作る前に読んでほしい【フォトブックの種類と作り方】

作る前に読んでほしい【フォトブックの種類と作り方】

フォトブックの作り方

フォトブックのおすすめサイズは?

フォトブック初心者の人は、たくさんあるフォトブックサイトや商品の中からどれを選べばよいか迷うことでしょう。フォトブックには、ハードカバータイプ、ソフトカバータイプ、リング式タイプなど各種のブックタイプがあります。また、印刷方式や編集方法、品質、価格なども異なり、フォトブックサイトによってサービス内容は様々です。

ここでは、フォトブックサイトとフォトブックを選択するときのもっとも基本的な条件として、ブックタイプと編集方法の種類について説明します。

おすすめのフォトブックサイトについては、総合ランキングをご覧ください。

フォトブックの種類を選ぶ

フォトブックの種類として代表的なのが、装丁の違いから、以下の3タイプになります。

フォトブックの種類
  1. ハードカバータイプ(上製本タイプ)
  2. ソフトカバータイプ
  3. リング式タイプ

(1)ハードカバータイプ(上製本タイプ)は、表・裏の表紙と背表紙の芯となる3枚の厚紙を印刷紙と見返し用紙で包んだ構造になっています。
サイトの商品ジャンルでハードカバーと表記されているものは、上製本タイプです。(一部例外もあり)
(2)ソフトカバータイプは、一般に本文ページよりも厚めの印刷紙を表紙にして、綴じ合わせた本文用紙の背に製本糊で接着したタイプです。この種類の冊子は、PR物の印刷媒体としてはパンフレットに分類され、出版物でも普及版の単行本やムック・雑誌に広く利用されています。

ほとんどのフォトブックは以上のハードカバー上製本タイプかソフトカバータイプですが、そのほかに一部のサイトでは(3)リング式のフォトブックも販売しています。

(1)ハードカバーでフォトブックを作る

ハードカバーのフォトブックの特徴
  • 七五三、入園、入学、結婚式などの記念アルバムに最適
  • 長期保存版に適した高品質で高耐久性のアルバムが作れる
  • しっかりした大きいサイズのフォトブックが作れる
  • 折れにくい・破破けにくく丈夫

ハードカバーの上製本タイプは、書籍らしい美しさや高級感のある作品を作ることができ、しかも冊子としての耐久性に優れています。入園、入学、婚礼などの記念アルバムや趣味の写真集のように、いつまでも大切に残しておきたい作品に適しています。

ビッグサイズのフォトブックが作れる

ビスタプリント フルフラットフォトブック

大きなA3変形スクエア(ほぼ30x30cm)やA4サイズ(縦長または横長)のフォトブックをソフトカバーで作ると耐久性の点で問題があり、展示会のカタログやイベントプログラムのような消耗品としての使い方にしか向きません。しかし、丈夫なハードカバーなら、長期保存版に適した高品質で高耐久性の作品が作れます。
上製本タイプのフォトブックはソフトカバーよりも価格が高く、ビッグサイズの場合などは高価になります。

ハードカバーには、主に無線綴じタイプと合紙綴じタイプがあります。

無線綴じと合紙綴じの違い

おすすめは「合紙綴じ」のタイプです。180度フラットに開くことができ、紙も厚いタイプが多いため、折れにくく、子供が雑に扱っても破けにくいです。

(2)ソフトカバーでフォトブックを作る

ソフトカバーのフォトブックの特徴
  • スナップ写真の整理に最適
  • 安価
  • 短納期
  • 記念アルバムには不向き

ソフトカバーのフォトブックは雑誌のように丸めることさえでき、その手軽さ、扱いやすさが魅力です。同じソフトカバーの単行本や雑誌を読むときのように、手にして気軽にページをめくることができ、見たいページや写真を素早く探すこともできます。子供の成長を記録したスナップ写真やお気に入りのペット写真などで頻繁にフォトブックを作成したい人に向いています。

安価なのでたくさん作れる

ソフトカバータイプは上製本タイプよりも低価格です。小さな文庫本サイズ(A6)やCDサイズ(ほぼ12x12cm)のレーザープリンターによる標準的な4色印刷の製品には、特に安価な激安タイプもあります。フォトブックを日常的によく作る人やプレゼント用・イベント用などで一度にたくさん印刷したいときに向いています。

冠婚葬祭の記念品や、七五三など、大切な記念アルバムには向かない

ソフトカバータイプには上製本タイプのような上質感がなく、小さめの激安タイプなどはチープな装丁です。気軽なプレゼントには使えますが、改まった贈り物や記念アルバムとしては使えません。

(3)リング式でフォトブックを作る

ビスタプリント リング式フォトブック中面

リング式と言えば、かつてはひとつながりのスパイラルリングが定番でしたが、現在では1個ずつ独立した二重ワイヤーリングが主流のようです。リングが進化したことで使い勝手も変化し、ページが以前よりも開きやすくなりました。しかし、ワイヤーリングが生み出す洋風のカジュアルなおしゃれ感は、以前と少しも変わりません。

プレゼントやお部屋の飾りに

他のブックにはないカジュアルなおしゃれ感が一番の特長ですから、プレゼントに最適です。また、好きな写真ページを表に出して棚に立てかけておけば、フォトスタンドなしで写真を飾ることができます。ただし、他の書籍と一緒に書棚に並べておくのには向きません。一般的な写真集や記念アルバムとしては使いにくいフォトブックです。

リング式フォトブックのレビューはこちら

フォトブックの編集方法を選ぶ

フォトブックを注文するときは、モニター画面上で全ページの写真の配置などをチェックし、問題がないことを確かめてから注文画面に移動します。たとえすべての写真が自動配列される編集ソフトであっても、写真を90度回転させて向きを直したり、配列順序を変更したりする程度の編集をしたくなるのが普通です。フォトブックの注文には編集作業がつきものです。

PCでのフォトブック編集には、無料ダウンロードソフトをインストールして行うオフライン編集とWebソフト(サイトページ上で動作する編集ソフト)を使うオンライン編集の2種類があります。オフラインとオンラインのいずれかを選択できるサイトもあれば、どちらか一方に限定されているサイトもあります。また、スマホやタブレットから注文できるサイトもあり、その場合はネット接続によるオンライン編集が基本ですが、専用アプリを端末にインストールするサイトとアプリ不要のサイトがあります。

フォトブックの編集方法
  1. オフライン編集(ダウンロードソフト)で作る
  2. オンライン編集(Webソフト)で作る
  3. スマホ・タブレットで作る

以下より比較していきます。

(1)オフライン編集(無料ダウンロードソフト)で作る

ビスタプリント ダウンロード(オフライン)編集ソフト

オフライン編集用の無料編集ソフトは、一般にオンライン編集のWebソフトよりも編集機能が充実しています。フォトブックの編集作業では、ページまたは見開きごとにデザインテンプレートを使用する方法と、白紙のページに自分でデザインしていく自由編集の2通りがありますが、オフライン編集のほうに精密な自由編集を行えるソフトが多いです。

ダウンロードソフトは使えるフォントが豊富
ダウンロードソフトの多くは、PCにインストールされているほとんどの書体やソフトに付属している多数の書体が使用できます。自由編集ができて文字の書体も自由に選ぶことができれば、納得のいく完成度の高いフォトブックが作れます。

(2)オンライン編集(Webブラウザ編集ソフト)で作る

Webソフトで編集するサイトは、無料編集ソフトをPCにインストールする面倒がなく、インストールによるトラブルの心配もありません。また、起動ドライブの空き容量を減らしたくない人にとっても好都合です。

なお、Webソフトはネットに接続していなければ使えませんが、光ケーブルによる高速通信が普及した現在では編集途中で接続が切れることはまれですし、会員登録してあれば編集データを途中でサーバーに保存することもできますから、ネット接続に起因する不都合は特にないと思われます。

友達と共同で編集することも可能です。

編集の自由度はダウンロードソフトよりも劣る
Webソフトは編集機能を簡略化しているものが多く、ダウンロードソフトと比べて操作は簡単でも、編集の自由度は高くないようです。また、使えるフォントが数種類に限定されているものも少なくありません。

(3)スマホ・タブレットで作る

primii編集画面

フォトブックをスマホやタブレットから注文できるサイトも増えています。スマホ写真はついつい溜まってしまいますから、それをサイトのサーバーに保存して、その中から好きな写真で簡単にフォトブックを作れるサービスはとても便利です。

Android版アプリのトラブルに要注意
フォトブックの専用アプリでは、フリーズや不意に終了するトラブルが多発しているようです。その原因としてはアプリに対応していない古いOSを使用しているケースもあるのでしょうが、ハード面の要因としてメモリーの容量不足や不安定な通信環境がまず疑われます。また、トラブルはアプリの審査が厳しいiPhone版よりもAndroid版で非常に多く発生しているようですから、アプリの欠陥であることも当然考えられます。

写真点数・画像数の多いフォトブックを作りたい場合は、パソコンからの注文がおすすめ

いずれにしても、モバイル端末によるフォトブックサービスは、依然として技術的に十分確立していないサービスです。写真点数が多い場合、アプリが強制終了されてしまうリスクもありますので、サイトの中にはページ数と写真点数の少ないフォトブックだけをサービス対象としているところがありますので、そのようなトラブル回避の配慮をしているサイトを利用すべきです。

フォトブックアプリのおすすめはこちらです。

フォトブックのサイズを選ぶ

フォトブックのサイズを比較

フォトブックのサイズを比較

フォトブックのサイズは文庫サイズからA3スクエアサイズまで様々です。
形は長方形(横長・縦長)か正方形ですが、長方形(縦長)は縦長人物画像におすすめで、長方形(横長)は風景写真や横長風景+人物写真、人物集合写真などにおすすめです。
正方形(スクエア)は、縦長と横長の写真をミックスした変化あるレイアウトにおすすめです。

 

2018年 フォトブックマニアのおすすめフォトブック第1位♪

  1. ビスタプリント

    フォトブックおすすめ1位 ビスタプリント
    安い紙が厚い合紙綴じ

    フォトブックマニアが2018年もっともおすすめするフォトブックです。

詳しいレビュー記事はこちら
ビスタプリントのフォトブックを作りました。(レビュー・口コミ・評価)



フォトブック【人気ランキング】 フォトブックマニアからのお申し込み数ベスト3♪

  1. ビスタプリント

  2. フォトレボ

  3. マイブック

フォトブック比較!フォトブックマニア★では、おすすめフォトブック印刷会社、数十社の品質・画質・価格・納期・ページ数・テンプレート数・綴じ方などを、徹底比較しています。クーポン券や割引券、キャンペーンなどの情報も紹介し、フォトブックの比較・検討中の方に、役立つ情報を発信していきます。

関連記事

最近の投稿

  1. フォトレボの姉妹サイト「アイプリ」から。 高画質なスマホ対応・かんたんフォトブックを作りました。 …
  2. ドリームページのフォトブックは、DNP の技術の結晶。 ドリームページは、DNP(大日本印刷)…
  3. Instantbook(インスタントブック)を作りました。 [caption id="attach…
  4. ドリームページ  ましかくフォトブックS
    〈ドリームページ〉ましかくフォトブック Sサイズを作りました。 [caption id="atta…
  5. マイブックを運営するアスカネットは、フォトグラファー向けの ASUKABOOK で世界的に知られてい…
  6. DPE宅配便(かんたんフォトブック) 表紙
    DPE宅配便の「かんたんフォトブック」とは? [caption id="attachment_89…
  7. A6文庫サイズのレイアウト
    A6・文庫サイズのおすすめフォトブック A6・文庫サイズのおすすめフォトブック 各社の価格を比較…
  8. A4サイズのフォトブックの大きさ
    A4サイズのおすすめフォトブック [blogcard url="http://photobook.…

ピックアップ記事

  1. 表紙の画質・紙質でフォトブックを比較

    フォトブックマニアでは同じ写真を使って各社のフォトブックを作成し、「 表紙の画質 」「 中ページの画…
  2. 成人式におすすめのフォトブックは?【マニアが選ぶフォトブック】

    成人式のフォトブックは自作できます。 成人式を記念して作るフォトブックは、一生の記念になる大切なも…
ページ上部へ戻る