中ページの画質・紙質でフォトブックを比較


フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙 」、「 中ページ 」、「 綴じ方 」、「 包装・配送 」、以上4つのチェックポイントを比較した上で、「 目的別おすすめフォトブック 」を発表しています。このページでは、中ページの画質・紙質を比較します。その他のチェックポイント別比較と目的別おすすめフォトブックのページも合わせてご覧ください。

「 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較 」
「 綴じ方でフォトブックを比較 」
「 包装・配送でフォトブックを比較 」
「 目的別おすすめフォトブック 2017 」

マイブック・中ページの画質

中ページの画質・紙質でフォトブックを比較

マイブック

CMYKの色味

ページの厚さ
色味の拡大画像

・ページの厚さ: MyBook DX 約0.3mm / MyBook ART 約0.2mm
・ページの質感: 半光沢のマット系。
・ページは薄い。しかし、発色は元画像にもっとも近い。

【 印刷したフォトブック】
マイブック MyBook ART-HC 180S / 186x186mm / 10P / 3,150円(送料:420円)

追記 フォトブック比較 マイブック ( July, 2016)

元画像をモニター画面上で見ると、被写体に光が回っていて肌の色や質感も自然に出ているように見えます。ただし、この写真は逆光での屋内撮影ですからストロボを使ったと思いますが、その効果が十分ではなく、やはり被写体(特に顔の部分)は光量不足だったのでしょう。フォトブックに限らず、印刷や印画紙出力で光量不足の写真は使えません。画像編集ソフト(Photoshopなど)を使いこなして画像を補正することができれば使える画像になるかもしれませんが、普通はどうしても暗いくすんだ写真になってしまいます。しかし、その点でマイブックの技術は優秀です。レースのカーテンの陰影が元画像よりもはっきりするくらいまで明度や彩度を抑えていますが、顔の拡大写真を見ると自然なグラデーションになっています。

なお、拡大写真はざらついた感じですが、これは表面加工のマットラミネートの質感です。

(追記 2016/07/21)

【マイブック公式サイトはこちら】
http://www.mybook.co.jp/

フジフォトアルバム

CMYKの色味

・ページの厚さ: 約1mm
・ページの質感: 高級感のある落ち着いた光沢。
・ページは厚く、しっかりしている。

【 印刷したフォトブック】
フジフォトアルバム スクエアタイプ / 210×210mm / 12P / 2,980円(送料:1,000円)

追記 フォトブック比較 フジフォトアルバム ( July, 2016)

フジフォトアルバムで現在使用されているフォトブックの印画紙は、すべて富士フイルム純正のグロッシー(光沢紙)です。ギラギラとした光沢はなく、落ち着いた高級感のある光沢があります。また、フジフォトアルバムでは以前からミニラボ機の自動補正機能を使用せず、すべてオペレーターのマニュアル補正で出力作業を行っていると表明しています。被写体が光量不足のこの写真を出力する際には、手動で明度を上げたようです。元画像と比較すると、フジフォトアルバムのフォトブックは、背景のレースのカーテンが白飛びして陰影が完璧に消えています。しかし、それでも被写体はくすんで見えます。上記マイブックのフォトブック(7色印刷)と比較すると、オンデマンド印刷(マイブック)よりも印画紙出力(フジフォトアルバム)のほうが光量不足の影響を受けやすいのかもしれません。あるいは、印画紙出力で暗い写真を美しくプリントするのは、それだけ難しいことなのでしょう。

フジフォトアルバムのフォトブックはしっかりした装丁で、本文ページも厚みがあって折れにくく、長期保存の写真集に適しています。普段のスナップ写真よりも大切な記念写真(七五三・結婚式など)に向いています。ただし、ページが厚いのでかさばります。また、商品はとても良いのですが、他サイトと比べてサイトの作りが分かりにくいことが残念です。

(追記 2016/07/21)

【フジフォトアルバム公式サイトはこちら】
http://fujiphoto.co.jp/

ネットプリントジャパン

【印刷したフォトブック】
品名    スタンダード ソフトカバー A5スクエア
装丁    ソフトカバー / 無線綴じ
用紙    マットコート紙
料金    本文24ページ(最小ページ数)250円 / 送料500円 (税別)

・ネットプリントジャパンのフォトブックには、4色粉体トナーのレーザープリンターで印刷する廉価版と、キヤノンの超高画質な7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 で印刷する高品質版の2種類があります。この「スタンダード」は安さがセールスポイントの廉価版ですから、画質が良くありません。
・いつまでも大切に残しておきたい作品や贈り物として恥ずかしくないものを作りたいときは、DreamLabo 5000 による高画質な「プレミアム光沢仕上げ」がおすすめです。

【ネットプリントジャパンの公式サイトはこちら】
https://netprint.co.jp/

ビビプリ

CMYKの色味

・ページの厚さ: 約0.5mm
・ページの質感: 半光沢のマット系。
・角丸加工で表紙とページの角が丸くなっている。

【 印刷したフォトブック】
vivipri MYデザインカバー(210x210mm )/ 16P / 3,360円(送料:80円)

追記 フォトブック比較 ビビプリ ( July, 2016)

ビビプリのフォトブックは、以前から富士フイルム純正の印画紙(マット紙)を使用しています。同じ印画紙出力のフジフォトアルバムは、富士フイルムの最新ミニラボシステムで用紙は純正のグロッシー(光沢紙)ですが、大した違いはないように見えます。

(追記2016/07/21)

【ビビプリ公式サイトはこちら】
http://www.vivipri.co.jp/photobook/main.html

ビスタプリント

【印刷したフォトブック】
品名    フルフラットフォトブック 縦長タイプMサイズ
装丁    ハードカバー / 合紙綴じ (角背の上製本仕様)
用紙    表紙:半光沢紙 + クリアPP加工 / 本文:半光沢紙
料金    本文24ページ(最小ページ数)2,980円 / 送料500円 (税別)

ビスタプリントの本文ページは4色印刷ですが、画質は大変優れています。
・ 一般的なオンデマンド印刷は 4色レーザープリンターが主流ですが、ビスタプリントはインクジェットプリンターを使用しています。7色 HP Indigo のマイブックにも勝るほどの高画質を実現している点から見て、おそらくはキヤノンの超高性能な7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 と純正用紙を使用し、コストを抑えるため半光沢紙サテンに4色で印刷しているものと推察されます。(※ 同じ工場で印刷されている姉妹サイト「デジプリ」の高級フォトブックは DreamLabo 5000 によって純正光沢紙グロッシーに7色で印刷されています。)

【ビスタプリントの公式サイトはこちら】
http://www.vistaprint.jp/

撮るだけフォトブック

【印刷したフォトブック】
品名    A5バーチカル ソフトカバー(パソコン)
装丁    ソフトカバー / 無線綴じ
用紙    コート紙グロスタイプ「ミューコートEX」(北越紀州製紙)
料金    本文16ページ(最小ページ数)1,500円 / 送料250円 (税込)

撮るだけフォトブックの本文ページは画質が優れています。4色印刷と思われますが、オプションで7色印刷を選択できます。
・ 用紙の「ミューコートEX」は北越紀州製紙の新しいコート紙です。従来のコート紙と比較して白色度がひときわ高く、色再現性に優れているため、美術書やポスターにも使用できる用紙です。

【撮るだけフォトブックの公式サイトはこちら】
http://www.iitabi-nikki.com/photobook/

フォトレボ

【印刷したフォトブック】
品名    A5パノラマ
装丁    ソフトカバー / 無線綴じ
用紙    表紙:コート紙 + マットPP加工 / 本文:半光沢紙サテン(キヤノン純正)
料金    本文16ページ(最小ページ数)980円 / 送料540円 (税込)ゆうパケット216円(税込)

・ フォトレボの表紙は一部の製品を除いて7色インクジェットプリンターの HP Indigo 5500 で印刷されていますが、本文ページは、キヤノンの超高性能な7色インクジェットプリンター DreamLabo 5000 により純正の半光沢紙サテンに印刷されています。(※最高級品の「プレシャス300」のみ光沢紙グロッシーを使用。)
光沢紙グロッシーのような鮮やかな発色ではありませんが、高級感のある落ち着いた色調で、自然なグラデーションと色再現性に優れています。

【フォトレボの公式サイトはこちら】
http://www.photorevo.net/

しまうまプリント

【印刷したフォトブック】
品名    文庫
装丁    ソフトカバー・ジャケット付き / 無線綴じ
用紙    表紙:アート紙 / 本文:マットコート紙
料金    本文36ページ(最小ページ数)198円 / 送料90円 (税別)

・ しまうまプリントの本文ページは、マットコート紙に粉体トナーの 4色レーザープリンターで印刷されています。画質は良くありません。
・ ただし、アート紙の表紙は白無地のままで、ジャケットに表紙デザインが印刷されています。ジャケットの用紙はおそらくコート紙ですが、マットPP加工により落ち着いた風合いと手触りを実現しています。

【しまうまプリントの公式サイトはこちら】
https://www.n-pri.jp/photobook/

しろくまフォト

【印刷したフォトブック】
品名    はがきサイズ
装丁    ソフトカバー・ジャケット付き / 無線綴じ
用紙    表紙:アート紙 / 本文:マットコート紙
料金    本文24ページ(最小ページ数)700円 / 送料86円 (税別)

・ しろくまフォトのフォトブックは、しまうまプリントが製造から発送までを請け負っています。品名、価格、最小ページ数は異なりますが、その他の製品規格はしまうまプリント製とまったく同等と思われます。
・ しろくまのはがきサイズはしまうまの文庫と同等品です。若干の差異が感じられたとしても、それは機械の状態や担当オペレーターの違いによるものでしょう。

【しろくまフォトの公式サイトはこちら】
http://www.shirokuma-p.jp/

 



※同じ画像で比較したフォトブックが増えました。

【人気ランキング】フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. マイブック

  3. フォトレボ



フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

フォトブッククーポン・キャンペーン

  1. フォトブックマニアが、実際に印刷したフォトブックを、撮影&スキャニングし、比較しています。 同じ画…

きまぐれピックアップフォトブック

  1. フルフラットタイプのフォトブックとは 書籍やアルバムでフルフラットと呼ぶのは、見開き2ページが凹凸…
  2. マイブックライフの新製品「 シールスタンド 」を作りました。 雑誌「ジャンプ」の某人気漫画…
  3. フォトブックの大切な写真が手で触れることや紙同士がこすれ合うことで痛んでしまうのはとても残念なことで…
  4. ※マイブックの日めくりカレンダー「365」を100円均一(セリア)の木製ピンチでとめてみました。 …
  5. 目的別★フォトブックマニアおすすめランキング2017 画質重視なら フォトレボ マイブック …

記事一覧

ページ上部へ戻る