スマホで作るフォトブック5社を比較

スマホで作るフォトブック5社を比較


スマホでつくるフォトブックを比較

 

〈 プリミィ 〉 フォトブック

プリミィのアプリは、Android版が2017年7月31日に更新され、iPhone版が翌日の8月1日に更新されました。すでに7月上旬の報道発表によって、8月以降、フォトブックの製作業務をマイブックのアスカネットに新規委託することが公表されていましたので、このアプリの更新後にはフォトブックもリニューアルすると思われます。

マイブックについて詳しくはこちら
マイブックのフォトブックを作りました。 (画質、品質、価格の口コミ・レビュー)フォトブック比較
マイブックライフ 「シールスタンド」 を作りました。 評価・レビュー・口コミ

リニューアル後のフォトブックは、ソフトカバー・無線綴じ・本文24ページという規格は変わりませんが、従来商品ラインナップに含まれていながら実際には販売されていなかったA5サイズがようやく注文できるようになります。また、従来品はジャケット(巻きカバー)に表紙印刷されていますが、ジャケットが廃止されて表紙に直接印刷されます。そして、品質上のもっとも大きな変化は、画質が格段に向上することです。従来品はレーザープリンターによる標準的な4色印刷ですが、アスカネットはHP Indigo インクジェット印刷機による7色印刷ですから、高画質な写真印刷が期待できます。

フォトブックの表紙イメージ

印刷画質の新旧比較(報道発表資料より)

【サイズ】  A6サイズ(文庫本サイズ)/A5サイズ
【ページ】  24ページ
【印 刷】  リニューアル前・4色印刷/リニューアル後・7色印刷(?)
【カバー】  ソフトカバー

アプリの対応環境
iPhone、iPad、iPod touch:iOS 8.1以降
Android:バージョン4.0.3以降

※ Android版の月額利用料は300円(税別)ですが、iPhone版は月額400円(税別)です。
【primiiの公式サイトはこちら】

primii公式サイトはこちら

〈 撮るだけフォトブック 〉 撮るだけフォトブックS


撮るだけフォトブックでは、PCからの注文では7色印刷のオプションを選択できますが、スマホからは4色印刷の製品しか注文できません。しかし、撮るだけフォトブックの4色印刷は画質にたいへん優れ、一般の4色印刷の製品よりも美しい仕上がりです。

スマホ写真にGPSの位置情報を付ける設定にしておくと、撮影場所の地名をキャプションとして写真のそばに自動表示することができます。旅行写真でフォトブックを作るときに便利です。

旅行のフォトブックで撮影場所を自動入力できます。

【サイズ】  A4サイズ  ソフトカバー(210x297mm)/ハードカバー(200x268mm)
A5パノラマ ソフトカバー(210x140mm)/ハードカバー(210x140mm)
【ページ】  20/30/40/60/80ページ(全サイズ共通)
【印 刷】  4色印刷

アプリの対応環境
iPhone 5以降、iPad、iPod touch:iOS 9.0以降、WiFi
Android:バージョン4.4以降

撮るだけフォトブックの公式サイトはこちら

〈 しまうまプリント 〉 フォトブック


しまうまプリントは、低価格・迅速発送という点ではフォトブック業界の優等生です。しかし、それにしてはAndroid版アプリのカスタマー評価が悪過ぎます。最新バージョンに更新されても、クレームは減らないようです。iPhone版のカスタマー評価も良くありません。このような状況が長く続いて改善の兆しも見えないようですから、しまうまプリントはスマホよりもPCで使うサイトと見るべきでしょう。

【サイズ】  文庫(105x148mm)/A5スクエア(148x148mm)/A5(148x210mm)
【ページ】  32(A5)または36(文庫・A5スクエア)/48/72/96/144ページ
【印 刷】  4色印刷
【カバー】  ソフトカバー

アプリの対応環境
iPhone、iPad、iPod touch:iOS 8.0以降、WiFi
Android:バージョン4.0以降

しまうまプリントの公式サイトはこちら

〈 マイブックライフ 〉 ブック


book(ブック)は、マイブックの姉妹サイトであるマイブックライフのフォトブックです。ハードカバーの上製本仕様ですが、表紙には無漂白の丈夫なクラフト紙(封筒、セメント袋などの材料)を使用し、本文ページにも古紙パルプや間伐材パルプを配合した木のぬくもりのある紙(エコ間伐紙)を使用しています。本来書籍印刷には向かない用紙であり、写真画質はけっして良くありませんが、心を和ませるノスタルジックな風合いが魅力的です。

「typeタテ」 表紙の写真枠が縦長

「typeヨコ」 表紙の写真枠が横長

ブックで使用する写真は、表紙と本文16ページに各1点、合計17点です。編集作業も表紙・背表紙タイトルの入力と画像の変更・回転・トリミングだけで単純作業ですから、専用アプリをインストールせずにWeb上で簡単・確実に編集して注文できます。

【サイズ】  縦160mm x 横160mm x 背幅7mm
【ページ】  16ページ
【カバー】  ハードカバー/帯付き

マイブックの公式サイトはこちら

〈 ネットプリントジャパン 〉 NPJフォトブック

NPJフォトブックの最大の特長は、キヤノンの超高性能なインクジェットプリンター DreamLabo 5000 で純正光沢紙グロッシーに印刷する「プレミアム光沢仕上げ」が選択できることです。標準印刷の製品とは比較にならない高画質な写真印刷が可能です。

表紙デザインは4種類、表紙カラーは5色。

本文ページのレイアウト例。

表紙は月並みなデザインの4種類しか選択肢がありません。他方、本文ページのテンプレートは単ページ16パターン・見開きページ5パターンも用意されていますから、A4・A5縦長のサイズでは変化のあるデザインが楽しめそうです。ただ、使えるフォントが5種類だけで、表紙・本文の文字レイアウトの自由度も限られています。思い通りの作品を仕上げるのは、なかなか難しいと思われます。

【サイズ】  文庫サイズ/A5スクエア/A5サイズ/A4サイズ
105×148  148×148  148×210  210×280(単位: mm)
【ページ】  24/48/96ページ(全サイズ共通)
【印 刷】  スタンダード(4色印刷)/プレミアム(7色印刷)
【カバー】  ソフトカバー/ハードカバー(A5・A4のプレミアムに限り選択可)

アプリの対応環境
iPhone、iPad、iPod touch:iOS 8.0以降
Android:バージョン4.0以降

ネットプリントジャパンの公式サイトはこちら

スマホ対応のフォトブックサイト「MYBOOK LIFE」を比較 口コミ・レビュー
スマホ対応のフォトブック比較 画質で比較
スマホ対応のフォトブック比較 即日発送、短納期なのは?
スマホ対応のフォトブック比較 価格が一番安いのは?
フォトブックアプリおすすめランキング

2017年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント


    詳しいレビュー記事はこちら
    ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



【人気ランキング】フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. マイブック

  3. フォトレボ



フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

フォトブッククーポン・キャンペーン

  1. 今月のフォトブック クーポン・キャンペーン情報【割引・送料無料】 このページは毎月更新してます♪ …

きまぐれピックアップフォトブック

  1. ビスタプリントのリング式フォトブックを作りました。 ビスタプリントは「フルフラットフォトブック」が…
  2. プリミィ(Primii)のフォトブックを作りました。 プリミィは、スマホ専用の写真サービスサイトで…
  3. フルフラットタイプのフォトブックとは 書籍やアルバムでフルフラットと呼ぶのは、見開き2ページが凹凸…
  4. マイブックライフの新製品「 シールスタンド 」を作りました。 雑誌「ジャンプ」の某人気漫画…
  5. フォトブックの大切な写真が手で触れることや紙同士がこすれ合うことで痛んでしまうのはとても残念なことで…

記事一覧

ページ上部へ戻る