紙の印刷は、プレミアムの商品と、A4Hパノラマ(ソフトカバー)、A4Hバーチカル(ソフトカバー)以外は、HP Indigo Digital Press 5500 4色印刷で印刷されています。

ノーブルの表紙写真は、DreamLabo 5000 の7色印刷でキヤノン純正の半光沢紙サテンに印刷されたものです。ソフトカバー A5パノラマの表紙写真は、HP Indigo Digital Press 5500 4色印刷でHP 認証のコート紙が使われているかと思います。表面にクリアPP加工が施されています。

HP Indigo 5500 も優れた業務用インクジェットプリンターで、印刷画質はけっして悪くありませんが、DreamLabo 50007色印刷 で印刷されたノーブルの表紙写真の方が、明らかに滑らかできれいな諧調表現(グラデーション)の写真です。

フォトレボ ノーブルの装丁は?

丈夫で高級感のある上製本タイプ

フォトレボ ノーブルの装丁・綴じ方

フォトレボ「ノーブル」 上製本タイプの装丁

ノーブルは、本文サイズよりもひと回り大きなハードカバーと角背の背表紙で本文を包んだ上製本タイプのフォトブックです。分厚い表紙で本文がしっかり守られていて、型崩れも起きにくい丈夫な装丁であり、高級感も兼ね備えています。

ページが脱落しにくく開きの良い PUR製本

フォトレボ ノーブルの装丁・綴じ方

フォトレボ「ノーブル」 PUR製本の本文

ノーブルの本文は背を製本糊で接合した無線綴じですが、従来のホットメルト糊ではなく、PURという新しい製本糊を使用した PUR製本が採用されています。PURは接着力が強く、固まっても柔軟性があるため、ページが脱落しにくく、見開きを大きく開くことができるという特徴があります。フォトレボの商品はすべてPUR製本の無線綴じです。

美しく滑らかなクロス表紙

フォトレボ ノーブルの表紙の質感

フォトレボ「ノーブル」 本クロスの表紙

ノーブルの表紙のクロス張りは、とても滑らかな手触りです。写真では、布のように見えますが布ではなく、撥水性のある壁紙(ビニールクロス)のような素材です。

今回注文したノーブルでは「キャンバス」というクロスを指定しましたが、そのほかに「ノワール」、「ひまわり」というクロスもあり、好きなものを選択することができます。なお、注文時に何も指定しなかったときは、標準仕様としてノワールの表紙になります。

ノーブルは、装丁が上品で高級感のあるデザインであり、キヤノンの純正半光沢紙サテンの本文ページがその美しさでさらに大きな視覚的感動を与えてくれます。また、装丁が丈夫な上に、アルバム保存約300年という驚異的な印刷の耐久性も備えていますから、大切な記念アルバムこだわりの写真集にふさわしいフォトブックです。

フォトレボのフォトブック一覧

商品名最安値表紙本文出荷日ケース
プレミアム「ノーブル」
4,800円7色印刷
DreamLabo 5000
布調クロス(布ではない)
7色印刷
DreamLabo 5000
5営業日後クリアケース
プレミアム「プレシャス300」10,800円合皮レザー調7色印刷
DreamLabo 5000
5営業日後なし
プレミアム「カノン」
3,900円7色印刷
DreamLabo 5000
7色印刷
DreamLabo 5000
3営業日後なし
ハードカバー(全商品)
フォトレボ ハードカバー 表紙
2,500円4色印刷
Hp Indigo 5500
7色印刷
DreamLabo 5000
3営業日後クリアケース
ソフトカバー
980円4色印刷
Hp Indigo 5500
7色印刷
DreamLabo 5000
3営業日後なし
ソフトカバー
A4Hパノラマ
A4Hバーチカル

2,900円7色印刷
DreamLabo 5000
7色印刷
DreamLabo 5000
3営業日後なし

フォトレボの公式サイトはこちら

フォトレボのレビュー詳しくはこちら

フォトレボ5種のフォトブック【同じ画像で比較】利点と欠点。画質が良いのは?

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. A6文庫サイズのレイアウト
    A6・文庫サイズのおすすめフォトブック A6・文庫サイズのおすすめフォトブック 各社の価格を比較…
  2. A4サイズのフォトブックの大きさ
    A4サイズのおすすめフォトブック [blogcard url="http://photobook.…
  3. A4スクエアサイズのフォトブックの大きさ
    A4スクエア・A5スクエアのおすすめフォトブック [blogcard url="http://…
  4. ビスタプリント 友達のフォトブック
    友達・恋人同士のフォトブックにおすすめのフォトブックをご紹介します。 フォトブックを友達同士で共同…
  5. A5サイズのフォトブック比較
    本棚にぴったり収まる! A5サイズのフォトブック [blogcard url="http://…
  6. ビスタプリントの「 フルフラットフォトブック 」は4色印刷の製品で、本文用紙もスタンダードな半光沢紙…
  7. ココアル ハードカバー
    ココアルのフォトブックを作りました。 ココアルは、ワープロソフト「一太郎」や日本語変換システム「A…
  8. フォトブックのサイズを比較
    フォトブックのサイズとメリットデメリット [caption id="attachmen…

ピックアップ記事

  1. 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較

    フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙の画質 」「 中ページの画…
  2. プレゼント

    プレゼントにおすすめなフォトブック【両親・祖父母・友人へ】

    親しい人へのプレゼントに最適なフォトブックの選び方 フォトブック利用者の最近のトレンドとして目立つ…
ページ上部へ戻る