ハードカバーのフォトブック4社を比較【同じ画像で印刷】おすすめは?

ハードカバーのフォトブック4社を比較【同じ画像で印刷】おすすめは?

ハードカバーのフォトブックを同じ画像で印刷し、比較しました。
以下、3つのポイントからハードカバーのフォトブックでおすすめのものをピックアップしてみました。

ハードカバーフォトブック比較ポイント
  1. フォトブックの製本(ページの綴じ方と表紙の装着方法)
  2. フォトブックの画質(オンデマンド印刷や銀塩プリントの品質)
  3. デザイン(書籍としての外観とテンプレート・書体の品質)

このページで紹介しているフォトブックはすべて、
市販の書籍に劣らない上質感のあるハードカバーです。

目次

同じ「ハードカバー」のフォトブックでも、「綴じ方」の違いにより印象が全く変わります。

ビスタプリント / フォトレボ / マイブック 表紙・本文の紙の厚みを比較

ビスタプリント / フォトレボ / マイブック のハードカバーのフォトブック

ハードカバーのフォトブックの綴じ方には、「無線綴じ」「合紙綴じ」「糸綴じ」があります。

「無線綴じ」「糸綴じ」は、開いた時に中央の綴じ込み部分が見えにくいため、フォトブックマニアがおすすめするハードカバーのフォトブックの綴じ方は「合紙綴じ」でフォトブックです。

無線綴じと合紙綴じの違い

ハードカバーの綴じ方の違いはこちらもご参考に

総合おすすめランキングはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 ビスタプリント 〉フルフラットフォトブック

当サイトの総合おすすめランキングでも1位の、ビスタプリントのフォトブックです。(旧名:フルフラットフォトブック)(ハードカバー/合紙綴じ)

開いた際に、最もインパクトと感動を与えるのが「フルフラット(合紙綴じ)」タイプのフォトブックです。
フルフラット(合紙綴じ)は、見開きの2ページが180度開くことが可能で、完全に一枚の大きな写真のように見えるフォトブックのことです。

ビスタプリント ハードカバーのフルフラットフォトブック

このフルフラットフォトブックを大きなサイズで作ると本当に見応えがあります。
見開き2ページを1枚の用紙に印刷して谷折り(印刷面を内側にした二つ折り)で、
ページ順に貼り合わせる綴じ方です。

ビスタプリント フルフラットフォトブック

【ハードカバー】ビスタプリント フルフラットフォトブック

無線綴じと合紙綴じの違い

無線綴じでは、綴じ込み部分が隠れてしまいますが、合紙綴じは見開きを切れ目なく、180度フラットに開いて見ることができます。
2ページにわたるワイドな写真表現に最適のフォトブックです。

ビスタプリントフルフラットフォトブックの画質は?

ビスタプリントの「 フルフラットフォトブック 」の表紙と本文ページの用紙はどちらも落ち着いた上質感のある半光沢紙(マット系)を使用し、表紙には保護膜として透明フィルムによるコーティング処理(クリアPP加工)が施されています。
写真印刷はいずれも自然な色合いとグラデーションの変化に優れ、髪や肌の美しさと質感が十分に感じられます。

フォトレボ / ビスタプリント / マイブック

フォトレボ / ビスタプリント / マイブック の画質

他社よりも発色が明るく、人物の肌色が一番健康的に発色されたのがビスタプリントでした。上の画像は、同じデータで印刷しており、入稿前の色補正は一切していません。

[ ビスタプリントフルフラットフォトブック の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ 外寸
28 x 21cm
15 x 20cm
21 x 28cm
21 x 21cm
30 x 30cm
ページ数 本文・24~120
※2ページ毎に追加可能
印刷製本 オンデマンド印刷、合紙綴じ、ハードカバー
値段 A4/24ページ作成の場合
3,980円(税抜)

ビスタプリントの「 フォトブック(フルフラットフォトブック) 」は、丈夫な厚紙を入れたハードカバーの表紙・背表紙で本文ページをくるんだ構造になっており、大変しっかりした作りになっています。

長期保存のアルバムにもおすすめです。

ビスタプリントの詳しいレビューはこちら


ビスタプリントの公式サイトはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 マイブック 〉DX 263T / 188S / 140Y

マイブック DX(ハードカバー/糸綴じ)

マイブック DX(ハードカバー/糸綴じ)

マイブックは、色調の再現性を追求したオンデマンド印刷の品質に定評があります。

銀塩プリントにはない落ち着きのある色調により、市販の高級な写真集に近い上質な雰囲気の作品が作れます。ハードカバーのDXシリーズは、糸綴じによる丈夫な上製本仕様のフォトブックです。また、ページ数が少ないため、マイブックの他の製品と比べて本文ページがやや厚めです(他社の合紙綴じのフォトブックよりは薄いです)。丁寧な製本と厚めのページによって、より耐久性のある製品に仕上がっています。

マイブック DX  糸綴じ

MyBook_DX_c

 

[ ハードカバー マイブックDX 263T / 188S / 140Y の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ 外寸・
(263T)タテ263mm x ヨコ186mm /
(188S)タテ188mm x ヨコ187mm /
(140Y)タテ140mm x ヨコ190mm
ページ数 本文・12P / 20P / 28P
印刷製本 オンデマンド印刷、糸綴じ、ハードカバー
値段 A4/20ページ作成の場合
4,500円(税抜)
※マイブックは24ページが選べないため、20ページの価格です。

マイブックの詳しいレビューはこちら


マイブックの公式サイトはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 マイブック 〉ART-HC 263T / 200T / 180Y / 140Y / 180S

マイブック ART-HC

マイブック ART-HC

マイブックは、色調の再現性を追求したオンデマンド印刷に定評があります。銀塩プリントにはない落ち着きのある色調により、市販の高級な写真集に近い上質な雰囲気の作品が作れます。ハードカバーART-HCシリーズは、外見がDXシリーズと同じですが、価格とページ数の点からマイブックで一番人気のフォトブックです。ハードカバーDXシリーズとの違いは、まず一つ目に綴じ方が違います。DXは糸綴じ、ART-HCは無線綴じです。
無線綴じよりも、糸綴じの方が、ページが開きやすい構造になっています。

マイブックの綴じ方 装丁

マイブックDXとART-HCの開き方を比較

また、中ページの厚みが、若干ですが、DXの方が厚みがあるようです。以下の比較画像をご覧ください。

マイブックDXとART-HCの紙の厚みを比較

 

MyBook_ART_HC_a

[ ART-HC 263T / 200T / 180Y / 140Y / 180S の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ 外寸
(263T)タテ263mm x ヨコ186mm ~
(180S)タテ186mm x ヨコ186mm
ページ数 本文・10P~100P
印刷製本 オンデマンド印刷、無線綴じ、ハードカバー
値段 A4/20ページ作成の場合
5,900円(税抜)
※マイブックは24ページが選べないため20ページの価格です。

マイブックの公式サイトはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 フォトレボ 〉ハードカバー

【ハードカバー】フォトレボ

【ハードカバー】フォトレボ

フォトレボは7色印刷で高画質が特徴のフォトブックです。クリアで美しい発色となめらかな階調表現が際立つフォトブックが仕上がります。
印刷機は、キヤノン DreamLabo 5000 と HP Indigo Digital Press 5500 の2機種で、どちらも高画質な写真印刷が可能な業務用の高級機です。特に DreamLabo 5000 の写真印刷は、ハイエンドな銀塩写真を上回る高画質と高耐久性を実現しています。

[ フォトレボハードカバー の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ A5パノラマ(140mm×200mm)
A5バーチカル(200mm×140mm)
M(200mm×200mm)
A4H(268mm×200mm)
ページ数 基本ページ数:16ページ
8ページ~最大80ページまで
※2ページ追加ごとに180円(税込み)
印刷製本 オンデマンド印刷(7色印刷)、
無線綴じ、ハードカバー
値段 A4/24ページ作成の場合
4,186円(税抜)

フォトレボの公式サイトはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 フジフォトアルバム 〉
フジフォトアルバム A4タイプ / B5タイプ / スクエアタイプ210

【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)

【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)

フジフォトアルバムは銀塩プリント(銀塩印刷)です。液体インクの4色印刷と違い網点(ドット)が見えず高画質ですが、中ページの画質は、他社に比べ若干暗めな仕上がりでしたので、自分で色補正する際は明るめに調整した方が良さそうです。

フジフォトアルバムは富士フイルムのミニラボシステム「フロンティア」シリーズと最高品質の純正印画紙を使用していますが、フジフォトアルバムの「ウエディングフォトアルバム」では、自動補正機能の「Image Intelligence」は使用せず、オペレーターによるマニュアル調整で丁寧な出力作業を行っています。銀塩プリントのフォトブックの中では、画質の点でとても信頼できます。(ただし、フジフォトアルバムの通常商品はオペレーターによる色補正はありません。)

フジフォトアルバムのフォトブックは、設備がリニューアルし、より綺麗な印刷の仕上がりになりました。以下が、リニューアル前とリニューアル後の比較です。

製本は、合紙綴じのフォトブックにありがちなページを開いたときの、ハードカバー背表紙部分の不自然な変形が見られず、書籍らしい外見に仕上がっています。

FujiPhotoA4B5S作品Img

[ フジフォトアルバム ハードカバー A4タイプ / B5タイプ / スクエアタイプ210 の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ 内寸
(A4)タテ297mm x ヨコ210mm
(B5)タテ257mm x ヨコ182mm
(スクエア210)タテ210mm x ヨコ210mm
ページ数 本文・8P / 12P / 24P / 36 P / 48P
印刷製本 銀塩プリント、合紙綴じ、ハードカバー
価格 A4/24ページ作成の場合
4,149円(税抜)
※フジフォトアルバムは送料が高めで900円かかります。

 

フジフォトアルバムのレビュー記事はこちら

フジフォトアルバムの公式サイトはこちら

ハードカバーのおすすめフォトブック
〈 富士フイルムフォトブック 〉
フォトブック ハードカバー 185x185mm / 205x145mm / 145x145mm

親会社である富士フイルムのミニラボシステム「フロンティア」シリーズと最高品質の純正印画紙を使用しています。システムの適正な運用が行われているはずであり、その製品の品質については、同じシステムを導入している他の企業よりも信頼が置けます。ハードカバーのフォトブックの外見も、書籍らしい上製本のおもむきがあります。価格が高めなのが残念なところです。

FujifilmHC作品Img

[ ハードカバー 185x185mm / 205x145mm / 145x145mm の仕様- フォトブック比較 ]

サイズ 内寸・タテ185mm x ヨコ185mm
タテ205 mm x ヨコ145mm
タテ145 mm x ヨコ145mm
ページ数 本文・16P / 20P / 24P / 32P / 40P / 48P
印刷製本 銀塩プリント、合紙綴じ、ハードカバー
値段 A4/24ページ作成の場合
6,000円(税抜)

【FUJIFILMの公式サイトはこちら】
https://www.fdinet.fujifilm.co.jp/

【結論】ハードカバーのフォトブックで2017年一番おすすめのフォトブックは、こちら

  1. 画質(オンデマンド印刷や銀塩プリントの品質)
  2. 製本(ページの綴じ方と表紙の装着方法)
  3. デザイン(書籍としての外観とテンプレート・書体の品質)

上記を総合的にみて、本年、ハードカバーのフォトブックでいちばんおすすめなのは、
ビスタプリントのフルフラットフォトブックです。

ビスタプリントの公式サイトはこちら

ハードカバーのフォトブックとソフトカバーのフォトブックの違い

ハードカバーとソフトカバー

ハードカバーとソフトカバー

 

ソフトカバーは、表紙と本文ページが同じサイズです。雑誌や文庫本、洋書のペーパーバックなどと同じですから、カジュアルでライトな感じに仕上がります。外見上だけでなく、表紙がやわらかいため、手軽に開いて閲覧しやすいというメリットがあります。

ハードカバーは、表紙の芯に硬い厚紙が使われており、それを印刷紙で包み込むように作られています。一般に、表・裏の表紙とその間の背表紙、合計3枚の厚紙が入っていて丈夫です。しかも、表紙のサイズは本文よりひと回り大きく、本文ページがしっかり保護されています。この製本の体裁は上製本と呼ばれ、ハードカバーのフォトブックのほとんどは、上製本の体裁で作られています。

詳しくはこちら:フォトブックのソフトカバーとハードカバーの比較 どちらを選ぶ?

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. ビスタプリント クーポン
    このページでは、当サイトで2018年現在一番おすすめしているビスタプリントのクーポンコード入手方法を…
  2. 画像:マイブック フォトブックの仕上げ加工とは? フォトブックサイトで「仕上げ加工」…
  3. ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ
    ビスタプリントのリング式フォトブック コラージュ 192 x 140mm を作りました。 […
  4. アルバス(ALBUS)アプリ
    アルバスの「ましかく」銀塩プリントと専用アルバム ALBUSBOOK アルバスは高画質な銀塩プリン…
  5. 綴じ方(装丁)の違いを比較
    現在、フォトブックの製本では、本文ページの綴じ方として主に5種類(糸綴じ/無線綴じ/リング綴じ/合紙…
  6. フォトレボの姉妹サイト「アイプリ」から。 高画質なスマホ対応・かんたんフォトブックを作りました。 …
  7. ドリームページのフォトブックは、DNP の技術の結晶。 ドリームページは、DNP(大日本印刷)…
  8. Instantbook(インスタントブック)を作りました。 [caption id="attach…

ピックアップ記事

  1. 成人式におすすめのフォトブックは?【マニアが選ぶフォトブック】

    成人式のフォトブックは自作できます。 成人式を記念して作るフォトブックは、一生の記念になる大切なも…
  2. 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較

    フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙の画質 」「 中ページの画…
ページ上部へ戻る