【同じ画像で比較】カメラのキタムラのフォトブック【口コミ・レビュー・クーポン情報】

【同じ画像で比較】カメラのキタムラのフォトブック【口コミ・レビュー・クーポン情報】

カメラのキタムラ「フォトプラスブック」を作りました。

カメラのキタムラの「フォトプラスブック ソフトA5タテ」を本文22ページで注文しました。

フォトプラスブックにはハードカバータイプもあり、キタムラが「写真仕上げ」と称している銀塩プリントの合紙綴じですが、今回注文したソフトカバータイプは「印刷仕上げ」と呼んでいるオンデマンド印刷無線綴じです。印刷仕上げのハードカバータイプも画質は同じです。

〈カメラのキタムラ〉フォトプラスブック ソフトA5タテの仕様・料金
サイズ縦200mm x 横150mm
ページ本文 22P ~ 42P / 2P単位で追加
装丁ソフトカバー・並製本 / 無線綴じ
印刷4色印刷
価格22P @2,160円 ~ 42P @3,240円 / 2P追加ごとに108円(各税込)
配送宅配便 送料 432円(税込) / 発送 注文日の約7日後**

: 本文ページの1ページ目がタイトルを印刷する、最終ページが奥付となり、この2ページには写真を印刷することができません。
** : 今回の注文では、平日の午後に注文して4日後に発送されました。発送予定日はアイテムや注文時期により変化するようです。

カメラのキタムラ公式サイトはこちら

カメラのキタムラの印刷画質は?

フォトプラスブックのソフトカバーは、「液体インク」の印刷機を使用しているとのこと。この「液体インク」が液体トナーのことを指しているのか、それともインクジェットのことなのかは分かりませんが、いずれにしても、「粉体トナー」のレーザープリンターを使用したフォトブックと比べれば、ずっときれいな仕上がりです。

7色印刷のフォトレボや6色印刷のドリームページのフォトブックと比べると、網点(ドット)が粗いので、カメラのキタムラの印刷仕上げは4色印刷と思います。

カメラのキタムラ公式サイトはこちら

表紙は光沢感のないマットな写真。

ほとんどのフォトブックの表紙には、用紙と印刷を保護するために樹脂膜を貼り付けるPP加工が施されています。このフォトプラスブックは、見ての通り、完璧なマットPP加工(つや消し加工)の表紙です。光沢や色鮮やかさはありませんが、落ち着いた上質感があります。すこし白っぽくぼやけている印象です。

カメラのキタムラ公式サイトはこちら

本文ページは落ち着いた発色の写真に。

カメラのキタムラ 本文(中ページ)の画質(拡大)

本文ページの写真印刷(拡大) ※自動補正なし

カメラのキタムラ 紙質

本文・見開きの写真イメージ

本文ページの用紙はマット紙ではありませんが、やや鈍い光沢のある半光沢紙といったタイプのコート紙です。そのため、落ち着いた印象の仕上がりになっています。紙は半光沢の雑誌の質感に近いと感じます。一般の雑誌で言えば、写真印刷の美しさで定評のある月刊誌「家庭画報」のページに似ています。

「自動補正なし」の場合、発色は他社と比較すると少し暗め

カメラのキタムラ「自動補正なし」での発色は、同じ4色印刷の他社(ビスタプリント)と比較すると少し暗めです。

カメラのキタムラ「自動補正あり」の場合、顔色はぐっと明るく健康的になりました。しかし、コンテラストが強くなったため、黒(影部)が濃くなり、赤ちゃんのふんわりとした髪の柔らかさが消えてしまったのが残念です。

本文ページのCMYK印刷色見本

自動補正が有効な写真と不要な写真。

フォトプラスブックの編集ページでは、各ページの編集画面で自動補正機能が標準設定されていますが、写真単位で自動補正をOFFにすることもできます。自動補正機能は、光量バランスの良い写真であれば大変効果的に画質を補正することができます。

しかし、上の家族写真のような逆光写真では、背景も人物の顔も白飛びが甚だしくなります。

フォトプラスブック・ソフトカバーの装丁は?

カメラのキタムラ ソフトカバー(無線綴じ)

〈カメラのキタムラ〉フォトプラスブック ソフトA5タテ 本文22ページ

フォトプラスブックのソフトカバーは、無線綴じの並製本です。表紙の厚みもないですから、最小ページ数の22ページではちょっとチープで物足りない感じがします。

また、22ページでは背幅が狭過ぎて、上の写真のように背表紙タイトルの文字がはみ出してしまいました。最大ページ数の42ページなら全く問題ないと思いますが、少なめのページ数で作るときは背表紙タイトルを入れない方がいいでしょう。

扉と奥付

扉にはタイトルが印刷され、奥付にはバーコードと表紙の写真が印刷されます。

 

カメラのキタムラ編集方法(スマホ)

スマートフォンからの編集はアプリ不要です。PCのウェブ編集とほぼ同じ仕様のソフトでできることやテンプレートも一緒です。

スマホ・PCともに編集ソフトの操作性に難あり?

カメラのキタムラ 自動レイアウト

カメラのキタムラ 自動レイアウト

画像を選ぶと自動でレイアウトが設定されますが、画像の大きさ・配置に統一感がなく、あまり美しいレイアウトではありません。

22ページの最小コマ数である20枚の画像を読み込みましたが、同じ画像が重複してレイアウトされました。画像数に合わせてレイアウトが設定されれば編集しやすいのですが…。(最低画像数で配置した場合自動的に1ページ1配置されるといいですね。)

また、タップ&ドラッグで画像の移動ができないのでレイアウトの変更に時間がかかりました。スマホソフトの操作性に少々難ありです。

レイアウト変更方法(スマホ)

カメラのキタムラ スマホ編集画面

カメラのキタムラ スマホ編集画面

見開きに4枚配置されていると4枚配置できるレイアウトしか表示されません。
見開き2枚配置のレイアウトにしたい場合、2枚削除してからレイアウトを変更します。

 

カメラのキタムラ スマホ編集画面

カメラのキタムラ スマホ編集画面

1ページに1枚配置のレイアウトに変更。

レイアウトは1ページずつ変更する必要があります。

スタンプやキャプション・コメントの入力が可能

カメラのキタムラ スマホ編集画面

カメラのキタムラ スマホ編集画面

表紙は余白のありのレイアウトのみ

カメラのキタムラ スマホ編集画面

カメラのキタムラ スマホ編集画面

表紙は全面写真にはできません。余白のあるレイアウトのみです。

すべて「自動補正」に設定されている状態がデフォルト

カメラのキタムラ スマホ編集画面

カメラのキタムラ スマホ編集画面

すべて「自動補正」されている状態がデフォルトの設定です。

補正なしにする場合は1枚ずつ設定します。

フォトブックマニアでは、自動補正の選択肢があるフォトブックサイトでも「自動補正なし」で印刷して比較しています。

カメラのキタムラ公式サイトはこちら

カメラのキタムラ編集方法(パソコン)

パソコンのWeb編集ソフトで出来ることはスマートフォンと同じです。スマートフォンの機能に合わせているからなのか、やはり他社のウェブ編集ソフトと比較して使いづらさを感じます。

パソコンからの自動補正

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

スマホと同じく1枚ずつ設定します。デフォルトの設定は自動補正オンです。

パソコンからの表紙・本文のレイアウト編集

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

スマホと同じく、余白ありのレイアウトのみです。

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

自動で配置できます。画像が少ないと重複して配置されます。

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

カメラのキタムラ 編集画面(パソコン)

自動配置されたレイアウトです。画像の大きさが揃ってなく、均一性がないのであまり美しくありません。

1ページの画像を配置したい枚数に変更してから、右側のレイアウトボタンでレイアウトを変更します。他社ではまずレイアウトを変更してから画像を設定する流れが多いので、やはり使いづらさを感じます。

2ページに8枚まで写真を配置可能。

カメラのキタムラのクーポン・半額券

カメラのキタムラは半額券がオークションによく出品されています。
ヤフオクなど各オークションの値段をまとめて比較するならこちら。
<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJCFR+BFENNE+2990+6BEQA” target=”_blank” rel=”nofollow”>https://aucfan.com/</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www18.a8.net/0.gif?a8mat=2ZJCFR+BFENNE+2990+6BEQA” alt=””>

カメラのキタムラ 配送パッケージ

カメラのキタムラ 配送

専用ダンボールで配送されました。

カメラのキタムラ公式サイトはこちら

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. ビスタプリント クーポン
    このページでは、当サイトで2018年現在一番おすすめしているビスタプリントのクーポンコード入手方法を…
  2. 画像:マイブック フォトブックの仕上げ加工とは? フォトブックサイトで「仕上げ加工」…
  3. ビスタプリント リング式フォトブックコラージュ
    ビスタプリントのリング式フォトブック コラージュ 192 x 140mm を作りました。 […
  4. アルバス(ALBUS)アプリ
    アルバスの「ましかく」銀塩プリントと専用アルバム ALBUSBOOK アルバスは高画質な銀塩プリン…
  5. 綴じ方(装丁)の違いを比較
    現在、フォトブックの製本では、本文ページの綴じ方として主に5種類(糸綴じ/無線綴じ/リング綴じ/合紙…
  6. フォトレボの姉妹サイト「アイプリ」から。 高画質なスマホ対応・かんたんフォトブックを作りました。 …
  7. ドリームページのフォトブックは、DNP の技術の結晶。 ドリームページは、DNP(大日本印刷)…
  8. Instantbook(インスタントブック)を作りました。 [caption id="attach…

ピックアップ記事

  1. 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較

    フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙の画質 」「 中ページの画…
  2. プレゼント

    プレゼントにおすすめなフォトブック2選!【両親・祖父母・友人へ】

    親しい人へのプレゼントにおすすめなフォトブックの選び方 フォトブック利用者の最近のトレンドとして目…
ページ上部へ戻る